小倉大賞典2018枠順確定、展開予想と最も有利な枠を引いた馬について

Pocket

2018小倉大賞典の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今日はフェブラリーステークスが行われますが
裏で小倉大賞典が行われます。


(2017小倉大賞典 マルターズアポジー)

ローカル重賞に加えて、GIの裏とあっては
注目度が低いのは仕方のないところでしょう。

ただ、波乱度は小倉大賞典の方が断然に上なので
大波乱を期待して予想をしていきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 100名限定 特別無料配信
フェブラリーS(GI)・鉄板3点勝負

ゴールドドリームを脅かす穴馬で
万馬券も狙えるプロの馬券

フェブラリーSの3点を無料で見る方法
↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、小倉大賞典の枠順が確定しました。

小回りコースとして知られる小倉競馬場の
芝1800mという条件で行われるレースなので

「先行馬有利」

になりやすい舞台です。

どちらにしても人気馬の信頼がおけないレースなので
実績に捉われすぎないようにして予想していきましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 スズカデヴィアス

重賞でずっと堅実な走りを見せていたスズカデヴィアスですが
京都金杯は距離不足、中日新聞杯は蓄積疲労という事で敗戦。

敗因はしっかりとしている上に1番枠という好枠
前走で調子を戻してきているので、ここは面白いですね。

 

1枠2番 ダノンメジャー

前走の京都金杯は前崩れの厳しい流れを
唯一先行して4着に入ったダノンメジャー

以前は重賞になると壁にぶつかっていた馬ですが
スワンステークス5着が示す通り
重賞でも通用する力をつけてきました。

疲労は若干気になるものの、今回は絶好枠。
力を出せれば好走出来そうですね。

 

2枠4番 ストレンジクォーク

前走の中山金杯では強い相手の中、3着と好走したストレンジクォーク

ローテーション的に厳しい状況での3着は評価できますが
激走が2回続いた後という事で疲労が心配になる中
2枠4番という内枠を引いた事はプラスに左右しそうですね。

 

3枠6番 ダッシングブレイズ

力で勝負するタイプの馬でエンジンのかかりが遅いダッシングブレイズ

ただ、休み明けを苦にするタイプではなく
走れる体制は整っていそうです。

前走のように先行するならこの枠は良いですが
差しに徹するならちょっと厳しい面がありますね。

 

7枠13番 トリオンフ

まだ底を見せておらず、小倉も得意なトリオンフ

今回のメンツなら当然外すことは出来ませんが
初めての重賞で1番人気が濃厚なトリオンフにとって
距離ロスを被りそうな外目の枠は好材料とは言えません。

この不利な条件を全て跳ね返して勝つようなら本物ですね。

 

7枠14番 ウインガナドル

前走の菊花賞は敗因が明らかで
今回は格下げとなる1戦を迎えるウインガナドル

去年の実績を考えると買える馬ですが
逃げを打ちたい馬が外枠というのは微妙ですね。

勢いが止まった後のレースで再び走れるようになるのでしょうか?

 

まとめ

2018小倉大賞典で良い条件の枠をゲットしたのは

2枠2番 ダノンメジャー

1枠1番 スズカデヴィアス

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

枠順における大きな有利不利のないレースではありますが
小倉大賞典は1枠だけは成績が良いレースです。

今年の1枠には人気が予想されるスズカデヴィアスとダノンメジャーが入ったので
この2頭がどのような走りを見せるのか注目ですね。

 

私が2018小倉大賞典で注目している馬は
絶好枠に入ったあの人気馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ