【阪急杯2018】過去10年のデータ分析|若駒が強いスピードレース

Pocket

2018阪急杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走のクラス別の成績などについても言及していきながら
阪急杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今は小学生も肩こりに悩まされる時代みたいですね。

小学生の頃は「肩こりって何?」って感じでしたが
スマホがこれだけ普及していると
まあ、肩も凝るだろうなぁと思います。

私が子供の頃はファミコンが全盛期でした。

初代「マリオブラザーズ」から始まって
「ファミスタ」や「ロードランナー」など
かなりハマってましたね。

  
(左から マリオブラザーズ、ファミスタ、ロードランナー)

ファミコン漬けの毎日が祟り、あっという間に目が悪くなって
今や私の視力は裸眼で0.02とか絶望的な数字です。

時代によって悩みは変わるものですね。

 

さて、今週はG2阪急杯が行われます。


(2017阪急杯 トーキングドラム)

2013年にはロードカナロアが勝っていますが
基本的には高松宮記念にあまり繋がらないレースです。

去年のトーキングドラムをはじめとして

ダイワマッジョーレ、マジンプロスパー、サンカルロ、コパノリチャード

ちょっとGIでの脇役感が溢れてくる感じですね。

今年のメンバーを見ても

“GIの主役にはなりそうにないメンツばかり”

と寂しい感じのメンバー構成なので
GIを見据えた馬よりも、阪急杯の舞台が合いそうな馬
を中心に考えていった方が良さそうですね。

 

そんな阪急杯を攻略するべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

阪急杯過去10年のデータ分析

内枠が圧倒的に有利!開幕週のスピード競争

まず、最初に注目したのは阪急杯の枠順別成績です。

データを見ると分かるとおり、
内枠が圧倒的に有利です。

1~4枠と5~8枠の成績がここまでかけ離れているのも珍しいですね。

阪急杯が行われるのは阪神の開幕週です。

となると内外の馬場差がなく
距離ロスなく競馬が出来る内枠が有利

というシンプルな理屈になっています。

 

ちなみに開幕週で内枠が有利となると
逃げ・先行馬天国のように感じますが
阪急杯ではそういったデータは出ていません。

以下は阪急杯における4コーナーでの順位別成績ですが

と脚質によっての成績差はありません。

理由について明確に判断できる材料はないのですが
GI前のトライアルとして出走してくる馬と
阪急杯で勝負をかけてくる馬が絡み合うことで
不安定な流れになっているという事は言えるかもしれません。

昨年も先行したシュウジが早々と潰れて
トーキングドラム、ヒルノデイバロー、ナガラオリオンと
差し馬が上位を独占したことからも
先行馬への全幅の信頼はおけないレースですね。

 

若駒が力を発揮できるスピード勝負の舞台

次に阪急杯の年齢別成績を見ていきましょう。

複勝率に注目してみると

4歳馬 > 5歳馬 > 6歳馬 > 7歳馬

と綺麗に序列がついています。

阪急杯が開幕週に行われる事もあり
スピードが求められる条件になっていることから

“若駒有利”

という傾向が見えてきます。

ちなみに阪急杯と同じ条件である阪神芝1400mで行われる
阪神カップの場合はベテランが活躍する傾向にあります。

阪神カップは暮れの開催という事もあり
芝が重い状態で行われるパワー勝負のレースなので
スピードに劣るベテランでも十分に戦える

という感じです。

 

格下が通用しづらいレース

最後に阪急杯における前走クラス別の成績を見てみましょう。

前走で1600万条件、オープン特別を使った馬の
複勝率は10%台と低迷しており
G2を経由してきた馬の複勝率は40%と好成績を収めています。

GIへのつながりが薄いレースとはいえ
格式の高いG2のステップレースなので
実績のない馬は通用しないレースになっています。

 

ちなみに前走のレース名別の成績を見てみると

同じ条件である阪神カップを別格としても
スピード適性の高い馬が活躍しやすい

東京新聞杯、京阪杯、京都牝馬ステークス

をステップにした馬が活躍しています。

豊富なスピードを持った馬を狙いたいですね。

 

以上が2018阪急杯を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

阪急杯は3月阪神開催の開幕週となるレースながら

“差し馬が活躍する”

というレースになっています。

道中距離ロスなく進められる内枠が有利なので
その点は頭に入れつつも、直線で鋭く伸びてこられるような馬を
中心に選んでいくことが的中に近づく一歩となりそうです。

“競走馬の格”

も見落とせない要素ですね。

 

私が阪急杯で注目しているのは
短距離馬でありながらしっかりした末脚を持っているあの人気馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

中山記念の結果を見てみると、指数1位から4位の予想馬が馬券に絡んでいます。

つまり、今週末一番の的中率に期待できるレースという訳です。

そんなうまコラボでは中山記念の無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、中山記念の予想は無料で見られるので
うまコラボのデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか?

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

自分の予想とコンピューター予想を合わせれば無敵でしょ
やっぱり競馬が当てたいし、儲けたいよね。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。