【フェブラリーステークス2018予想】サンライズノヴァは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2018フェブラリーステークスに出走を予定している
サンライズノヴァが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

共同通信杯が行われた日、東京競馬場に行って来ましたが
競馬場に行くとどうしても食べ過ぎてしまいますね。

ピクニック気分でテンションが上がってしまうのか
競馬場のB級グルメが旨すぎるのかは分かりませんが
11日の日もめっちゃ食べてしまいました。

その中でオススメのB級グルメを2つ紹介します。

一つ目は「鳥千」のフライドチキン

これは東京競馬場に行ったことがある人なら
一度は食べたことがあるであろう有名な食べ物です。

コンビニのチキンとはひと味違う上に
基本は揚げたてなので、サクサクで激旨です。

塩をぶっかけて食べてください。

もう一つはブリトードックです。

こちらはフランクフルトを春巻きの皮で巻いたような
一見、どこでも食べられそうな物なんですが
競馬場で食べるブリトードックはワンランク旨いです。

ブリトードックは20番口を昇っていった
3階の売店で売っているので、是非食べてみてください。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

今週はGI“フェブラリーステークス”

一筋縄ではいかないメンバー構成ですが、競馬セブンでは

“フェブラリーステークスは1強”

という評価をしています。

また根岸ステークスの結果を見て

今年のフェブラリーSは、アクシデントがない限り
★★★★(←S級目イチ勝負馬)以外考えられない。

この馬には※※オフレコ※※っていう話も入っている

というマル秘情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンのフェブラリーステークス3点の買い馬券も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑ ↑   上をクリック   ↑ ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

フェブラリーステークスで切るべき人気馬

さて、今週はフェブラリーステークスが行われます。


(写真は2017フェブラリーステークス ゴールドドリーム)

昨年のチャンピオンズカップで上位に入った
ゴールドドリーム、テイエムジンソクをはじめ

根岸ステークス1,2着のノンコノユメ、サンライズノヴァ
川崎記念を勝ったケイティブレイブなど

現時点で揃えられるダートの最強メンバーが集まってのレースになります。

毎年、フェブラリーステークスは堅い決着になる傾向にありますが
かなりの混戦模様で今年は難しいレースになっています。

そんな時こそ有力馬を切っていき、馬券を絞る作業をしたいところですね。

そこで、ここでは2018フェブラリーステークスにおいて
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2018フェブラリーステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

サンライズノヴァ

です。

 

サンライズノヴァは前走の根岸ステークスでは1番人気に推された実力馬です。

根岸ステークスでも2着ながら、レコード時計で走破するなど
今が一番伸び盛りの4歳馬とあって
フェブラリーステークスでも人気に支持されることが予想されます。

フェブラリーステークスと同じ舞台である
ユニコーンステークスでも圧勝しているように
東京ダート1600mを得意としています。

そんなサンライズノヴァが、なぜ馬券から切るべき危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

サンライズノヴァの不安要素

体質が弱く、好走の後に反動を見せる馬

サンライズノヴァの成績を見ていると好走した後の成績が良くない事に気づきます。

伏竜ステークス 2着 → 鳳雛ステークス 4着(1番人気)
ユニコーンステークス 1着 → ジャパンダートダービー 6着(1番人気)
グリーンチャンネルカップ 1着 → 武蔵野ステークス 12着(1番人気)

強い競馬を見せた後、1番人気に推されながら
ことごとく期待を裏切っているのがサンライズノヴァです。

これが何を示しているのかというと

“サンライズノヴァは疲労に弱い”

という事です。

強い競馬を見せるという事は、それだけ馬にとっては負担がかかることです。

馬に負担がかかった後のレースで惨敗して
惨敗して疲労を残さず、出走したレースでは好走する

という典型的な「好走と凡走を繰り返す」タイプである事の証明だと言えます。

根岸ステークスの競馬を見てみると
着順こそ2着に敗れましたが

時計の速い馬場でレコード決着の中、僅差の競馬を見せた競馬でした。

このレースの反動がフェブラリーステークスで出てくる可能性は極めて高く、
サンライズノヴァの本来の力を発揮できない可能性は高いと言えます。

 

根岸ステークスは一番悪いローテーション

フェブラリーステークスは堅く収まるレースとして知られています。

つまり、トライアルレースを順調に使ってきた馬
トライアルレースで上位に入った馬が
そのまま活躍しているという事になりますが

根岸ステークス、フェブラリーステークス、
川崎記念、チャンピオンズカップ

と主なトライアルレースの中で

根岸ステークスだけ、飛び抜けて成績が悪いです。

以下は過去10年におけるフェブラリーステークスでの
過去レース名別の成績です。

根岸ステークスはトライアルレースの中でも
唯一距離延長となるレースなので
激戦となると体力が切れてしまう可能性がある点

そして、根岸ステークスというレースが
追い込み馬有利のレースという傾向の極端なレース

と言うことで次のレースに繋がりづらいという点から
根岸ステークス組はフェブラリーステークスで活躍できていません。

サンライズノヴァも根岸ステークスでは後方から一気に差してきただけに
フェブラリーステークスの流れに乗れるかどうかは未知数だと言えます。

 

以上、2つの理由から

2018フェブラリーステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

サンライズノヴァ

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

チャンピオンズカップとほぼ同じようなメンバーが出走する中で
まだ4歳と伸びしろのあるサンライズノヴァは魅力のある1頭だと言えますが
ローテーションや前走の内容を見る限りは
かなり大きな不安を抱えての出走となることは間違いなさそうです。

それだけに

今回は期待よりもリスクの方が大きい

と言え、フェブラリーステークスでは危険な人気馬となりそうです。

サンライズノヴァを外して馬券勝負したいですね。

 

2018フェブラリーステークスで私が注目している馬は
他の馬とは大きな能力差がありそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。