【小倉大賞典2018】過去10年のデータ分析|穴を狙うならこのレース!

Pocket

2018小倉大賞典を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?

また種牡馬別の成績などについても言及していきながら
小倉大賞典で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は重賞が4つとお腹いっぱいになりそうなプログラムとなっていますが
最も地味で注目度の低い重賞といえば

「小倉大賞典」

です。


(2017小倉大賞典 マルターズアポジー)

小倉で行われる重賞というだけで存在感が薄いのに
GIフェブラリーステークスの裏とあっては
さらに存在感を薄めざるを得ません。

上に去年の勝ち馬マルターズアポジーの写真を載せましたが
正直「去年の勝ち馬ってなんだったけなぁ」と思い出せず
ググッてしまった始末です。

そこに加えて出走メンバーの質がかなり微妙なレースです。

去年はマルターズアポジーが勝ちましたが
ヒストリカル、クラリティスカイ、ストロングタイタン、ダコール等々

ローカル重賞が大好きです!

みたいな馬達が集まってくるのが小倉大賞典です。

 

出走馬のレベルが低いといった意味では
馬券的妙味はフェブラリーステークスよりも断然コッチです。

フェブラリーステークスは過去の結果を見てみると分かるのですが
リズム重賞なので毎年堅いんですよね~

ですので

本命党は フェブラリーステークス で勝負!

穴党は 小倉大賞典 で勝負!

という棲み分けをした方が良さそうですね。

 

ただ、小倉大賞典はメンバーが微妙な上に
小回りで平坦という紛れの多いコースで
馬の能力だけで予想していくと
なかなか的中に結びつかないレースでもあります。

コースの特徴や傾向なども一緒に考えたいところですよね。

そんな難解な小倉大賞典を攻略するべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

小倉大賞典過去10年のデータ分析

人気馬は信用できない!荒れる小倉大賞典!

まず、最初に注目したのは小倉大賞典の波乱度です。
以下は小倉大賞典における人気別成績です。

1番人気から4番人気までの複勝率・複勝回収率が
“異様なまでに低い”です。

ローカル重賞の場合は、毎年同じようなメンバーが揃ってきます

いわゆる “ローカル大好きっ仔” です。

中央の重賞に挑戦せずにローカル重賞でお金を稼いでやろう
という馬達ですから、レベルとしてはだいたい一緒です。

ですので、展開や調子によって着順がコロコロと入れ替わり
人気と好走率のバランスが上手く保たれません。

 

ここで過去10年の小倉大賞典における
年齢別の成績を見てみると

と、4~6歳馬の成績は振るわず
7歳馬の成績が良い点が目立ちます。

先ほども話したとおり小倉大賞典は平坦で小回りの小倉競馬場で行われるレース

絶対的な能力の高さよりも立ち回り方や展開が
着順に影響を及ぼしてきます。

となると経験の浅い若造よりも
経験豊富なベテランの方が有利になる訳です。

人間社会で言うと肉体労働的な仕事じゃなくて
営業トーク的な仕事だから
百戦錬磨のトーク上手が活躍する

みたいな感じですね。

能力通りに決まらないレースである

という事を前提に入れておきたいですね。

 

小回りで平坦なコースなら先行している馬が有利

次に小倉大賞典の脚質別成績を見てみましょう。

以下は過去10年の小倉大賞典における4コーナーでの順位別成績です。

ざっと見た感じ、先行馬が圧倒的に有利というデータが出ています。

特に4コーナーで7番手以下にいる馬の
複勝率が14%しかないというのは致命的ですね。

小回りに加えて、直線が平坦なら当然前にいる馬が強い

というのは分かっている事なのですが
レースに騎乗している騎手達も当然そのことは分かっています。
(たまに分かっていないような騎手も存在しますが…)

ですので、後方にいる馬も3コーナー過ぎから進出して
4コーナーでは先団にとりつく

みたいな形になることが多いので
3コーナー過ぎから押し上げられる
機動力みたいなものも必要になります。

 

ここで過去10年の小倉大賞典における種牡馬別成績を見てみると

と、ディープインパクト産駒が活躍している事が分かります。

ディープインパクト産駒は基本的に末脚自慢の馬が多いので
3コーナー過ぎからゴーサインを出して
4コーナーでは先頭集団へとりついて直線勝負

という形をとっている事が分かります。

直線も平坦だからバテない

という事もディープ産駒が活躍している要因だと言えます。

おそらく直線に急坂があるようなコースだと
ディープインパクト産駒はここまで活躍できないでしょう。

実際にパワーが必要な中山競馬場とかは弱いですからね。

少し話が散らかってしまいましたが

先行馬が若干有利という事は前提条件としながら
捲っていける脚があれば、十分に好走できる

という感じになりますね。

 

格上条件を使ってきた馬が有利

最後に小倉大賞典における前走クラス別の成績を見てみましょう。

ローカル重賞という事で、条件戦上がりの馬が活躍しそうですが
意外にもGIやG2など重厚なレースを経由してきた馬が
好成績を収めていることが分かります。

GIやG2で好勝負をするような馬は当然
小倉大賞典には出走しないので
GI・G2惨敗組が出走してくるわけですが
この組が好走している要因は2つあります。

・前走で惨敗している分、疲労が残っていない

・相手が一気に弱くなるので、楽にレースが出来る

この2つですね。

ちょっと野球に例えてみると

プロ野球チームとやって3回コールドで負けたチームが
次の試合でリトルリーグと試合する

みたいな感じですね。

前回は3回コールドで負けているから疲れていないし
プロ野球のピッチャーの速い球を見た後だから
リトルリーグの球が遅く見えて打ちやすい

という理屈で活躍しています。

 

ちなみに前走のレース名別成績を見てみると

と、重賞経由の馬が活躍しているものの
そのステップは様々。

その中でもAJCC,日経新春杯経由の馬が
格を下げて復活しているという事が見えてきます。

前走で強い相手と戦った馬の経験値は重要ですね。

 

以上が2018小倉大賞典を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

小倉大賞典は小回り・平坦という特殊条件でのレースになるので
絶対的な能力よりも上手にレースすることが求められます。

それゆえに人気に惑わされることなく
経験豊富なベテランを中心に馬を選んでいき
思い切った穴狙いをしたいレースですね。

 

私が小倉大賞典で注目しているのは
小回り・平坦で持ち味が発揮されそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋華賞を本命・対抗で的中させた「チェックメイト」

今年初のGIフェブラリーステークスも自信満々です。

「何としても結果を出す、その為に全てやってきた」
という馬の情報を掴んでいるだけでなく
○○○は前走の○○○で結果を出しただけに「楽しんで使うだけ」
というマイナス情報もしっかりと入手しています。

今週チェックメイトの無料会員に登録した人には
フェブラリーステークスの無料買い目情報を提供します!!

チェックメイト無料買い目を入手はコチラから

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

フェブラリーステークスを当てて喜びたいですね~

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。