【フェブラリーステークス2018予想】休み明けゴールドドリームは信頼出来るの?

Pocket

2018フェブラリーステークスで人気が予想される
ゴールドドリームは休み明けのローテーションを覆して
好走することが出来るのか
それとも、危険な人気馬となってしまうのか?

という点について、過去の成績を分析しながら話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

この前、家を掃除していたら大量のビデオテープが出てきました。

もう25年近く前に撮ったバラエティー番組のテープだったんですが
もうビデオをみる機械なんてないですよね。

そもそも「ビデオって何?」という世代もいるくらいなんで
捨てようと思いましたが、なぜかちょっとだけ躊躇してしまいました。

機能的には何の役割を果たさなくても
当時の思い出とかが蘇ると心にストップがかかるものですね。

 

フェブラリーステークスで注目を集めるゴールドドリームと私の見解

さて、今週は2018年最初のGIとなるフェブラリーステークスが行われます。

昨年は混迷を極めていたダート路線のトップ争いですが
今年はだいぶ輪郭がしっかりとしてきて
中心となる馬が現れ始めました。

そのうちの1頭で最も注目される馬がいます。

 

その馬の名前は

ゴールドドリーム

です。

ゴールドドリームは昨年のフェブラリーステークス勝ち馬です。

その後、ドバイに遠征して惨敗
ドバイから帰ってきてからは帝王賞、南部杯と共に惨敗

もう終わってしまったと思われた中で行われた
チャンピオンズカップでは後方から一気の末脚で勝利を飾り
2017年の最優秀ダート馬に輝いた馬です。

そんなゴールドドリームが2018年のフェブラリーステークスにも
出走を予定していますが、チャンピオンズカップから一度もレースを使わず
直行というローテーションで出走をする形になりました。

2017年の実績からフェブラリーステークスでも人気になることが予想されますが
休み明けでレースを迎えるゴールドドリームは果たして信頼できる存在なのでしょうか?

 

私の見解は

ゴールドドリームは今回信頼できる馬である

です。

過去フェブラリーステークスで好走した馬の
ローテーションを見てみるとチャンピオンズカップから
直行という馬はほとんどいませんが

なぜ、直行というローテーションで出走するゴールドドリームが
今回のフェブラリーステークスで信頼できる馬だと言えるのか?

理由を説明していきたいと思います。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋華賞を本命・対抗で的中させた「チェックメイト」

今年初のGIフェブラリーステークスも自信満々です。

「何としても結果を出す、その為に全てやってきた」
という馬の情報を掴んでいるだけでなく
○○○は前走の○○○で結果を出しただけに「楽しんで使うだけ」
というマイナス情報もしっかりと入手しています。

今週チェックメイトの無料会員に登録した人には
フェブラリーステークスの無料買い目情報を提供します!!

チェックメイト無料買い目を入手はコチラから

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

フェブラリーステークスを当てて喜びたいですね~

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ゴールドドリームが買える材料

チャンピオンズカップで見せた競馬がとにかく凄すぎ

ゴールドドリームの前走であるチャンピオンズカップは
スローペースからの前残りとなった一戦でした。

勝ったゴールドドリームこそ4コーナーで11番手と
後方からのレースを展開しましたが

2着 テイエムジンソクは 4コーナー2番手
3着 コパノリッキーは  4コーナー1番手
4着 ケイティブレイヴは 4コーナー3番手
5着 アウォーディーは  4コーナー6番手

と、とにかく前にいる馬が上位に入った競馬でした。

実力のある馬達がスローペースを活かして前で粘る中、
ゴールドドリームはただ1頭だけ後方からの一気差し

この内容は上位に入った強豪馬よりも
ゴールドドリームの能力が一枚以上抜けている事を示す内容のレースでした。

ゴールドドリームがGIという表舞台に出てきたのは
昨年のフェブラリーステークスからなので
まだトップに君臨して1年足らず

燃え尽きるには期間が短く、今が旬だといえる状態で
一枚上の能力を持つ馬が出走してくる訳ですから
当然、好走する確率はかなり高いと言えます。

 

近走の不調はドバイ遠征の影響!状態はもう戻った!

ゴールドドリームはドバイWC、帝王賞、南部杯と
連続して惨敗をしていますが、
この敗戦はドバイ遠征で身体的なダメージを受けたものだと判断できます。

ゴールドドリームはもともと体質の弱い面があり
ユニコーンステークスを勝った直後に出走した
ジャパンダートダービーでは1番人気を裏切って3着

武蔵野ステークスで2着に好走した後の
2016年チャンピオンズカップでは12着
と大敗した事からも明らかです。

体質の弱いゴールドドリームがドバイ遠征でダメージを受けた事は容易に想像が出来
その証拠にドバイ帰りの帝王賞では中央勢で最下位となる7着になっています。
(しかも、時計も1秒8も離されています)

帝王賞から3ヶ月の間隔を空けて南部杯に出走していますが
このレースでは身体の疲労が少し回復し0.9秒差の5着と差を詰めました。

そして、体調が戻った前走のチャンピオンズカップでは
豪脚を披露して有力馬をごぼう抜きにして勝利を飾りました。

前走の勝利で既にドバイ遠征の疲労は抜けたと言えます。

そして、今回のフェブラリーステークスは2ヶ月半の間隔を空けての出走

このローテーションは決して異端なローテーションではなく
体質の弱いゴールドドリームにとっては至極真っ当なローテーションだと言えます。

トライアルレースを無理に使わなかったことで
ゴールドドリームが疲労を回復した状態で出走できるのは明白で
フェブラリーステークスでは能力全開の走りが期待できます。

 

以上、2つの理由から

2018フェブラリーステークスにおける

ゴールドドリームは今回信頼できる馬である

という結論に達します。

 

まとめ

例年、フェブラリーステークスで好走している馬は
何かしらのトライアルレースを使っているので
直行でGIに向かうゴールドドリームに疑惑の目を向けたくなりますが
ゴールドドリームの特性を考えれば、真っ当なローテーションだと言えます。

そして、チャンピオンズカップで見せた超絶パフォーマンスから
今回集まっているメンバーと比較しても能力は一枚上だと言える
ゴールドドリームが好走する可能性はかなり高いと言えます。

人気になると思いますが、外してはいけない馬ですね。

 

2018フェブラリーステークスで私が注目している馬はゴールドドリーム
そして危険視しているのは、あの人気馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。