【2013菊花賞、富士Sレース回顧】エピファネイアは有馬で買い?


昨日は京都競馬場でGI菊花賞が行われました。

結果はご存じの通り、エピファネイアの圧勝。
スタートダッシュで前につけて、その後人馬の呼吸を整えて
最後は余力を持って抜け出すという完璧なレースでした。

能力が2枚上なのはわかっていたので
自滅しなければ、この結果も納得です。

シンボリクリスエス産駒は大物を出せていなかったので
ここにきてエピファネイアという素晴らしい馬を輩出出来たことは
一競馬ファンにとっても非常に嬉しいことです。

この馬はシンボリクリスエス産駒らしく
切れ味よりも推進力で勝負するタイプです。
東京競馬場ももちろんこなせますが
一番力を発揮出来るのは中山競馬場でしょう。

ジャパンカップよりも有馬記念が合っています。
もし、有馬記念に出走するということになれば
チャンス十分でオルフェーヴルやゴールドシップなどとも
互角に戦える馬であるというのが私の評価です。

2着サトノノブレス、3着バンデもよく頑張りました。
GIには足りませんが、重賞ならこの2頭は活躍してくれるでしょう。

期待したマジェスティハーツは馬場もあり、持ち味を発揮出来ませんでした。
能力の有無はまだ未知数ですが、可能性を秘めた馬である事は間違いありません。

土曜日に行われた富士Sはダノンシャークが完勝。

曲者が揃っていましたが、安定感抜群のダノンシャークが
期待通りきっちりと結果を出しました。
GIでも馬券に絡める力を持っている馬で
2走叩いてきっちりとマイルCSに標準を定めているので
複勝圏内であれば、かなり有力な馬であることは間違いありません。

2着はリアルインパクトでしたが、こういった地力のある馬は
成績が低迷していても一発があるといういい例ですね。

春の実績馬サンレイレーザー、インパルスヒーローは不発
サンレイレーザーは叩いて良化が見込めますが
インパルスヒーローの立て直しはしばらく難しいでしょう。

今週は天皇賞・秋です。
ジェンティルドンナの参戦で俄然注目度が増します。

スポンサードリンク