【京都記念2018有力馬危険度分析】アルアインに逆転の目はあるか!?

Pocket

ここでは京都記念2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるアルアインの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

パチンコが出球規制されるようですね~。

私は現在パチンコやスロットはやっていないのですが
かなりぬるいスペックになるようで
パチンコ人気がどんどん下火になるような気がします。

ちなみに私が毎週のようにパチンコ屋に通っていたときは
この台を打っていました。

そうです、山佐の「ニューパルサー」です。

たぶん、スロットが流行りだしたハシリの台だと思うんですけど
当時は「モーニング」というサービスがあって
朝一パチンコ屋に並ぶと3~4割の台がいきなり大当たり出来る状態になっていたので
毎月4~5万円は儲かっていました。

いやはや、良い時代でしたが
そこから「吉宗」や「北斗の拳」で波が荒くなって
規制の方向へ向かってしまったんですよね~

まさに『出る杭は打たれる』という感じですね。

何事もほどほどにしておかないといかん

という事ですね。

 

さて、今週は京都記念が行われます。


(2017年 京都記念 サトノクラウン)

少頭数ながらもGI級のメンバーが集まっていて
見応えのあるレースになりそうです。

ただ、その分「馬券的な妙味は??」

となると疑問符が付くレースになりそうですが
やはり大きなレースで好メンバーが集まってくるわけですから
馬券の方もきっちりと的中させておきたいところです。

そんな京都記念で馬券を的中させるべく
出走を予定している有力馬の評価をしていきましょう。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

京都記念の過去10年からみたデータ分析

京都記念の過去10年からみた
データ分析を見たい方は以下をクリックして下さい。

京都記念の過去10年からみたデータ分析

 

京都記念の有力馬の危険要因と買い要素

レイデオロ

昨年のダービー勝ち馬でジャパンカップでは
キタサンブラックに先着しているレイデオロ

京都2200mという広いコースはレイデオロが
競馬をしやすい舞台で休み明けでも大きな割引は出来ない馬ですが
なんといってもルメール騎手が騎乗停止で
バルジュー騎手に乗り替わるという点がポイントです。

バルジュー騎手がレイデオロを御せるかどうかは不安点として挙げられます。

レイデオロの詳細な分析はコチラ

レイデオロはバルジューで大丈夫?

 

アルアイン

昨年の皐月賞ではレイデオロを抑えて勝利したアルアイン

秋シーズンはセントライト記念2着、菊花賞7着と
勝利を飾ることが出来なかったように
本質的には1600m~2000mで力を発揮するタイプの馬です。

京都記念の舞台である京都芝2200mは若干長い距離設定なので、
アルアインの地力でどこまでカバー出来るかが
大きなポイントとなりそうです。

 

モズカッチャン

昨年春からメキメキと力をつけて遂にはエリザベス女王杯をも制したモズカッチャン

今回の京都記念は勝利したエリザベス女王杯と同じ舞台で舞台適性は十分
そして、能力的にも牡馬一線級と互角に戦えるだけの物を持っていますが
今回は休み明けの一戦。

典型的な叩き良化型で新馬戦やローズステークスなども
凡走している事から今回は走れる体制にない可能性がありそうです。

モズカッチャンの詳細な分析はコチラ

モズカッチャンは京都記念における最も危険な人気馬だ

 

ディアドラ

昨年の秋華賞を勝ったディアドラですが
続くエリザベス女王杯では惨敗してしまいました。

3連勝した蓄積疲労が表面化した形で
今回の京都記念は改めての1戦となりますので
ディアドラの力が出せれば十分に通用しそうです。

ただ、連勝が途切れた事で気持ちも途切れてしまうと
一気にスランプ状態に陥ってしまう可能性もあります。

 

ミッキーロケット

前走の日経新春杯では人気を裏切って4着となってしまったミッキーロケット

昨年の京都記念から長らく低迷を続けていますが
2017日経新春杯の勝ちっぷりからもう少し奥がありそうです。

ただ、毎回のように期待されながら凡走している姿を見ると
既に競走馬としてのピークは超えてしまったのではないかと
思ってしまいます。

使い詰めのローテーションもマイナス材料で
期待よりも不安の大きい馬だと言えます。

 

クロコスミア

昨年のエリザベス女王杯ではモズカッチャンには負けたものの
ミッキークイーンを抑えて2着に入ったクロコスミア

府中牝馬ステークスでもヴィブロス、アドマイヤリードを破っており
昨年の秋から急成長を果たした点は心強い限りです。

ただ、今回は番手につけそうなレイデオロやアルアインなどの
強力牡馬の存在がクロコスミアにとってマイナスに働く可能性が高そうです。

 

以上です。

 

まとめ

今年の京都記念は少頭数での競馬という事で
ここで挙げた6頭で決着をしそうです。

今年は波乱の目は少なく、大穴は出そうにありませんが
大崩はしないであろうレイデオロの相手にどの馬をチョイスするのか?

というようなレースになりそうです。

 

2018京都記念で私が注目している馬は
広々したコースで力を発揮しそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

『トップシークレット』では先週のきさらぎ賞を

◎グローリーヴェイズ
○サトノフェイバー

の馬連1点勝負で仕留めました。

来週の競馬は“京都記念”と“共同通信杯”

トップシークレットでは、今週無料会員に登録してくれた人に
京都記念の馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。