【京都記念2018】モズカッチャンは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2018京都記念に出走を予定している
モズカッチャンが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週のきさらぎ賞に出走したダノンマジェスティは酷い競馬でしたね。

道中もまったく馬を御せていないし
終始馬と喧嘩をしながら直線でも大きく外に膨れて大凡走

一応、プロと言われるJRAの騎手が乗っているとは思えない騎乗でした。

一方、2着に入ったグローリーヴェイズのデムーロ騎手は
サトノフェイバーが楽に逃げていると瞬時に判断すると
サトノフェイバーをがっちりマークするように2番手でぴったりと折り合っていました。

結果は2着でしたが、グローリーヴェイズが過去2戦で
それほど突出した内容の競馬を見せていなかったことを考えると
騎手の力で僅差の2着まで持ってきたという感じでした。

これがJRAの騎手の現状ですね。

「外人騎手は良い馬に乗っているんだから
あれだけ結果を出すのは当然」

みたいなことを言う人がいますが
それはまったく競馬が見えていない人のセリフですね。

「外国人騎手は馬の能力をソツなく出せるんだから
あれだけ結果を出すのは当然」

ですし

「日本人騎手(一部の上手い人を除く)は
馬の能力を潰す騎乗ばかりするから

まったく結果を出せないのは当然」

という事でもあります。

実力がない上に、勉強してる様子が全くない日本人騎手は
これから外国人騎手に離される一方ですね。

馬券を買う身としてはもっと多くの外国人騎手に日本に来てほしいなと思います。

 

 

京都記念で切るべき人気馬

さて、今週は京都記念が行われます。


(写真は2017京都記念 サトノクラウン)

今週はレイデオロに騎乗予定のルメール騎手が騎乗停止という事で
バルジュー騎手が騎乗となります。

とりあえず松若騎手でなくて良かったですが
ずっと手綱を取っていたルメール騎手が乗り替わるという事は
レイデオロにとってプラスにはならない材料なので
少しだけきな臭い匂いがしてきますね。

そして、2018年の京都記念に出走を予定している馬は10頭だけ

出走登録をした馬が全て出走しても10頭立てという事で
馬券的にはかなり堅い配当が予想されます。

そんな時こそ有力馬を切っていき、馬券を絞る作業をしたいところですね。

そこで、ここでは2018京都記念において
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2018京都記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

モズカッチャン

です。

 

モズカッチャンは昨年のエリザベス女王杯を制した馬で
オークス2着、秋華賞3着と常に牝馬GIで上位の成績を残している馬です。

秋の走りを見てみると、春からの成長が見て取れて
2018年はより一層の飛躍が期待される馬です。

今回の京都記念でもそれなりの人気に支持されそうな馬ですが
なぜ、モズカッチャンが馬券から切るべき危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

モズカッチャンの不安要素

典型的な叩き良化型、本気は次走から?

モズカッチャンの成績を見てるとレースを使うたびに
パフォーマンスを上げている叩き良化型の馬であることが分かります。

初めての競馬となった新馬戦では6着
オークスから4ヶ月ぶりの競馬になったローズステークスでは7着

と間隔を空けての競馬で好成績を残せていません。

今回の京都記念は約3ヶ月ぶりの競馬となり休み明けの一戦です。

休み明けでの出走となるモズカッチャンが
本来の力を発揮出来ずに次への叩き台となる競馬をする可能性は高いと言えます。

 

京都記念の適性に合わない内差しタイプの馬

モズカッチャンが好走したレースを振り返ってみると
道中で内のポジションを取り
直線でもインをついて差すような競馬が多くみられます。

1番枠を引いたオークスや
4番枠からインをベッタリ走った秋華賞
5番枠から好位追走した後、インから差したエリザベス女王杯

など、どのレースを見ても内をピッタリとロスなく走って
結果を出したレースだと言えます。

この結果は毎回インを差せるだけの自在性と
馬群を恐れない勝負根性があるということなので
モズカッチャンの長所だといえますが

京都記念という舞台ではこのタイプの馬が走れていません。

京都記念における過去10年の枠順別成績を見てもらうと

と、外枠に入った馬が好成績を残しています。

一方で京都記念における過去10年の脚質別成績を見てもらうと

と、先行馬が好成績を収めているように
外の広々としたところを通ってくる先行馬が
活躍しているという傾向があります。

モズカッチャンは勝負根性と立ち回りの上手さを武器にしている馬ですが
京都記念で必要とされている適性(能力)と真逆に個性を持っている馬なので
例年通りの展開になれば、持ち味を発揮出来ない可能性が高くなりそうです。

 

以上、2つの理由から

2018京都記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

モズカッチャン

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

京都記念は毎年外枠からのびのび走る馬が好成績を収めているレースで
内差しが得意なモズカッチャンにとっては不得意な舞台になります。

また、休み明けで成績を残せていないモズカッチャンにとって
3ヶ月ぶりの出走となる京都記念は難しい条件のレースだと言えます。

それだけに

今回は期待よりもリスクの方が大きい

と言え、京都記念では危険な人気馬となりそうです。

モズカッチャンを外して馬券勝負したいですね。

 

2018京都記念で私が注目している馬は
同じ先行脚質でも伸び伸び走って持ち味を発揮そうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

『トップシークレット』では先週のきさらぎ賞を

◎グローリーヴェイズ
○サトノフェイバー

の馬連1点勝負で仕留めました。

来週の競馬は“京都記念”と“共同通信杯”

トップシークレットでは、今週無料会員に登録してくれた人に
京都記念の馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。