きさらぎ賞2018枠順確定、有利な枠順を引いた馬と展開予想

Pocket

2018きさらぎ賞の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたきさらぎ賞での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

関東地方はかなりの大雪に降られましたが
関西地方はそれほど降らなかったようですね。

馬場が悪化すると予想が一気に難しくなりますよね。

馬個体としての重馬場の巧拙があるうえに
展開が読みづらい、そして内外の馬場の荒れ具合が
レースが始まってみないとわからない。

という複雑さです。

こういう時はどっちかにヤマを張って
予想をしきってしまうのがいいですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

うまコラボでは今週行われる東京新聞杯ときさらぎ賞

東京新聞杯では過去2年のデータから万券狙いで自信あり
きさらぎ賞では安定した的中狙いで自信あり

と豪語しています。

うまコラボでは東京新聞杯(G3)、きさらぎ賞(G3)データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、両重賞の予想は無料で見られるので
うまコラボのデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか?

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

自分の予想とコンピューター予想を合わせれば無敵でしょ
やっぱり競馬が当てたいし、儲けたいよね。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、きさらぎ賞の枠順が確定しました。

クラシックを占う意味で注目を集めるレースではありますが
軽い条件で行われるレースなので
皐月賞よりも日本ダービーにつながるレースです。

今年は10頭立てと少頭数でのレースとなるので
それほど展開や枠順の恩恵はなさそうですが
東京新聞杯の枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

また、天気の方ですが、関西地方は好天が想定され
良馬場でレースが出来そうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

ちなみにきさらぎ賞の過去のデータを見てみると

“直線でしっかりとした末脚が使えた馬が強いレース”

という傾向なので、その傾向を踏まえて話をしていきます。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

3枠3番 サトノフェイバー

新馬戦では逃げ切ったサトノフェイバーは
3枠3番という内目の枠順に入りました。

新馬戦のように逃げるのであれば、いい枠順に入ったといえますが
内回りの2000mから今回は外回りの1800mへ替わるので
そのあたりの対応がうまくいくのかどうかは不安材料です。

脚質を変えるのか、枠順を活かして逃げるのか?
判断が難しいレースになりそうです。

 

5枠5番 レッドレオン

新馬戦では3コーナー手前から捲って先行策をとったレッドレオン

前走は捲ってからの先行押し切りで
最後は詰められましたが、今回は控える競馬が出来る条件なので
後方に下げて競馬をすることが予想されます。

馬の能力的には今回のメンバーと互角に戦える馬ですが
前走騎乗したミルコデムーロ騎手がグローリーヴェイズに騎乗

その点は気になりますね。

 

6枠6番 ニホンピロタイド

ブラックタイド産駒のニホンピロタイドは6番枠に収まりました。

初戦で見せたようにスタミナを武器に直線で押し切るタイプの馬なので
自由に競馬が出来る6番枠はプラスだといえます。

スタミナを武器としている馬なので、
瞬発力勝負になったときは難しい面があり
例年通りの流れになってしまうと難しそうですね。

 

7枠8番 グローリーヴェイズ

こうやまき賞で2着に入ったグローリーヴェイズは
7枠8番と外目の枠に入りましたが
今回は10頭立てなので、それほど枠順の有利不利は関係なさそうです。

新馬戦は逃げ勝って、2戦目は差す競馬を見せているので
自在性がある点が強みですが、今回はデムーロ騎手が騎乗するので
グローリーヴェイズの持ち味を発揮してくれそうです。

デムーロ騎手騎乗で過剰人気になりそうな側面はありますが
前走で見せた末脚もしっかりとしていたので
きさらぎ賞で末脚比べになっても戦えそうですね。

 

8枠9番 ダノンマジェスティ

新馬戦では圧倒的な人気にこたえて圧勝したダノンマジェスティは
8枠9番と外目の枠順を引きました。

新馬戦では最後の100mで一気に突き放したように
直線での破壊力がウリの馬なので
末脚比べになれば強みを発揮しそうな馬で
不利のない9番枠はレースがしやすそうですね。

 

8枠10番 カツジ

今回のメンバーの中でも実績最上位のカツジは
大外枠に入りましたが
デイリー杯2歳ステークスでも外枠から
先行押し切り策で2着に入っているように
今回の頭数であれば、枠順は苦にしないでしょう。

前で競馬が出来る強みがあるので
有力馬を出し抜くような形で競馬が出来れば勝ちが見えてきますね。

 

展開予想のポイント

展開のポイントは瞬発力勝負が濃厚だという点です。

少頭数で行われることが多いきさらぎ賞ですが
例年、決まって最後の直線勝負になります。

今回逃げることが予想されるサトノフェイバーや

前で競馬をするであろうカツジが

どこまで直線勝負に付き合うのかによって
ヨーイドンの競馬になる確率が変わってきそうです。

いずれにしてもディープインパクト産駒の勝負になりそうです。

 

まとめ

2018きさらぎ賞で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠3番 サトノフェイバー

8枠9番 ダノンマジェスティ

今回はこの2頭を挙げたいと思いますが
少頭数で外回りコースを走るので、枠順はそれほど気にしなくて良さそうです。

適性や展開よりも単純に能力勝負だと判断していいレースですね。

 

私が2018きさらぎ賞で注目している馬は
ディープインパクト産駒の中でも存在感を示すあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

今週はG3“東京新聞杯”

混戦と言われる東京新聞杯ですが、競馬セブンでは東京新聞杯で
確勝級と噂されている馬の情報を手に入れています。

その馬以外にも

「ここを勝つべく勝負度合いがとにかく高い」

という情報の馬も掴んでおり、かなり的中率の高いレースだと断言しています。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの東京新聞杯3点の買い馬券も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑ ↑   上をクリック   ↑ ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR