【クイーンカップ2018】過去10年のデータ分析|人気馬が堅実に走るレース

Pocket

2018クイーンカップを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
人気馬の安定感はどの程度なのか?大穴を狙えるレースなのか?

クイーンカップで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2015年のクイーンカップで2着に入った
ミッキークイーンが引退してしまいましたね。

オークスと秋華賞を連覇したときは
新しい「女傑」の誕生を予感させましたが

その後はヴィクトリアマイル2着が最高で
GIを取ることが出来ませんした。

ミッキークイーンで一番記憶にあるのは
2015年のジャパンカップです。

この年はオークスと秋華賞を圧倒的な強さで勝ち上がったミッキークイーンと
宝塚記念と天皇賞秋を制覇して充実一途を辿るラブリーデイの2強でした。

ジャパンカップは3歳牝馬が強いレースなので
オークスの舞台で圧勝しているミッキークイーンは勝ち負けするだろうなぁ

と思って、ミッキークイーン絡みの馬券を持っていましたが
結果は古馬牝馬のショウナンパンドラが圧勝。

秋華賞をレコード勝ちして明らかに負担がありそうな
ローテーションだったのにミッキークイーンの強さに魅せられてしまったんですよね。

予想としては反省点の多い予想でしたが
それだけミッキークイーンの見せた走りが素晴らしかった

という事の裏返しでもありますね。

良い馬でした。

繁殖牝馬として良い馬を出して欲しいですね。

 

さて、今週はクイーンカップが行われます。


(2017クイーンカップ アドマイヤミヤビ)

昨年はアドマイヤミヤビが1着
2着にアエロリット、4着にレーヌミノルと
GIで活躍した馬達が出走したレベルの高いレースです。

東京コースは広いコースで不利が少なく
能力を出しやすいので素質のある馬が集まりやすいのが特徴ですね。

今年クイーンカップに出走した馬からも
クラシックを賑わせるような馬が出てきそうですが

そんなクイーンカップを攻略するべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

クイーンカップ過去10年のデータ分析

人気馬がしっかりと好走、波乱度数の少ないレース

まず、最初に注目したのはクイーンカップの波乱度です。
以下はクイーンカップにおける1番人気の成績です。

1番人気の馬は複勝率70%で
単複の回収率は90%超えと平均よりも高い数値を示しています。
(平均は複勝率65%、回収率80%くらい)

過去10年で単勝50倍以下の馬が馬券に絡んだのは一度だけで
大穴馬の馬券絡みが少ないのも特徴的ですね。

 

ちなみにクイーンカップにおける人気別成績の一覧を見てみると

過去10年で4番人気までの馬が10勝

“5番人気以下の馬は一度も勝っていない”

というのは、なかなか見られない傾向で
クイーンカップは堅い決着が多いレースだという事が言えますね。

逆に言えば、東京芝マイル戦はそれだけ紛れの少ないコースで
力のある馬が出走していると言えますね。

 

先行馬優勢のレース、機動力のある馬が強い!

次にクイーンカップの脚質別の成績を見てみましょう。

以下はクイーンカップにおける4コーナーでの順位別成績です。

クイーンカップは直線の長い東京競馬場のレースではありますが
差し馬よりも先行馬が優勢なレースとなっています。

冬の東京開催が全般的に先行馬優勢な馬場である点が
一番大きな要因ですが、GIを睨んだレースと言うことで
スローペースからの直線勝負となっている点も見逃せません。

 

ちなみにクイーンカップでの上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

極端な脚質の馬ではなく、中団でレースを進めて、
直線でもしっかりとした末脚を使うタイプが好走しています。

能力に加えて、ある程度、前につけられる器用さが必要になるレースですね。

 

スピードタイプよりもパワータイプの馬が強い

最後にクイーンカップにおける種牡馬別の成績を見てみましょう。

ランキングだけみるとディープインパクトが1位となっていますが
回収率だけ見ると不調を極めています。

回収率の良い種牡馬を見てみると

クロフネ、メジロマックイーン、オンファイア

などパワータイプの馬が活躍をしているのが特徴的です。

クイーンカップで活躍するにはスピードよりもパワーが重要だと言えます。

 

これに関連してクイーンカップでの馬体重別成績を見てみると

馬体重460kgを超える馬が回収率100%を超えて
馬体重460kg未満の馬が回収率70%以下

という極端な分布を見せています。

大型馬が活躍しているというデータからも

クイーンカップはスピードよりもパワーが重要である

という事が分かりますね。

 

以上が2018クイーンカップを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

クイーンカップは直線の長い東京競馬場で行われるレースですが

“先行馬が有利”

となっているレースです。

また、ディープインパクト産駒が苦戦しているように
スピードが通用しづらいレースでもあるので

“パワーのある馬を狙う”

レースになっているとも言えます。

東京競馬場の根幹距離という有利不利の少ない条件で行われる割には
バイアスの強いレースなので、特徴をしっかりと捉えて予想をしたいですね。

 

私がクイーンカップで注目しているのは
クイーンカップの舞台適性にマッチしていそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

『トップシークレット』では先週のきさらぎ賞を

◎グローリーヴェイズ
○サトノフェイバー

の馬連1点勝負で仕留めました。

来週の競馬は“京都記念”と“共同通信杯”

トップシークレットでは、今週無料会員に登録してくれた人に
京都記念の馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。