【共同通信杯2018】過去10年のデータ分析|内枠有利・先行有利の舞台

Pocket

2018共同通信杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

共同通信杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は共同通信杯が行われますが
いつの間にやら皐月賞の最重要トライアルになっちゃいましたね。

昨年の勝ち馬スワーヴリチャードは皐月賞で結果を残せませんでしたが
明らかに“騎乗ミス”という感じの競馬だったので
今年の共同通信杯を勝った馬は皐月賞では見逃せない存在となりそうです。

好走の要因を考えてみると

“レース間隔をたっぷりとあけられるので調整がしやすい”

という事が真っ先に考えられます。

皐月賞トライアルでもスプリングステークスよりも弥生賞のほうが
皐月賞に直結しているので、私たちが思っている以上に
レース間隔は大事なんだなぁという事がわかります。

 

さて、今週は共同通信杯が行われます。


(2017共同通信杯 スワーヴリチャード)

東京芝1800mという条件で行われるレースですが
先ほど話した通りクラシックを占う上で重賞なレースになりました。

基本的に東京芝1800mはスローからの瞬発力勝負になることが多く
瞬発力のある馬が好成績を残しています。

果たして共同通信杯ではこの傾向がそのまま当てはまるのでしょうか?

そんな共同通信杯を攻略するべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

共同通信杯過去10年のデータ分析

先行馬が圧倒的に有利で末脚比べにはならないが…

まず、最初に注目したのは共同通信杯で活躍している馬の脚質です。
以下は共同通信杯における4コーナーでの順位別成績です。

データを見ると分かるとおり、先行馬が圧倒的に有利です。

複勝回収率の面で比較をしてみると

4コーナーで5番手以内にいた馬 145%
4コーナーで7番手以下にいた馬 50%

と約3倍もの差がついています。

共同通信杯の前に行われる東京新聞杯にも同じ事が言えますが
冬の東京開催は前に行く馬が圧倒的に有利で
直線が長い東京コースでも一気の差しは難しいことが分かります。

 

ちなみに共同通信杯における上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

全体的に前残り傾向を示している数値ではありますが
上がり3ハロン1位だった馬だけは成績を残しています。

クラシックの主役を張るような馬は
力の違いを見せて走っており
強い馬はそのまま評価して良さそうです。

 

クラシックで活躍する馬ならディープインパクト産駒

次に共同通信杯の種牡馬別の成績を見てみましょう。

勝率こそそれほどでもありませんが
リーディングサイアーランキング不動の1位である
ディープインパクト産駒が安定した回収率を見せています。

先行馬が粘れるコース設定とはいえ
クラシックで主役を張るのは例年ディープインパクト産駒と相場が決まっています。

ディープ産駒は要注意であると同時に
2位以下にランキングしているサンデー系種牡馬
(ステイゴールド、マンハッタンカフェ、ハーツクライ)
にも注目が必要ですね。

なんだかんだ言ってもクラシックで活躍する馬は
サンデー系の馬ですから、チェックをしておきましょう。

 

ちなみに馬体重別の成績を見てみると

率としてはそれほど変わりませんが、
500kgを超える大型馬の方が好成績を収めています。

クラシックで活躍できるだけのスケールの大きな馬の方が若干有利

という事は覚えておきたいですね。

 

東京1800mの基本は内枠有利、外枠不利

最後に共同通信杯における枠順別の成績を見てみましょう。

内枠が好成績を残していて、外の枠になるにつれて
好走率が落ちていることが分かります。

東京芝1800mのコースはスタートと同時に
緩いカーブを曲がっているようなコースです。

当然、内枠にいる馬の方が経済コースを通れるので
距離のアドバンテージを得ることが出来ます。

共同通信杯に限らず、東京芝1800m戦全てにおいて言える傾向ですが
前が残りやすいレースとなるだけに序盤での距離ロスは
大きな不利に繋がっていくと言うことが分かりますね。

 

以上が2018共同通信杯を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

共同通信杯は直線の長い東京コースで行われるレースですが

“先行馬が有利”

という傾向のあるレースです。

また、近年は皐月賞へ直結するレースとなっていることから
クラシックで活躍をしているサンデー系種牡馬が走っており
高いスピード能力を持っていることが結果に繋がっているレースだとも言えます。

 

私が共同通信杯で注目しているのは
サンデー系の産駒であり、脚質の自在性もありそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

『トップシークレット』では先週のきさらぎ賞を

◎グローリーヴェイズ
○サトノフェイバー

の馬連1点勝負で仕留めました。

来週の競馬は“京都記念”と“共同通信杯”

トップシークレットでは、今週無料会員に登録してくれた人に
京都記念の馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。