【京都記念2018】過去10年のデータ分析|先行馬有利の特殊コース

Pocket

2018京都記念を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京都記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

京都記念に出走を予定していたレイデオロが
ルメール騎手の騎乗停止に伴いバルジュー騎手に替わりましたね。

この乗り替わりを受けて私が思ったのは

「バルジューがいて良かったぁ」

という事です。

先週のアドマイヤリードみたいに藤岡康太騎手に乗り替わった

みたいな状況になってしまうと
とたんに雲行きが怪しくなってしまいますからね。

なんだか年々外国人騎手と日本人騎手の腕の差が広がっているように見えます。

ルメールやデムーロが乗って負けるときは
「あー、仕方なかったな」と思いますが
日本人騎手が乗って負けるときは
「なんで、そんな乗り方するの?」
と思うときが多いですもんね。

ルメデムコンビ以外にも外国人騎手に来て欲しいですね。

 

さて、今週は京都記念が行われます。


(2017京都記念 サトノクラウン)

昔は天皇賞春や宝塚記念まで間隔があるレースだったので
手薄なメンバー構成になることが多かったレースですが
昨年大阪杯がGIになったことに加えて
海外遠征を目論む馬にとって絶好のトライアルレースとなり
良いメンバーが集まるようになってきました。

今年もダービー馬レイデオロを中心に好メンバーが揃いました。

また、京都記念は京都芝2200mという非根幹距離で行われるレースなので
能力だけでなく、適性も大きく問われるコース。となります。

能力だけでは決まらないので、予想のし応えもあるレースですね。

そんな予想し甲斐のある京都記念を攻略するべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

京都記念過去10年のデータ分析

先行馬が圧倒的に有利、差し馬には苦しいレース

まず、最初に注目したのは京都記念の脚質です。
以下は京都記念における4コーナーでの順位別成績です。

データを見ると分かるとおり、前にいればいるほど好成績となっており
差し馬にとっては苦しいレースになっていることが分かります。

例年、冬の京都開催は前残り傾向にある事に加えて
一流馬が集まる重厚なレースとなるので
ビュンビュン飛ばす馬が少ない事が影響しています。

ただ、今年の京都開催は天候の関係もあり、差しが届くケースもしばしば見られますので
その点は注意が必要かもしれませんね。

 

ちなみに京都記念における上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がり3ハロが1位の馬の複勝率は64.3%

平均値と比較するとやや低い数値となっており
上がりの脚と着順の関連性が薄い事が分かりますね。

 

総合力が問われるコース設定

次に京都記念の種牡馬別の成績を見てみましょう。

2連覇したサトノクラウンの父親であるマルジューは例外として
1位キングカメハメハ、3位ディープインパクトと
リーディング上位の馬がランクインしています。

先行馬が有利という事はペースがゆったりと流れている証拠でもありますが
京都外回りという広いコースで行われているレースであることが加わり
底力勝負になっていることが分かります。

また非根幹距離のレースであることから
極端な瞬発力勝負にもなっていない点は注目すべき点ですね。

 

ちなみに京都記念の枠順別成績を見てみると

と外枠に入った方が好成績を残しています。

普通、先行馬が有利なレースは内枠が好成績を残していることが多いのですが
京都記念に関しては外をのびのびと走って
能力を全て出し切った馬が良い

ということが分かります。

 

間隔を空けた方が力を発揮できるレース

最後に京都記念におけるレース間隔別の成績を見てみましょう。

2~4週(中1~3週)のレース間隔で出走してきた馬は
全く成績を残せていないのに対して、
1ヶ月以上間隔を空けて出走してきた馬は回収率100%超えの好成績となっています。

京都記念は総合力勝負になるレースですので
疲労を残した状態で出走すると良くないという事が分かります。

 

もう少し詳しく見てみましょう。

京都記念における前走のレース名別成績を見てみると

このグラフで注目したいのは
日経新春杯組がまったく成績を残せていないという事です。

ちなみに成績が悪いのでこのランキングに載っていませんが
前走AJCCを走った馬の成績は【0.0.0.6】

と1月に行われるG2レースを使った馬は全くダメ

総合力勝負を戦う上で疲労を残さない

と言うことは大前提になりますね。

 

以上が2018京都記念を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

京都記念非根幹距離で行われる特殊条件のレースですが

“先行馬が有利”

“外枠の馬が有利”

と傾向のはっきりしたレースとなっています。

またそんな中でも能力勝負となっている側面もあり
地力のない馬は通用しないレースですね。

 

私が京都記念で注目しているのは
昨年秋は不本意なシーズンになったものの地力はあるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

『トップシークレット』では先週のきさらぎ賞を

◎グローリーヴェイズ
○サトノフェイバー

の馬連1点勝負で仕留めました。

来週の競馬は“京都記念”と“共同通信杯”

トップシークレットでは、今週無料会員に登録してくれた人に
京都記念の馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。