【東京新聞杯2018有力馬危険度分析】アドマイヤリードの復活なるか!?

Pocket

ここでは東京新聞杯2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるアドマイヤリードの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

最近気に入って大人読みしている漫画があります。

その漫画とは

「ジャイアントキリング」

です。

ジャイアントキリングはサッカー漫画なんですけど
主役が監督なんですよね。

監督という時点で興味をそがれる人もいかもしれませんが

“今まで見たサッカー漫画の中でダントツ一番面白いです”

試合内容もドラマとしても面白さも、
得られる人生の教訓もダントツでナンバーワンです。

どういうところが面白いの?

という質問には一言で答えられないので
「ジャイアントキリング」の面白さを
ブログでとことんまで語ってみました。

良かったら読んでみてください。

ジャイキリはサラリーマンが読むべき愛読書だ

 

さて、今週は東京新聞杯行われます。


(2017年 東京新聞杯 ブラックスピネル)

東京競馬場の芝1600m戦という
安田記念やヴィクトリアマイルと同じ条件で行われる重賞ではありますが
GIまではまだ期間がある中で行われるレースなので
例年、メンバーが手薄になりやすい重賞です。

ただ、今年の出走メンバーを見てみると
かなり豪華なメンバー構成で
ここから安田記念やヴィクトリアマイルを勝つような馬が出ても
まったくおかしくない好メンバーとなりそうです。

そんな2018東京新聞杯に出走を予定している馬を
1頭ずつチェックして当日の予想に役立つ見解をお話出来ればと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

東京新聞杯の過去10年からみたデータ分析

ちなみに東京新聞杯の過去10年からみた
データ分析を見たい方は以下をクリックして下さい。

東京新聞杯の過去10年からみたデータ分析

 

東京新聞杯の有力馬の危険要因と買い要素

アドマイヤリード

昨年のヴィクトリアマイル勝ち馬であるアドマイヤリード

東京芝マイル戦の実績は十分で、舞台適性は疑う必要はなく
休み明けというローテーションも問題はなさそうです。

ただ例年、東京新聞杯は前が残るレースになることが多く
後方一手の脚質であるアドマイヤリードにとっては
展開が向かなくなる可能性が高そうですね。

 

グレーターロンドン

昨年の安田記念で4着という実績があるグレーターロンドン

安田記念に出走するまでは素晴らしいパフォーマンスを見せており
持っている能力が高いことは疑う余地がありませんが
安田記念後に出走した毎日王冠以降は走りの内容が落ちています。

特に前走のディセンバーステークスは勝っておかなければ
いけないようなメンバーだっただけに3着は残念な結果でした。

持っている能力をどこまで出せるのかが心配材料です。

 

リスグラシュー

阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、秋華賞と
3度のGI2着があるリスグラシュー

レベルの高い3歳牝馬勢においてもトップクラスの能力を持っており
今回のメンバーでも決して見劣りはしませんが
持久力勝負の方が向くタイプで、根幹距離になると少し弱さを見せる馬です。

前残り傾向にある東京新聞杯はリスグラシューにとって
いい舞台とは言えず、不安材料になりそうです。

リスグラシューの細かい分析はコチラ

リスグラシューは危険な人気馬か?

 

ダノンプラチナ

高い能力を持ちながら、体質が弱く続けてレースを使えないダノンプラチナ

今回は長期休み明けから3戦目の競馬と言うことで
順調に使えていることから前進が見込める馬ですが
年齢面を含めてスピード比べが得意ではなく、
スローからの瞬発力勝負となると不利になる部分がありそうです。

 

ダイワキャグニー

中山金杯では5着と敗れたダイワキャグニー

3歳時から東京コースを得意としていた馬なので
東京新聞杯で再び東京に戻ってくる点はプラス要素ですが
重賞は過去4回出走しており、馬券絡みは0回

今回の強力なメンバーを相手に地力が通用するかどうかが
ダイワキャグニーの不安要素だと言えます。

ダイワキャグニーの細かい分析はコチラ

ダイワキャグニー重賞勝利の可能性は?

 

サトノアレス

朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬サトノアレス

前走のキャピタルステークスではサトノアレスらしい
競馬を見せてくれており、東京新聞杯では上昇が見込めそうです。

ただ、重賞初挑戦でGIを制したものの
その後は重賞で一度も馬券圏内に絡めていません。

朝日杯のメンバーを見ても、それほど強いメンバーがいなかったことから
そもそもの能力に疑問符がつく馬であることは間違いありません。

 

以上です。

 

まとめ

今年の東京新聞杯はGIでも活躍できそうな
レベルの高いメンツが集まりました。

ただ、確固たる中心馬が存在せずにどの馬からも狙えそうなレースです。

有力馬各馬を見てみると、差し・追い込み馬が多いので、穴を狙うなら

「先行馬狙い」

といった作戦も面白そうですね。

 

2018東京新聞杯で私が注目している馬は
今回先行して展開の利を得てくれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

今週はG3“東京新聞杯”

混戦と言われる東京新聞杯ですが、競馬セブンでは東京新聞杯で
確勝級と噂されている馬の情報を手に入れています。

その馬以外にも

「ここを勝つべく勝負度合いがとにかく高い」

という情報の馬も掴んでおり、かなり的中率の高いレースだと断言しています。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの東京新聞杯3点の買い馬券も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑ ↑   上をクリック   ↑ ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR