【きさらぎ賞2018有力馬危険度分析】ダノンマジェスティには逆らえない!!

Pocket

ここではきさらぎ賞2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

1番人気が予想されるダノンマジェスティの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

北島三郎さんがキタサンブラックの花嫁候補を2頭購入したようですね。

実際に産駒が大成するかは分かりませんが
北島三郎さんのキタサンブラックに対する愛情は相当なものですね。

私が競馬を始めたころの“キタサン”の馬は
言葉は悪いですが「雑魚揃い」という感じだったので
今のこのキタサンフィーバーは信じられないと同時に
微笑ましい状態ですね。

キタサンブラックのキャラ的に「種牡馬としては成功しない」
と思っていますが果たしてどうでしょうか?

注目ですね。

 

さて、今週はきさらぎ賞が行われます。


(2017年 きさらぎ賞 アメリカズカップ)

きさらぎ賞はクラシックに続く重賞ではありますが
タフな舞台で行われる皐月賞とは真逆のコース適性を持つレースなので
クラシックとのつながりは薄いレースです。

摩擦の少ない軽い条件なので、ディープインパクト産駒が強いレースとしても
知られているレースでもあります。

そんなきさらぎ賞で馬券を的中させるべく
出走を予定している有力馬の評価をしていきましょう。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

きさらぎ賞の過去10年からみたデータ分析

きさらぎ賞の過去10年からみた
データ分析を見たい方は以下をクリックして下さい。

きさらぎ賞の過去10年からみたデータ分析

 

きさらぎ賞の有力馬の危険要因と買い要素

ダノンマジェスティ

新馬戦での上がり3ハロンの時計は33.0秒
1000m通過が1分4秒と超スローペースであったことを踏まえても
素晴らしい末脚を披露したダノンマジェスティ

高い素質が伺えるダノンマジェスティですが
新馬戦が超スローの瞬発力勝負だったので
レースが締まった流れになってスタミナを問われるレースになったときに
その流れに対応できるかは不安要素だと言えます。

 

レッドレオン

新馬戦ではスタートでやや遅れながらも
3コーナー手前では捲って先団にとりついて
直線で二の脚を使って勝利したレッドレオン

レースの内容は味のある競馬をみせたレッドレオンですが
稍重馬場という事もあり上がり3ハロンのタイムは36.6秒

軽い条件にきさらぎ賞において瞬発力勝負となった時に
対応が出来るかどうかは未知数だと言えます。

 

カツジ

デイリー杯2歳ステークス2着とメンバー中上位の実績を持つカツジ

デイリー杯の勝ち馬ジャンダルムはホープフルステークスで2着
3着のケイアイノーテックは朝日杯FSで4着と
レースのレベルは間違いありませんが
ディープインパクト産駒らしい瞬発力を持っている馬ではなく
立ち回りで勝負をする馬なので、末脚比べの展開になったときは弱さを見せそうです。

 

サトノフェイバー

新馬戦を鮮やかに逃げ切ったサトノフェイバー

2000m戦をこなしているので
今回のきさらぎ賞も体力的には問題がなさそうですが
初戦は逃げがハマった印象もあります。

今回は相手が強くなってプレッシャーが大きくなってしまうと
大きく崩れてしまう可能性も十分に考えられます。

 

グローリーヴェイズ

前走こうやまき賞(500万条件)で2着に入っているグローリーヴェイズ
新馬戦では逃げて、2戦目では追い込むという競馬をしており
脚質の自在性がある点はプラス要素だと言えます。

ただ、前走は出遅れており、スタートに不安がある馬なので
最後方からの競馬で末脚比べとなってしまうと
切れ味の鋭い馬に屈してしまう可能性が高くなりそうです。

 

ニホンピロタイド

新馬戦ではブラックタイド産駒らしい先行からの押し切り勝ちを
収めたニホンピロタイド。

新馬戦は京都コースで勝ち鞍を挙げましたが
力のいる馬場が得意なタイプが多いブラックタイド産駒において
本質的に京都コースは得意だとは言えず
相手が強くなり、瞬発力が問われる今回のコースはプラスとは言えません。

 

以上です。

 

まとめ

今年のきさらぎ賞は例年通り
ディープインパクト産駒祭りとなりそうなレースです。

例年、少頭数で堅く収まるレースではありますが今年も波乱の目は少なく、
予想に際してはディープインパクト産駒をどう組み合わせていくのか
というようなレースになりそうです。

 

2018きさらぎ賞で私が注目している馬は
ディープインパクト産駒の中でも自在性という武器を持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

今週はG3“東京新聞杯”

混戦と言われる東京新聞杯ですが、競馬セブンでは東京新聞杯で
確勝級と噂されている馬の情報を手に入れています。

その馬以外にも

「ここを勝つべく勝負度合いがとにかく高い」

という情報の馬も掴んでおり、かなり的中率の高いレースだと断言しています。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの東京新聞杯3点の買い馬券も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑ ↑   上をクリック   ↑ ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR