目黒記念、アルゼンチン共和国杯|東京芝2500mデータと攻略法

Pocket

東京競馬場で行われる伝統のG2「目黒記念」「アルゼンチン共和国杯」

双方に共通するのは芝2500メートル戦であるという事
現代の競馬はスピード型になっており、
長距離戦は稀少な存在になっているので
このレースに向けた個性的なメンバーが出走してきます。

そこで、この東京芝2500メートルのデータを分析して
馬券の回収率が少しでも上がるよう見てみましょう。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

東京芝2500mラップ別成績

表を見てわかること。
東京芝2500メートル戦って、目黒記念とアルゼンチン共和国杯しかない
極めて特別なレースである事がわかりますね。

そうなるとデータとしての有用性、信頼性は
かなり低いものになってしまいますが
その中で掴んでいきましょう。

スタートしてから上りの直線を500mほど走り
コーナーに入ってからペースダウン
ずっと12秒台のラップを刻み
最後の直線、ラスト3ハロンにペースが上がりますが
最後の1ハロンは12秒台とスタミナ勝負になります。

まず脚質別の成績です。

東京芝2500m脚質別成績

逃げ、先行、差しとほぼイーブンの成績を収めていますが
追い込みはダメです。

長距離戦では追い込み一気みたいな競馬は見られませんので
ある程度中団につけられる自在性は考慮しておきましょう。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

東京芝2500m枠順別成績

数が少ないので参考にしづらいですが
真ん中の枠に若干の長があります。

少しでもレースをしやすい枠がいいですね。

続いて、種牡馬別の成績

東京芝2500m種牡馬別成績

ゼンノロブロイ、マヤノトップガン、オペラハウスと
長距離専門の種牡馬が並びます。

中距離ではスピード不足な馬でも
この舞台なら取り返せるという事を覚えておきましょう。

騎手別の成績も載せてみました。

東京芝2500m騎手別成績

こちらもサンプルが少ないので、なかなか参考になりませんが
注目すべきは各騎手の回収率。

軒並み高い回収率はオッズが高い馬が絡んでいる証拠です。
長距離専門の馬は得てして平場では成績が悪いので
配当のギャップをついて荒れ模様となっています。

最後に人気別の成績を載せてみました。

東京芝2500m人気別成績

13レースあって、1〜3番人気が勝ったのが半数以下の6頭。
2着は多いですが、3着はたったの2回。

騎手のデータからもわかる通り、荒れる舞台設定である事がわかります。

以上が特徴となります。

まとめです。

脚質や枠順による有利・不利は見て取れませんが
ステイヤーが活躍する舞台で、馬券的には荒れ模様です。
スピードはないけど、スタミナが豊富な馬を
予想の段階で如何にピックアップ出来るかが焦点となります。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

予想に必要なデータの活用法から予想回収率アップの方法は
メールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わる事を約束します。