平安ステークスの舞台|京都ダート1900mのデータと攻略法

Pocket

京都で行われるダート重賞はいくつかありますが
その中で平安Sが行われる舞台が
「京都ダート1900m」です。

京都のダートコースは4つの距離形態しかありません。
その中でも1900mはレース数が一番少ないですが
しっかりと攻略していきましょう。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

京都ダート1900mラップ別成績

スタートの直線は385m
最初のコーナーに入るまでは11秒台の早いラップを刻み
そこから一気に12秒台後半へスローダウン

3コーナーの下り坂で12秒台前半へとペースがあがり
直線329mはそのままなだれ込む形となります。
ラスト1ハロンは12秒台後半と若干タイムが落ちます。

まず脚質別の成績です。

京都ダート1900m脚質別成績

京都1800mと同様に逃げ・先行馬が有利な舞台です。
複勝圏内であれば、差し馬の台頭もありますが
3コーナーからペースがあがるコース形態は
一気の差し脚が利きにくいと言えます。

追い込み馬はノーチャンスです。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

京都ダート1900m枠順別成績

内枠の成績が若干優位です。
スタートからの直線は385mと長いですが
前にポジションを取りやすい点で内枠が有利。

逆に外枠も一気に被せて前にいけるので
減点する必要はありません。

続いて、種牡馬別の成績

京都ダート1900m種牡馬別成績

1800m戦ほどスピード優位な成績になっていません。
ブライアンズタイム産駒が2位になっていて
優れた回収率を見せているように
スピード+パワーのバランスが良い馬を狙いたい。

騎手別の成績も載せてみました。

京都ダート1900m騎手別成績

1位四位洋文騎手、4位藤田伸二騎手が
回収率の面からも好成績を残しています。

単純に積極的に前に行って追いまくるというタイプではなく
レース全体を見て勝負を仕掛けるベテラン騎手の
インサイドワークが発揮される舞台である事がわかります。

最後に人気別の成績を載せてみました。

京都ダート1900m人気別成績

1番人気の成績はイマイチですが
2~4番人気はかなりの好成績を残しています。

無理な穴を狙わず、実力のある馬から
堅い馬券を狙っていくといいでしょう。

以上が特徴となります。

まとめです。

逃げ・先行馬が絶対的に有利ですが
ただ単に闇雲に前に行くのではなく
スピードとパワーが兼ね備わった馬が活躍できます。

無理な穴狙いは禁物で、能力のある馬をしっかり狙っていきましょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

予想に必要なデータの活用法から予想回収率アップの方法は
メールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わる事を約束します。

スポンサードリンク