【東京新聞杯2018】過去10年のデータ分析|開幕週らしい前残りのレース

Pocket

2018東京新聞杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
東京新聞杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

冬はイチゴ系のスイーツが増えるから大好きです。

この冬、私が一番気に入っているのは

「パイの実 甘熟イチゴ」

です。

あと結構食べているのが

「ポッキー つぶつぶいちご ハートフル」

です。

ポッキーのイチゴ味は季節を問わず発売されているような気がしますが
冬の寒い時期という事でついつい買ってしまいますね。

ちなみに私が好きじゃないのは
秋になると出回る「栗系のスイーツ」です。

ぶっちゃけ栗の美味しさが良く分からないので
秋のスイーツは半ばあきらめています。

この「パイの実」はたかだかパイの実と侮ることなかれ

めちゃくちゃ美味しいので、是非一度ご賞味あれ!!

 

さて、今週は東京新聞杯が行われます。


(2017東京新聞杯 ブラックスピネル)

東京芝1600m戦という安田記念と同じ舞台で行われる重賞なので
強い馬が多数出走するのかと思いきや
軽めの賞金別定戦である点と安田記念まで間隔が空いている点から
そこまで強い馬は出てこない重賞ではあります。

それでも、昨年はエアスピネルが出走しましたし
過去にはヴァンセンヌなど、GIで活躍した馬も出走しているので
決して無視の出来ない注目の重賞ですね。

そんな注目の東京新聞杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

東京新聞杯出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

東京新聞杯2018に出走を予定しているメンバーの全頭評価(動画含む)は
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

東京新聞杯2018全頭評価はコチラ

 

東京新聞杯過去10年のデータ分析

開幕週らしいスピード勝負は若い馬が有利

まず、最初に注目したのは東京新聞杯の年齢別成績です。

上記は東京新聞杯の過去10年における年齢別の成績ですが
複勝率に注目してみると

4歳 > 5歳 > 6歳 > 7歳

と綺麗に年齢順に成績の上下関係が出来上がっています。

若い馬が強く、ベテランの馬が弱いという事は

「スピードを問われているレースである」

という事が言えます。

東京新聞杯は冬場の開催ではありますが
開幕週で行われる重賞なので、芝の状態はフレッシュです。

スピード豊富な馬が活躍している

という点は注目が必要ですね。

 

明確な内枠天国、外枠に入った時点で大きなハンデを背負う事に!

次に東京新聞杯の枠順別の成績を見てみましょう。

上の図をみて貰うと一目瞭然ですが

内枠(1~4枠)が圧倒的に有利で、外枠(5~8枠)が圧倒的に不利

というデータが出ています。

東京芝1600mはコーナーを2回しか回らないコースで
本質的には枠順の有利不利の少ないコースですが
開幕週で行われるレースという事で
外々を回って距離ロスを被る馬は苦戦しているというデータが出ています。

内枠からポンと先行集団に取り付いて
そのままロスなく走った馬が直線でも止まらず走っている

という事が分かりますね。

 

逃げ・先行が馬券の中心!差しはよほど強くないと…

最後に東京新聞杯の4コーナーでの順位別成績を見てみましょう。

逃げ馬の成績が最も良いという事をはじめ
先行した馬の成績はおしなべて良い事がデータから分かります。

逆に差し馬は複勝率が10%台、複勝回収率も全体的に悪く

“逃げ・先行馬有利、差し馬不利”

の図式が明確に現れています。

脚質からも開幕週らしいデータ分布となっていることが分かりますね。

 

また、上がり3ハロンの順位別の成績を見てみると

と、このデータからも逃げ・先行馬が圧倒的に有利であることが分かります。

上がり3ハロン1位の馬の複勝率が30%台というのは
他のレースではまず見られないほどの低い数値です。

末脚の破壊力よりも位置取りが重要である点を抑えておきたいですね。

 

以上が2018東京新聞杯を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

東京新聞杯は開幕週に行われるレースです。
開幕週らしく

“先行馬が有利”

“若い馬が有利”

“内枠が有利”

ということを覚えておくといいでしょう。

昨年はブラックスピネルが意表を突く逃げを見せて勝ったので
これまで見せてきた馬の脚質に加えて
騎手のレベルも十分に考慮しておきたいレースですね。

 

私が東京新聞杯で注目しているのは
開幕週での競馬をこなしてくれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

今週はG3“東京新聞杯”

混戦と言われる東京新聞杯ですが、競馬セブンでは東京新聞杯で
確勝級と噂されている馬の情報を手に入れています。

その馬以外にも

「ここを勝つべく勝負度合いがとにかく高い」

という情報の馬も掴んでおり、かなり的中率の高いレースだと断言しています。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの東京新聞杯3点の買い馬券も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑ ↑   上をクリック   ↑ ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。