京王杯SC、京王杯2歳Sの舞台|東京芝1400mデータと攻略法

Pocket

京王杯スプリングカップ、京王杯2歳ステークスの舞台である
東京芝1400mについて、様々な過去データから
コースの攻略法を分析していきたいと思います。

 

東京競馬場には芝の1200m戦が存在しません。
芝の一番短い距離のレースは1400m戦です。

この1400m戦では京王杯スプリングカップ、
京王杯2歳Sなどの重賞も行われており
平場でも頻繁に行われるため
しっかりとした研究と分析が必要です。

ここでは東京芝1400m戦のデータを取り上げ
馬券攻略の検討していきたいと思います。

 

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

東京芝1400mラップ別成績

スタートから最初の直線まで342m

最初の3ハロンはスピードを上げて各馬が臨み
600~800mの間だけ一息を入れて
東京の525mの長い直線を究極のスピードで駆け上がる。

脚を溜める事が出来ないコースとなっており、スピードの持久力で勝負する

そんな舞台設定となっています。

 

まず脚質別の成績です。

東京芝1400m脚質別成績

逃げ・先行・差し・追い込み共に上々の数字を残しています。

どの脚質でもチャンスがあるバランスの
いいコースであることが分かります。

 

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

東京芝1400m枠順別成績

あからさまに内枠が好成績を収めています。

脚質による有利不利がないだけに
内枠に入った馬が距離ロスがなく走ることが出来る
といった物理的な理由で単純にアドバンテージを得ています。

中団でレースをする外枠の馬は若干の割り引きが必要ですね。

 

続いて、種牡馬別の成績

東京芝1400m種牡馬別成績

サクラバクシンオー産駒、ダイワメジャー産駒と
スタミナよりもスピードとパワーを武器にしている馬が
好成績を収めていることがわかります。

道中12秒台を刻むには1ハロンだけと
究極のスピード勝負となる可能性が高いため
馬のスピード能力をしっかりと見極めましょう。

 

騎手別の成績も載せてみました。

東京芝1400m騎手別成績

内田博幸騎手が勝ち星、勝率、回収率共に好成績です。

成績上位でも回収率の悪い横山典弘騎手、蛯名正義騎手よりも
回収率の良い吉田豊騎手、田中勝春騎手を狙った方がいいですね。

 

最後に人気別の成績を載せてみました。

東京芝1400m人気別成績

1番人気の成績はそこそこ良いというわけではありません。

3番人気から10番人気までは良い回収率を誇っているので
1,2番人気が不振なのが浮き彫りになっていますね。

以上が特徴となります。

 

まとめです。

脚質による有利不利はありませんが
枠順は内枠が圧倒的に有利であるという事は見逃せません

騎手は思い切りのいい騎手の方が好成績で
1,2番人気に絶対的な信頼を置くのは危険な波乱含みのコースです。

データを加味して効率のいい馬券を買いましょう。

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

今週の重賞で私が注目している馬も
ブログランキングで公表していますので、そちらも参考にして下さい。

私が今週注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。