新潟記念、新潟大賞典の舞台|新潟芝2000mデータと攻略法

Pocket

新潟記念、新潟大賞典の舞台となっている新潟芝2000m(外回り)の
過去データから傾向と攻略法を掴んでいきたいと思います。

日本で一番長い直線を誇る新潟競馬場
重賞レースとしてはアイビスSDが一番有名ですが
名物レースとなっている新潟記念、新潟大賞典が行われている舞台が
新潟芝2000m外回りコースです。

 

こちらも直線が異様に長く、新潟競馬場ならではのコースですが
この新潟芝2000mという舞台のデータを集めて
検証しているので馬券攻略の役に立てて下さい。

 

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

新潟芝2000mラップ別成績

まず最初のコーナーまで947mというべらぼうに長い距離を走ります。
平坦なコースの割にはラップがあがらないのは
無理してポジションを取りに行く必要がないという事です。

そしてコーナーを2つ回って659mの長い直線を走ってきますが
ラスト200~400mのラップが10秒台と
究極のスピード勝負になり、ゴール前は少し脚があがる。

そんなとにかく直線が目立つコースです。

 

次に脚質別の成績です。

新潟芝2000m脚質別成績

差し馬・追い込み馬が台頭するレースコースです。

長い直線と広さに支えられたコースなので
最後脚を伸ばしてくる馬に不利な要素が
減っていることが好成績をうんでいる要素と言えます。

 

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

新潟芝2000m枠順別成績

7枠は好成績ですが、勝率なら内枠。
複勝率なら中枠とかなりバラバラです。

とにかくスタートしてから長い直線を走るので
さほどポジション取りに苦労しない点と
直線も外に出して十分間に合う点から
傾向はバラバラです。

距離ロスしやすい8枠だけは悪い成績
であることは覚えておきましょう。

 

続いて、種牡馬別の成績

新潟芝2000m種牡馬別成績

広くてスピードを活かせるコースならばディープインパクト産駒です。
勝率は僅差の1位ですが、複勝率はぶっちぎりです。

2位のスペシャルウィーク産駒もそうですが
スピードがある馬を優先的にチョイスしていきましょう。

 

騎手別の成績も載せてみました。

新潟芝2000m騎手別成績

リーディング上位の騎手が苦戦しています。
1位の大野拓弥騎手、2位の勝浦正樹騎手
この2人は新潟芝2000mを手にしているようです。

さほど重視しなくてもいいと思いますが
困った時には頼ってみるもの一興です。

 

最後に人気別の成績を載せてみました。

新潟芝2000m人気別成績

1番人気の成績はソコソコ。
12番人気以降はからっきしなことからも
割と固めの決着が多いことがわかります。

大味なコースなので、有利不利が少ない事がわかりますね。

 

以上が特徴となります。

まとめです。

コーナーの少ない平坦コースはスピード馬が活躍します。

先行タイプよりも差しタイプを狙いつつ
枠順は大外以外なら気にする必要がありません。

極端な大穴狙いは禁物ですが
騎手はリーディングを気にしなくても良いコースです。

 

私が今週の重賞で注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。