【中山牝馬ステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【中山牝馬ステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは中山牝馬ステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

中山牝馬ステークスは中山芝1800mという牝馬にはきつい条件で行われる重賞レースです。


(写真は2017中山牝馬ステークス トーセンビクトリー)

中山牝馬ステークスはハンデ戦という条件に加え、ヴィクトリアマイルまで期間が空いており
舞台も全く違うため、GIの主役級が集まらず波乱要素を含んだ重賞です。

過去の勝ち馬を見ると

トーセンビクトリー、シュンドルボン、バウンスシャッセ、フーラブライド

など、瞬発力よりも持続力を持った馬が活躍しているのも特徴的ですね。

そんな中山牝馬ステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

マキシマムドパリ 3.9倍
フロンテアクイーン 4.5倍
エテルナミノル 四位 5.8倍
トーセンビクトリー 7.5倍
カワキタエンカ 9.6倍
ゲッカコウ 10.7倍
レイホーロマンス 12.1倍
エンジェルフェイス 13.0倍
ワンブレスアウェイ 13.9倍
バンゴール 15.4倍
オートクレール 18.5倍
キンショーユキヒメ 19.8倍
ヒストリア 23.9倍
シャルール 38.1倍
ハローユニコーン 42.9倍
ノットフォーマル 43.6倍
ブラックオニキス 48.0倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

今回が引退戦となる マキシマムドパリ

昨年は重賞2勝と大活躍したマキシマムドパリですが
今回の中山牝馬ステークスが引退戦となります。

前走の愛知杯でも追い込んで3着に入っているように
引退が近くでも馬の力は衰えていません。

今回の中山牝馬ステークスを勝って、気持ちよく引退したいという
陣営の意図も伺え、本気のレースになりそうです。

前走で悲願の重賞制覇を果たした エテルナミノル

前走の愛知杯では厳しい流れながら先行して押し切るという
強い競馬を見せたエテルナミノル

2走前のターコイズステークスでも強い内容の競馬をしており
牝馬限定の重賞では常に能力上位の存在。

安定して走れるようになってきた今のエテルナミノルにとって
今回の中山牝馬ステークスで無様な競馬は見せられない。

ディフェンディングチャンピオンの トーセンビクトリー

昨年の中山牝馬ステークスを勝利したトーセンビクトリー

立ち回りの上手さで勝負するタイプの馬なので
広いコースよりも、中山競馬場のような小回りコースの方が良く
引き続き、中山でのレースになる点はプラス要素です。

前走のAJCCでも5着に入っているだけに
引き続き好調を保ってレースに望めそうです。

現役屈指の穴馬ホース オートクレール

現役屈指の穴馬であるオートクレール

4走前の紅葉ステークスでは10番人気で1着

それ以前の成績を見てみると
春興ステークスは15.5倍で2着
節分ステークスは23.7倍で2着
1000万条件は12.5倍で1着

と常に穴を開けながら馬券に絡んでいます。

今回の中山牝馬ステークスでも人気はなさそうですが
穴馬としては絶好の舞台になりそうです。

玉砕覚悟での逃げを目論む ノットフォーマル

逃げた時に力を発揮するノットフォーマル

近走は凡走が続いていますが
4走前のフリーウェイステークスでは11番人気ながら逃げ切り勝ち収めるなど
逃げがハマれば何を起こすか分からない馬です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ中山牝馬ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック