日本ダービー、ジャパンカップ|東京芝2400mデータと攻略法

Pocket

日本を代表するレースコースといえば
「日本ダービー」と「ジャパンカップ」が行われる
東京芝2400mです。

この東京芝2400mはGIオークスが行われ
重賞では青葉賞が行われるチャンピオンコースです。

ダービーやジャパンカップは是が非でも当てたい
と、思っているあなたの為に
東京芝2400mのデータを分析して傾向を掴みたいと思います。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

東京芝2400mラップ別成績

スタートしてから最初のコーナーまで314m
第1コーナーを回るまでにポジション争いが
発生してペースは速くなります。

そこからペースが落ち着き12秒台を刻みレースは流れ続けます。
そしてラスト3ハロンでペースアップ
直線525mありますが、ラスト400mには坂があるので
ラスト1ハロンはペースが落ちます。

スピードを活かさなければいけないコースで
最後持久力も問われるバランスの良いコースです。

次に脚質別の成績です。

東京芝2400m脚質別成績

先行馬よりも差し馬・追い込みに分があります。
スローペースで流れて最後の直線は瞬発力勝負となる事が多く
末脚自慢の馬が逃げ・先行馬を飲み込むというケースが一般的。

差し・追い込み馬を中心に考えていきましょう。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

東京芝2400m枠順別成績

意外ですが、内枠が圧倒的に有利です。
そして当然外枠が不利。

内枠の馬は道中、常に経済コースを通れるというメリットがあり、
外枠の馬とは走る距離に差が出る事が非常に大きいです。

『東京2400mは内枠』
この格言を覚えておきましょう

続いて、種牡馬別の成績

東京芝2400m種牡馬別成績

勝ち星、回収率でトップはディープインパクト産駒ですが
注目すべきは2位のゼンノロブロイ産駒です。

スタミナがあって一本調子な脚を使う馬が多い
ゼンノロブロイ産駒が、好成績を収めているという事は
切れ味がなくても、スタミナと持続力で勝負できる舞台でもあるという事です。

騎手別の成績も載せてみました。

東京芝2400m騎手別成績

蛯名正義騎手、内田博幸騎手、三浦皇成騎手、横山典弘騎手と
関東のリーディング上位騎手はまんべんなく好成績ですね。

言い換えればいい馬に乗っているという事で
能力のある馬がしっかりと来ているという事でもあります。

最後に人気別の成績を載せてみました。

東京芝2400m人気別成績

1番人気はボチボチの成績を残しており
8番人気以降は回収率が冴えない事がわかります。

人気サイドでの決着が多い舞台であるという事ですね。

以上が特徴となります。

まとめです。

コースの特徴と言えば何といっても枠順の有利不利
内枠に入った時点で相当なメリットを得たと思った大丈夫です。

東京コースですが末脚は切れ味タイプでなくてもOKですが
スタミナは欲しいところです。

それ以外は実力のある馬が、力を見せており
比較固い決着を見せている舞台だと言えます。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

予想に必要なデータの活用法から予想回収率アップの方法は
メールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わる事を約束します。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。