天皇賞秋、フローラSの舞台|東京芝2000mデータと攻略法

Pocket

天皇賞秋やフローラステークスが行われる舞台「東京芝2000m」の
騎手別成績、種牡馬別成績、枠順別成績などのデータをひも解いていきながら
馬券の攻略法について話していきます。

東京芝2000mはマイラーもステイヤーも通用する舞台として
見応えのある伝統のレースです。

東京芝2000mというレースは天皇賞秋だけではなく
オークストライアル「フローラS」なども行われる舞台で
東京競馬場の攻略をするなら外せないコースです。

 

ここでは東京芝2000mのデータを洗い出して
攻略法を見つけていきたいと思います。

 

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

東京芝2000mラップ別成績

スタートからで最初の直線まで126mと非常に短い
加えて急カーブを曲がるため外枠の馬は脚を使う必要がある。

向こう正面の長い直線で多少ペースが緩むが
全体的に早いペースを刻み続ける。
525mの長い直線でスパートするが、
坂を上った後はやや脚があがる。
瞬発力よりも持続力が必要。

 

まず脚質別の成績です。

東京芝2000m脚質別成績

先行馬と差し馬が互角の成績を残していますが
逃げ馬の成績が他の競馬場と比べると異様に悪いです。
その分、追い込み馬が台頭してきています。

広いコース、長い直線を武器に
瞬発力を生かして差し切る馬が多く現れています。

 

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

東京芝2000m枠順別成績

7枠と8枠は異様に成績が悪いのがわかります。
最初のコーナーまでの距離が短いので
そこで脚を使わないといけないデメリットが表れています。

また1枠と2枠も思ったより回収率が良くありません。
最初のコーナーでのポジション取りに巻き込まれるので
内に閉じ込めるリスクがあることを表しています。

不利を受けづらい真ん中の枠が一番好成績です。

 

続いて、種牡馬別の成績

東京芝2000m種牡馬別成績

ディープインパクト産駒が抜けた勝ち星をあげています。
ディープインパクトの持っているスピードが
広くて直線の長いコースに合っているといえます。

そしてサンデーサイレンス系の種牡馬がズラっと
並んでいますが回収率は揃ってよくありません。

実力のある馬が人気通りに決着しているという事が挙げられます。

 

騎手別の成績も載せてみました。

東京芝2000m騎手別成績

蛯名正義騎手がトップの成績を収めており
回収率からも信頼度が高い事がわかります。

騎手として大まかな傾向はありませんが
戸崎圭太騎手、松岡正海騎手も非常に優秀な成績です。

 

最後に人気別の成績を載せてみました。

東京芝2000m人気別成績

人気ごとの平均的な分布を描いていますが
10番人気以降の馬は壊滅的な状態です。

一時期の天皇賞秋は荒れるという印象がありましたが
人気薄はノーチャンスと言ってもいい状態ですので
純粋に能力の高い馬を狙っていきましょう。

 

以上が特徴となります。

 

まとめです。

東京コースは広いコースなので、純粋に能力の高い馬が来ますが
コース形態から枠順の有利不利が発生することは覚えておきましょう。

あと逃げ馬は若干の割引をしてもいいでしょう。

 

今週の重賞で注目している馬は以下をクリックすると見ることが出来ます。
私が注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。