【シルクロードステークス2018】過去10年のデータ分析|1番人気と牝馬は大苦戦!

Pocket

2018シルクロードステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?

またどういったタイプの馬が活躍しているかについても言及していきながら
シルクロードステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「魁!!男塾」という漫画を知っていますか?

昭和50年代以前に生まれた男性なら聞いたことがあると思いますが
1980年台に週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画です。
(当時はテレビアニメでも放映されていました)

ちょっと前にアメトーークでも「魁!!男塾芸人」というくくりで
放送をしていたことがあったので
平成生まれの人でも知っている人は多いのかもしれませんが
とにかく突っ込みどころの多い漫画です。

設定も内容もめちゃくちゃで、突っ込みどころは多いのですが、
単純にバトルの内容が面白くて人気だったんですよね。

で、「魁!!男塾」には実は続編である「曉!!男塾」という漫画があります。

この漫画が「魁!!男塾」に輪をかけてツッコミどころが満載です。

全員で毒を飲んで、解毒剤をタスキ代わりにして駅伝をやったり
油の池の中で先っぽに火のついた棒を使って棒倒しをしたり

と、とにかく意味不明です。

だけれども、面白くてついつい先へ先へと進んでしまう。
そんな魔力が男塾にはありますね。

「曉!!男塾」を全巻読破した後に感想を語っているので、
良かったらそっちも見てみて下さい。

暁!男塾は格闘漫画ではなく極上のギャグ漫画だ!

 

さて、今週はシルクロードステークスが行われます。


(2017シルクロードステークス ダンスディレクター)

シルクロードステークスは高松宮記念の前哨戦として行われるレースですが
平坦で行われる京都1200mとタフなコースとして知られる中京の1200mの
違いがあるため、あまり結果にリンクしないレースとしても知られています。

ハンデ戦である事も要因の一つかもしれませんね。

平坦の京都コースで行われるレース、そしてハンデ戦と
難解な要素が絡まり、馬券的には一筋縄ではいかないレースとなっています。

そんな予想し甲斐のあるシルクロードステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

シルクロードステークス出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

シルクロードステークス2018に出走を予定しているメンバーの全頭評価(動画含む)は
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

シルクロードステークスステークス2018全頭評価はコチラ

 

シルクロードステークスステークス過去10年のデータ分析

これぞハンデ戦!1番人気が大苦戦するレース

まず、最初に注目したのはシルクロードステークスの1番人気馬の成績です。

複勝率が30%、複勝回収率が37%と平均値と比較して
著しく低い数字となっています。

ハンデ戦という事を加味してもかなり低い成績となっていますが
一番の要因は高松宮記念で勝ち負けを狙っているような馬が
シルクロードステークスに出走しないという点が挙げられます。

GIで人気になるであろう馬は実績を積んでいる馬なので
シルクロードステークスに出走してくれば重い斤量を背負わされます。

GI前に重い斤量で走って、故障でもされたら目も当てられず
有力馬は阪急杯などに回ることが多くなるので
おのずとシルクロードステークスに出走する人気馬は信頼度が落ちます。

ただ、斤量の重い馬が苦戦しているのかというと
一概にそうはいえません。

 

ハンデ戦でも斤量の重い馬が力を見せつけるレース

次にシルクロードステークスでの斤量別の成績を見てみましょう。

ハンデ戦ではありますが53kg以下の馬の成績が最も悪く
57.5kg以上の斤量を背負った馬の成績が最も良い

というデータが出ています。

重い斤量の馬が活躍している舞台と言う事は
スピードを競い合うレースになっていない

と言うことです。

裏を返して言うとパワーやタフさが問われるレースであるという事です。

シルクロードステークスに出走している牝馬の成績を見てみると

と複勝率17.9%、複勝回収率42%と大苦戦していることからも
牝馬が苦手とするタフなレースを強いられていることが分かります。

 

4歳馬は大苦戦!好走するのはベテラン勢!

最後にシルクロードステークスの年齢別成績を見てみましょう。

5歳馬と6歳馬が馬券の中心になっていますが
目立つのは4歳馬が大不振であるという点です。

この時期のレースは勢いがあって、ハンデもそれほど重い斤量を課せられない
4歳馬の成績が良いという傾向がありますが
シルクロードステークスに関しては逆の傾向を見せています。

シルクロードステークスは平坦の京都で行われるレースですが
その実、かなり激しいレースになり、ある程度のタフさを持っていないと
活躍できていない事が分かります。

 

以上が主な特徴となりますが、脚質面についても少し見てみましょう。

シルクロードステークスにおける上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

となっており、平均値と比較すると
若干ですが前にいる馬の方が優勢であるというデータが出ています。

もうひとつ4コーナーでの順位別成績を見てみると

こちらを見ても先行馬(4コーナーで前の順位にいた馬)が優勢です。

差し・追い込み馬を極端に嫌う必要はありませんが
前にいる馬の方にアドバンテージがあるという点は
覚えておいた方が良さそうですね。

 

以上が2018シルクロードステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

シルクロードステークスは高松宮記念の前哨戦ですが
例年、激しいレースが行われており

“タフさを持っている馬、混戦に強い馬が活躍する傾向にあります”

狙うのは消耗戦に耐えられる経験値を持ったベテラン馬
前に行く脚があり、アドバンテージを取れる先行馬

この条件に合わせて軸馬を選んでいくといいでしょう。

 

私がシルクロードステークスで注目しているのは
混戦に耐えられるタフさを持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はG3“根岸ステークス”

競馬セブンは根岸ステークスで確勝級と言われている馬の情報を手に入れています。

その馬以外にも

「フェブラリーSは眼中にない!とにかくここを勝つために目イチの仕上げで挑む」

という情報の馬も掴んでおり、かなり的中率の高いレースだと断言しています。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの根岸ステークス3点の買い馬券も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━