福島牝馬S、ラジオNIKKEI賞|福島芝1800mデータと攻略法

Pocket

夏のローカル開催といえば福島競馬場です。

極端な小回りコースであり、芝も荒れる競馬場とあって
中央競馬10場の中でも異端な競馬場として知られています。

その福島競馬場で行われている重賞レース
福島牝馬S、ラジオNIKKEI賞の舞台が
福島芝1800m戦です。

夏競馬を攻略するのに必要な福島競馬場

その中でも肝になる芝1800mを分析しましたので
馬券攻略の参考にして下さい。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

福島芝1800mラップ別成績

スタートから最初の直線まで305m
最初の600mでペースを上げてポジション争いをしながら
800mからゴールまでは12秒台をずっと刻みながら
ゴールへそのままなだれ込む

というレース形態になっています。

まず脚質別の成績です。

福島芝1800m脚質別成績

逃げ・先行と前に行く馬が圧倒的に有利な舞台です。

1800mでも1周以上する小回りコース
残り600m地点は3コーナー入口と
ズバっと瞬発力で差しを決めるのは難しいコースです。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

福島芝1800m枠順別成績

勝率・複勝率を見ると内枠が好成績を収めています。
スタートしてから最初のコーナーを内から回る事が
好走の必須条件なので、内枠が有利という事がわかります。

ちなみに外枠の馬も行ききってしまえば
先手を取れるので勝率は高い事も見逃せません。

続いて、種牡馬別の成績

福島芝1800m種牡馬別成績

1位ステイゴールド、2位マンハッタンカフェは
勝率・回収率共に好成績です。

双方に共通しているのはパワー型の推進力タイプの
産駒が多いという事。

3コーナー過ぎから仕掛けていく必要があるので
この2つの要素は必要となります。

騎手別の成績も載せてみました。

福島芝1800m騎手別成績

中館英二騎手が1位ですが、回収率という点ではイマイチ
回収率という点では田辺裕信騎手、北村宏司騎手がいいですね。

中央場所でリーディング上位の騎手が
福島開催に来た時はやはりいい馬が集まりますね。

最後に人気別の成績を載せてみました。

福島芝1800m人気別成績

一番人気の成績はボチボチで悪くはありませんが
四番人気~八番人気が高い回収率を残しています。

トリッキーなコースではありますが
確率論上、もっとも妥当な分布がなされており
極端に穴が出る舞台ではないという事はわかります。

以上が特徴となります。

まとめです。

福島競馬場の小回りコースは前が有利な舞台。
そして3コーナーから捲ってくる推進力が必要なので
福島マイスターのようなコースに特化した馬が出てきます。

パワーと推進力の2点に特化して馬を選びましょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

予想に必要なデータの活用法から予想回収率アップの方法は
メールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わる事を約束します。

スポンサードリンク