アンタレスSの舞台|阪神ダート1800mのデータと攻略法

Pocket

京都のダート重賞として知られているアンタレスステークスが
今年は阪神ダート1800m戦として行われます。

阪神競馬場のダート1800mは今まで大きなレースがなかったので
見慣れない舞台設定かもしれませんが
平場などでは普通に行われています。

しかも、ダートの中距離レースは開催が多いので
特徴をしっかり掴んでおくと、馬券攻略に役立ちます。

ここで阪神ダート1800m戦の分析していくので
特徴を覚えて馬券攻略に役立てて下さい。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

阪神ダート1800mラップ別成績

スタートしてから最初のコーナーまで298m
短い距離かつ坂のある道の中で最初の2ハロン目でのポジション争い
そこからゆっくりとペースが落ち着いていきますが
ラスト3ハロンではペースアップ出来ずに
最後の1ハロンはペースダウン
小回りコース+2度の坂越えがあるかなりタフなコース設定になっています。

続いて、脚質別の成績です。

阪神ダート1800m脚質別成績

逃げ馬・先行馬天国で前に行く事が好走の必須条件です。

小回りコースであるという事と、
タフなコースで上がり3ハロンもペースが上がらない事が
差し馬・追い込み馬が届かない状態を作っています。

差し・追い込みで勝利した馬は相当強いと言えますね。

さらに枠順の有利不利について考えてみましょう。

阪神ダート1800m枠順別成績

どの枠も回収率は100%を下回っていますが
勝率・回収率共に外枠がいい成績を残しています。
先行有利のこの舞台は、最初の直線でのポジション取りが命
外から勢いをつけて被せていく方がポジションを取りやすいという事ですね。

そして種牡馬別の成績

阪神ダート1800m種牡馬別成績

キングカメハメハ産駒が勝利数1位と共に
回収率でも抜群の数字を見せています。
2位のクロフネ産駒と共にパワーのある産駒が
活躍できる舞台であるという事がわかります。

加えて騎手別の成績も載せてみました。

阪神ダート1800m騎手別成績

1位岩田康誠騎手は勝率・複勝率、回収率も抜群の数字
腕っぷしがあって、自分から勝ちにいく騎乗が出来る岩田騎手は
この阪神ダート1800mという舞台にピッタリの乗り方が出来る騎手です。

追う力と積極的な騎乗をキーワードに騎手選定しましょう。

最後に人気別の成績を載せてみました。

阪神ダート1800m人気別成績

1番人気の馬はそこそこの成績ですが
6番人気以下の馬の好成績が目立ちます。
とにかくパワーのある馬が走る舞台なだけに
他の競馬場でスピード負けするような馬も巻き返せる点で
荒れている結果となっています。

以上が特徴となります。

まとめです。

とにもかくにもパワーがあって先行力のある馬が有利
枠順には大きな差がありませんが
やはり外枠が有利だという点は考慮しておくべきでしょう。

穴を狙える舞台なので、穴を狙うなら
他の競馬場でスピード負けしている逃げ馬を
ピックアップするといいでしょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

予想に必要なデータの活用法から予想回収率アップの方法は
メールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わる事を約束します。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。