【東海ステークス2018】ゴールデンバローズは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2018東海ステークスに出走を予定している
ゴールデンバローズが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。
(もしかしたらそれほど人気にならないかもしれませんが)

 

 

こんにちは、MOTOです。

この前、親せきと会った時に親戚の家族が一家総出で
「ディズニーツムツム」の話で盛り上がっていました。

ディズニーツムツムが流行り始めたのは
結構前だと思うのですが
未だに流行っているんですね。

私は「ポコパン」というゲームにハマったことがありました。

手軽にできるLINEゲームで
単純ながら色々なことが練られていて面白いゲームでした。

ただ、今はこういった類のゲームはやっていません。

なぜかというと

「やる意味が見つからなくなったから」

です。

「ポコパンってただの暇つぶしで何も生まないよなぁ」

とある日、気づいたんですね。

ポコパンのようなゲームをイベントが巧みに組み込まれていて
毎日決まった時間を取られますし
自分の時間、しいては人生が奪われているなぁ

と思ってからはピタッと止めました。

今では止めてよかったと思っています。

ちょっと中毒に近い感じでスマホゲームをやっていましたからね。
自分の時間は自分にとって有意義な人生を作るために使いたい

と思った今日この頃です。

 

 

東海ステークスで切るべき人気馬

さて、今週は東海ステークスが行われます。


(写真は2017東海ステークス グレンツェント)

この時期に行われるようになってから5回が経過しましたが
過去5年で1番人気が3勝、3着2回と複勝率100%の成績を収めています。

GIフェブラリーステークスを勝ちたい馬が出てくるので
どうしても落ち着いた結果になりやすいですよね。

ただ、今年のメンバーを見てみるとテイエムジンソク1強ムードで
「相手にどの馬を選ぶのか?」という事に焦点が移っており
2番手以下の馬は買う馬と切る馬の選定が難しいです。

そんな時こそ有力馬を切っていき、馬券を絞る作業をしたいところですね。

そこで、ここでは2018東海ステークスにおいて
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2018東海ステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ゴールデンバローズ

です。

 

ゴールデンバローズは2歳時から化け物のような強さを見せて
3歳の春にはUAEダービーでも3着に入った素質馬です。

2歳時のレースぶりからダートの頂点を狙えるだけの
潜在能力を持っており、今回の東海ステークスでも
ある程度の人気に支持されそうな馬ですが
なぜ、ゴールデンバローズが馬券から切るべき危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

東海ステークスのコース分析

東海ステークス2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

東海ステークス2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

ゴールデンバローズの不安要素

ドバイ遠征後に別の馬に変わってしまった

ゴールデンバローズの3歳春までの走りはまさに圧巻でした。

ヒヤシンスステークスで3馬身半差の圧勝
500万条件でもノボバカラを相手に3馬身半差の圧勝
未勝利戦では大差勝ち

とダートの次世代エースを狙うに相応しい走りでしたが
UAEダービーを走って以降は圧巻のパフォーマンスは影を潜めたままです。

その後、条件戦で2勝を挙げましたが
オープン特別以上のレースでは一度も馬券に絡んでおらず
惨敗を繰り返しています。

若駒にとって遠方への海外遠征は心身共に消耗すると言いますが
ゴールデンバローズにとってのドバイ遠征は
マイナスの結果しか生みませんでした。

今回の東海ステークスではGIに向けて出走してくる馬が多数います。

ドバイ遠征で牙を抜かれたゴールデンバローズにはかなり厳しい舞台だと言えます。

 

遠征競馬の経験が非常に薄い

ゴールデンバローズはデビューから16戦を消化していますが
そのほとんどが関東での競馬です。

内訳を見てみると

東京 12戦 【5.2.0.5】
中山 1戦 【0.0.0.1】
新潟 1戦 【0.0.0.1】
札幌 1戦 【0.0.0.1】
ドバイ 1戦 【0.0.1.0】

と馬券に絡んでいるのは東京競馬場だけです。

関東圏の競馬場である新潟遠征や札幌遠征でも
4着(2番人気)、6着(1番人気)と結果を出せていません。

今回出走を予定している東海ステークスは中京競馬場で行われます。

東京と同じ左回りでのレースという事はありますが
結果を出せていない遠征競馬はゴールデンバローズにとってマイナス要素となります。

 

以上、2つの理由から

2018東海ステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ゴールデンバローズ

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

2歳時の強烈なインパクトから近走の成績が冴えなくても
毎回人気になるゴールデンバローズですが
2歳時とは全く別の馬になっている事は理解しておく必要がありそうです。

テイエムジンソクの相手探しとなるとそんなに多くの馬は買えません。

東海ステークスではゴールデンバローズを外して馬券勝負したいですね。

 

2018東海ステークスで私が注目している馬は
ゴールデンバローズと同じく近走は冴えないものの
持っている能力はまだ死んでいないと見ているあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『トップシークレット』では先週の日経新春杯を

◎ロードヴァンドール
○パフォーマプロミス

の1点勝負で仕留めました。

来週の競馬は“AJCC”と“東海ステークス”

トップシークレットでは、今週無料会員に登録してくれた人に
重賞予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。