大阪杯、鳴尾記念、マーメイドS|阪神芝2000mのデータと攻略法

Pocket

阪神競馬場で行われるG2大阪杯

距離が手頃な事もあり、天皇賞や海外GIを狙う馬が
ステップに選ばれる重量級の重賞です。

このレースが行われる舞台は阪神競馬場芝2000m

大阪杯以外にも、鳴尾記念、マーメイドSなど
多くの重賞が行われる舞台で
阪神開催を攻略するのに最も重要なコースと言えます。

その阪神芝2000mのデータを分析していくので
馬券購入の参考にして下さい。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

阪神芝2000mラップ別成績

スタートしてからすぐに上り坂があるので
最初の200mは遅く、次の200mでラップが上がります。
200m〜400mはコーナーが入りますが
ポジション取りをしなくてはいけないので上がるという事ですね。

そこからペースが落ち着きますが、3コーナーに入ってから
ペースがグッと上がり、直線の坂を登り終えた後で
ややペースが落ちるという形になります。

3コーナーからペースが上がるのは内回りコースならではですね。

まず脚質別の成績です。

阪神芝2000m脚質別成績

内回りコースなので、前にいる馬が有利です。
差し馬、追い込み馬は勝つというよりも
着を拾う確率の方が上がってきます。

前にいける自在性、スピードはほしいですね。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

阪神芝2000m枠順別成績

勝ち星や率という点では枠毎の差はありませんが
回収率からみると外枠の方が成績がいいです。

1コーナーでのポジション争いが激化するので
内枠の馬は被されてしまうと厳しい面があります。

続いて、種牡馬別の成績

阪神芝2000m種牡馬別成績

1位ディープインパクト、2位ステイゴールド
3位シンボリクリスエスとメジャーどころが顔を揃えます。

傾向としてはパワーのある馬の方が
成績・回収率が良いので
パワー型を積極的に狙っていきましょう。

騎手別の成績も載せてみました。

阪神芝2000m騎手別成績

川田将雅騎手、浜中俊騎手が高い回収率を見せています。
3コーナーからペースをあげていく積極性
800m馬を追う力
この2つの要素が備わっている騎手が良いという事です。

最後に人気別の成績を載せてみました。

阪神芝2000m人気別成績

7番人気こそ回収率100%を超えていますが
それ以外は回収率は100%以下。

特に人気薄の馬の回収率は悪いですね。
これは人気通りに決着する事が多いという証拠です。

以上が特徴となります。

まとめです。

内回りコースなので、ある程度前に行けるだけの脚はほしいですね。
そして坂を2回上のぼること、コーナーからのまくりが必要な事から
反応の良さや推進力(パワー)が必要になるコースです。

枠順の有利・不利は少なく上の項目以外では
比較的実力を出し切れる舞台であるという事です。

これを参考にして馬券攻略をして下さい。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。