日経新春杯2018枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2018日経新春杯の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた日経新春杯での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

最近、ピタゴラスイッチのメロディーが頭から離れません。

子供がどハマリしているので
下手したら1日20回くらい撮りだめしておいた
ピタゴラスイッチを見ています。

番組自体は私も大好きなんですけど
さすがに5回を超えてくると辛くなってきます。

今は呪いのように「ピタゴラスイッチ♪」

というメロディーが頭を支配しています。

なんでもほどほどが一番です。

 

さて、日経新春杯の枠順が確定しました。

昨年の覇者であるミッキーロケットが参戦しますが
4歳馬の出走もなく、頭数も少頭数という事で
かなりレベルの低い一戦になりそうです。

そんな日経新春杯の枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず日経新春杯(京都芝2400m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・内枠が圧倒的に有利なレース

・スピード優勢も総合力を問われるレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

6枠8番 ミッキーロケット

昨年の勝ち馬で、前走の中日新聞杯で2着となったミッキーロケットは
6枠8番に入りましたが、もう少し内目の枠でも良かったですね。

ミッキーロケットはもともとエンジンのかかりの遅い馬ですし
直線で外を回ってロスを被ると一歩足りなくなってしまう馬です。

昨年のように内のポジションを取って、ある程度前にいた方が
ミッキーロケットの力は発揮できるので
どう騎乗するのかに注目ですね。

 

2枠2番 ロードヴァンドール

前走の中日新聞杯で3着に粘ったロードヴァンドールは
2枠2番という絶好枠に入りました。

今回の日経新春杯は少頭数での競馬となるので
逃げ馬のロードヴァンドールにとって枠順は大きな影響を与えませんが
2番枠という絶好枠を引いたことはプラスにこそなれど
マイナスにはならないので、良い枠を引いたと言えます。

 

3枠3番 モンドインテロ

チャレンジカップで4着に敗れたモンドインテロは
3枠3番に収まりましたが、上々の枠順だと言えます。

ディープインパクト産駒ながらスタミナを武器と馬なので
馬群に入れて距離ロスをなくす競馬はしなくていいのですが
今回は少頭数ですし、京都競馬場は4コーナーで馬群がばらけてくるので
モンドインテロにとっては何の不利もない枠に入ったと言えます。

 

7枠10番 ソールインパクト

アルゼンチン共和国杯では強敵を相手に2着に検討した
ソールインパクトは7枠10番に収まりました。

この馬としては良い枠に入りましたね。

ソールインパクトはモンドインテロ同様にディープインパクト産駒ながら
スタミナを武器としており、直線での速い脚を持っていない馬なので
外を回っての体力勝負はのぞむところです。

あとは平坦コースへの適性が問われそうですね。

 

6枠7番 パフォーマプロミス

実績馬が人気になる中で上がり馬として期待されている
パフォーマプロミスは6枠7番に入りました。

ステイゴールド産駒らしく、スピードよりもパワーが勝ったタイプで
スローペースからの瞬発力勝負よりも
ある程度速いペースで流れての持久力勝負が得意な馬です。

京都2400mは適性的には微妙ですが
デムーロ騎手騎乗なので、上手く馬を動かして
力を発揮してくる可能性はあります。

 

8枠12番 カラビナ

前走のグレイトフルステークスではパフォーマプロミスの2着に入った
カラビナは大外枠である8枠12番に張りましたが
もう少し内目の枠に入りたかったですね。

パフォーマプロミス同様、ステイゴールド産駒のパワー型ですが
実績と能力で見劣りするカラビナにとっては
少しでも距離ロスを抑えて競馬がしたいところでしたが
今回は大外枠という事でかなり難しい条件になりましたね。

 

展開予想のポイント

展開のポイントは横山典弘のペース配分です。

今回は頭数も少ないですが、逃げるであろう馬も少なく
ロードヴァンドールの単騎逃げが濃厚です。

スローに落として脚を溜めて競馬をするのが逃げ馬の王道ですが
ロードヴァンドールはある程度速いペースで逃げて
最後まで逃げた方が持ち味を発揮できる馬です。

おそらく横山典弘騎手はそのあたりを把握していると思いますので
少頭数ながら淀みない流れになると予想します。

持久力のある馬を狙いたいですね。

 

まとめ

2018日経新春杯で良い条件の枠をゲットしたのは

2枠2番 ロードヴァンドール

3枠3番 モンドインテロ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

今年の日経新春杯はメンバー的に魅力的な穴馬はいませんね。

 

私が2018日経新春杯で注目している馬は
今回良い条件で競馬が出来そうなあの人気馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はG2“日経新春杯”

競馬セブンは先週の中山金杯を強気の1点勝負でしっかりと的中!!

昨年上位入線を果たした馬に注目が集まりますが、競馬セブンでは

「先々を考えればメンバーレベルの低いココが賞金加算の絶好のチャンス。
ただマークされるのはゴメンだからコッソリ勝負して」

という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの日経新春杯馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。