【チューリップ賞2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【チューリップ賞2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではチューリップ賞2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

チューリップ賞は毎年の年初めに行われる名物重賞レースです。


(写真は2017チューリップ賞 ソウルスターリング)

そんなチューリップ賞にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ラッキーライラック 1.8倍
リリーノーブル 5.6倍
マウレア 武豊 6.3倍
スカーレットカラー 8.3倍
サラキア 12.8倍
レッドランディーニ 17.8倍
シグナライズ 18.9倍
ダンサール 21.2倍
サヤカチャン 28.0倍
カレンシリエージョ 48.3倍
クリノフラッシュ 68.9倍
ウインラナキラ 69.1倍
アンコールプリュ(出走回避)
コーディエライト(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

2歳女王の ラッキーライラック

前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは
リリーノーブル以下を完封して女王に輝いてラッキーライラック

ディープインパクト産駒のような切れ味はありませんが
父親のオルフェーヴルのように長く良い脚を使える点は安定感抜群

2歳女王として、ここは負けられない1戦です。

リベンジを果たしたい リリーノーブル

前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは
ラッキーライラックにこそ完敗したものの
しっかりと2着を確保したリリーノーブル

GIで好走するには何度もラッキーライラックに負けていられないところで
今回のチューリップ賞ではラッキーライラックに一矢を報いたいところです。

フェアリーステークス2着の スカーレットカラー

前走フェアリーステークスで2着に入ったスカーレットカラー

フェアリーステークスの1着馬と3着馬がディープインパクト産駒という
切れ味のある馬同士の決着となった中で
ヴィクトワールピサ産駒のスカーレットカラーが2着に入った事は評価出来ます。

今回のチューリップ賞ではGIで好走した馬が出走してきますが
ここで互角に戦えればGIが見えてきそうです。

ディープインパクト産駒の アンコールプリュ

ディープインパクト産駒でキャリア2戦2勝のアンコールプリュ

金子真人さんの持ち馬で新馬戦は単勝1.5倍に応えての完勝
新馬戦は先行しての押し切り勝ち
そして、2戦目のつわぶき賞は後方からの差し切り勝ちという事で
脚質にも幅があり、まだまだ奥が深そうな馬で
不安よりも期待の大きい馬です。

重賞連続2着がある コーディエライト

前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは13着と惨敗してしまった
コーディエライトですが、新潟2歳ステークス、ファンタジーステークスと
重賞で連続2着の実績が光ります。

前々で競馬をして粘るタイプの馬でレースぶりは地味ですが
展開が向けば力を発揮できるのが逃げ馬の強みです。

チューリップ賞は桜花賞のステップレースということで
各馬が無理な競馬をせずスローペースに落ちれば面白い存在です。

前走は思わぬ敗戦を喫した マウレア

前走のクイーンカップでは1番人気を裏切って5着に敗れたマウレア

阪神ジュベナイルフィリーズ3着の実績から
クイーンカップの成績がマウレアの能力でない事は明らか

切れ味がない馬なので、末脚勝負になると厳しい面はありますが
一叩きして臨むチューリップ賞なら
ラッキーライラックをはじめとしたライバルを倒しても不思議ではありません。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだチューリップ賞の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。