【AJCC2018】過去10年のデータ分析|ベテラン勢が活躍するレース!

Pocket

AJCC2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
AJCCで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先日、ケンガンアシュラという漫画を読みました。

裏サンデーというマニアックな漫画で連載されているので
知らない人は多いかもしれませんが
一言でどんな漫画かを表現すると

「ほぼグラップラー刃牙です」

内容を見てみると

「これパクリなんじゃね?」

と思える内容なんですが、読んでみるとめっちゃ面白いです。

私の印象は「刃牙」をお上品にした印象です。

画も優しくなっているし
ストーリーも丁寧になっているし
ゴリゴリの格闘漫画でありながら、かなり読みやすいです。

刃牙が好きな人には是非読んでほしいですね。

私が運営している漫画ブログで「ケンガンアシュラ」の
魅力をくそほど語ってみたので興味がある人は見てみてください。

「ケンガンアシュラ」の魅力を語り尽くす

 

 

さて、今週はAJCCが行われます。


(2017AJCC タンタアレグリア)

中山芝2200mという非根幹距離で行われる重賞ですが
有馬記念が行われる中山芝2500mとリンクが強いコースで
舞台適性がものを言うレースという印象があります。

それだけに単純に能力だけでは測れない部分がありますが、AJCCを的中すべく
過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

AJCC出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

AJCC2018に出走を予定しているメンバーの全頭評価(動画含む)は
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

AJCC2018全頭評価はコチラ

 

AJCC過去10年のデータ分析

ベテランが大活躍!経験が物を言う舞台適性重視のレース

まず、最初に注目したのはAJCCの枠順別成績です。

複勝率、複勝回収率を見てみると4歳馬の数値が低く
年齢を重ねれば重ねるほど数値が高くなっている事が分かります。

冒頭から何度も話しているようにAJCCの舞台である
中山芝2200mは絶対能力よりも適性が問われるトリッキーな舞台です。

それゆえに経験豊富なベテラン勢の方が成績が良くなっています。

能力比較よりも中山芝2200m適性を重視したいですね。

 

また、種牡馬別成績も見てみましょう。

中山芝2200mの適性が高くないディープインパクト産駒が
1位となっていますが、注目すべきは

2位に入っているマーベラスサンデーと
3位に入っているジャングルポケットです。

マーベラスサンデーもジャングルポケットも
スピードよりもパワーが前に出たタイプの種牡馬で
この結果は中山芝2200mの特徴を示しています。

 

パワー勝負の別定戦、新参者には辛い舞台

次にAJCCでの前走クラス別の成績を見てみましょう。

前走で条件戦(1600万条件)を使ってきた馬は
複勝率14.3%、複勝回収率47%と苦戦をしている事が分かります。

AJCCは別定のG2戦なので
実績のある馬と実績のない馬の斤量差はわずか。

経験の浅い条件上がりの馬が、同じような条件で
経験豊富な実績馬と戦うとなると
当然、上がり馬の成績は悪くなってしまいますね

 

もう少し掘り下げて前走のレース名別成績を見てみましょう。

AJCCの舞台と相関性の強い中山芝2500mで行われる
有馬記念を経由してきた馬が圧倒的に強いことが分かります。

続いて、冬場のタフな中山のレースをこなしてきた中山金杯組

と適性重視のAJCCらしく、タフなレースを経験してきた馬が
活躍するレースである事が分かります。

 

1番人気苦戦!そして先行脚質の馬が優勢なレース

最後にAJCCの一番人気馬の成績を見てみましょう。

過去10年のデータを見てみると1番人気の馬は2勝、2着1回と
複勝率、複勝回収率ともにかなり低い数値であることが分かります。

どうしても人気は馬の能力順についてくるので
AJCCの舞台に適性がなくても「単純に能力が高い」というだけで人気になります。

「能力ではなく適性」

何度も話している事ですが
このあたりからもそういった傾向が読み取れます。

 

参考までに枠順や脚質についても確認してみましょう。

まずは枠順別成績からです。

複勝率での比較となると外枠の成績が振るいませんが
回収率という面で見てみると内も外もそれほど変わりません。

続いて、脚質別の成績も見てみます。

上はAJCCの過去10年における4コーナーでの順位別成績ですが
前に行った馬が断然有利であることが分かります。

中山芝2200mはタフな競馬になる舞台ですので
道中で脚を溜めて直線でズドンという競馬はなかなか通用しません。

4コーナーまでに着順を上げていける機動力
ポジションを押し上げていくパワーが必要だと言えますね。

 

以上が2018AJCCを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

AJCCは冬の中山芝2200mという舞台で
行われるレースなので、適性が結果に大きな影響を与えます。

個体の能力よりも、適性面に注目して予想を展開していく必要がありますね。

 

私がAJCCで注目しているのは
AJCCの舞台に高い適性を持っているであろうあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『トップシークレット』では先週の日経新春杯を

◎ロードヴァンドール
○パフォーマプロミス

の1点勝負で仕留めました。

来週の競馬は“AJCC”と“東海ステークス”

トップシークレットでは、今週無料会員に登録してくれた人に
重賞予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。