高松宮記念、CBC賞の舞台|中京芝1200mの特徴と攻略法

Pocket

中京競馬場に初めてあらわれたGI「高松宮記念」

第一回のレースは三冠馬ナリタブライアンが出走して話題になりました。
今は春のスプリントGIとして地位を確立しており
このレースを目指してさまざまなステップを踏んで出走します。

この大一番である高松宮記念の舞台
中京芝1200mコースを分析して特徴と攻略法を洗い出していきましょう。

まずはコースの特徴をラップタイムと共に見ていきましょう。

中京芝1200mラップ別成績

スタートしてから最初のコーナーまでは315m
テンの1ハロンは上り、2ハロン目は下りとなっているため
2ハロン目に最速ラップを刻みます。

最後の直線は412m
直線入ってすぐに上り坂があるため
ラスト1ハロンの平均は12秒とペースが鈍るのが特徴です。

これらをふまえて枠順別の成績を見てみましょう。

中京芝1200m枠順別成績

1~3枠の内枠は極端な不振、
7、8枠の外枠が抜けて好成績

差し馬が台頭する中京コースは外枠>中枠>内枠
という図式が顕著に表れています。

脚質別の成績です。

中京芝1200m脚質別成績

差し馬が断然の好成績を収めています。
どの競馬場でも大抵逃げ・先行が好成績を収めている中で
これだけ差しに偏るのは異様ともいえます。

下りから上りに移る直線は見た目以上にタフなコースと言えるでしょう。

続いて、種牡馬別の成績

中京芝1200m種牡馬別成績

サクラバクシンオーやクロフネなど勝ち星としては好成績を収めている馬も
回収率になおしてみるとかなり苦戦しています。

データ数は少ないですが、パワーだけでなく
他の要素もバランスよく配分されている馬がいいですね。
あとはアドマイヤコジーン、アドマイヤマックスなど
マイナーな種牡馬の活躍も見逃せません。

騎手別の成績も載せてみました。

中京芝1200m騎手別成績

浜中俊騎手の勝率・複勝率は飛び抜けて優秀です。
身体能力が高く追える騎手が好成績を収めているという点から
追える騎手は狙いがたちます。

最後に人気別の成績を載せてみました。

中京芝1200m人気別成績

3番人気こそ高い回収率を誇っていますが
上位人気はあまり成績がよくありません。

逆に11~14番人気の回収率が高い点から
荒れる決着が多いことが分かります。

以上が特徴となります。

まとめです。

外枠が有利で、差し馬が有利。
そんな傾向がはっきりと表れているシンプルな舞台です。

人気順としては順当に決まらない舞台なので
馬券としては大穴狙いで十分です。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。