【愛知杯2018予想】マキシマムドパリ連覇は?有力馬の危険度分析

Pocket

ここでは愛知杯2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

1番人気が予想されるマキシマムドパリの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

今年の目標の一つに

「夜中はお菓子を食べない」

というものを声高らかに宣言しました。

基本的にブログやメルマガは夜中に書くことが多いのですが
めちゃくちゃ腹が減るんですよね~

でも、体を動かしている訳ではないので
脳みそが食べ物を欲していても、体は食べ物を欲していません。

ですので、食べた分だけ血肉となって体に脂肪となって還元されるのが
昨年の悪循環だったのですが
2018年はそれを防ぐために目標を立てました!

私は基本的に出来る事しか目標にしないので
「〇〇kg痩せる」みたいな目標は立てません。

食事制限しても、運動しても痩せるかどうかわからないですからね。

ただ、夜中にお菓子を食べないことなら必ず実行できます。

1月10日現在、まだ目標達成中です。

残り355日間も目標を全うしたいと思います。

 

 

さて、今週は牝馬限定の重賞愛知杯が行われます。


(2017年 愛知杯 マキシマムドパリ)

冬場の牝馬限定戦、そしてハンデ戦という事で
予想が難しいレースではありますが
昨年は馬連を的中させることが出来たので、相性の良さで頑張りたいですね。

今回は人気各馬の能力判断、適性判断をしていき
馬券的中のヒントになる見解を提供できればと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

愛知杯2018の出走予定馬全馬の事前分析

ちなみに愛知杯2018の出走予定馬全馬の事前分析
を見たい方は以下をクリックして下さい。

愛知杯2018の出走予定馬全馬の事前分析

 

愛知杯の有力馬の危険要因と買い要素

マキシマムドパリ

GIであるエリザベス女王杯4着、牡馬混合重賞である中日新聞杯で4着と
高いレベルのレースでも安定した走りを見せているマキシマムドパリ

スタミナを活かした持久力勝負が得意な馬なので
中京芝2000mはベストの舞台ですが
昨年の覇者という事で今回は56kgを背負っての競馬

そして、年末にレースを使い詰めている点からも
反動が出る可能性はありそうです。

 

クインズミラーグロ

一時期は5戦連続で重賞の馬券に絡み続けたクイーンズミラーグロ

府中牝馬ステークス、エリザベス女王杯と連敗してしまいましたが
今回の愛知杯では相手関係がグッと楽になるので
クイーンズミラーグロの安定感が発揮される可能性はあります。

その反面、ずっと好走を続けてきた蓄積疲労が出てきてしまうと
このままスランプが続いてしまう可能性も考えられます。

 

アドリエッテ

3歳時はチューリップ賞2着の実績があるアンドリエッテ

長い期間条件でくすぶっていましたが、
持っている能力は重賞で通用するのは3歳時の成績からも実証済み

ただ、ディープインパクト産駒らしく道中で脚を溜めての
末脚勝負で力を発揮するタイプなので
スタミナ勝負となりやすい愛知杯は適性の薄い舞台でのレースだと言えます。

 

サンタフェチーフ

2018愛知杯のメンバーで最も勢いがあるサンタフェチーフ

前走のオリオンステークスは半年以上の休み明けでありながら
しっかりと2着を確保して、充実振りをアピールしました。

ただ、好走した近4走を見てみると全て2200m以上の長距離戦でした。
スタミナが必要な中京の2000mなら適応してくる可能性はあるものの
本質的には距離が短く、その点をどう克服するのかはポイントとなります。

 

エテルナミノル

3走前の八坂ステークスでは準オープンながら
強いメンバーを相手にぶっちぎりの勝利を収めたエテルナミノル

前走のターコイズステークスは5着ながら0.1秒差と
牝馬限定重賞なら通用する能力を持っている馬ですが
エンパイアメーカー産駒と言うことで、少し時計のかかる馬場の方が合うタイプなので
開幕週となる愛知杯でのレースに対応出来るのかどうかは不安要素です。

 

ゲッカコウ

前走のディセンバーステークスではグレーターロンドン
を押さえて2着に入ったゲッカコウ

昨年から徐々に力をつけてきており
重賞でも好走出来るまでの力を付けてきました。

ただ、ゲッカコウの得意とする戦法は機動力を活かした立ち回り勝負。
カーブのきつい中京競馬場にどこまで対応出来るかは未知数で
愛知杯とは相性が良くない可能性があります。

 

以上です。

 

まとめ

今年は昨年1着に入ったマキシマムドパリ
3着に入ったクイーンズミラーグロと実績のある馬が2頭出走しますが
どちらも不安要素を抱えており、波乱の要素を含んでいます。

ハンデ戦と言う事で斤量の軽い馬も多数出走を予定しており
高配当を狙えるレースですね。

 

2018愛知杯で私が注目している馬は
今回の舞台がプラスに働きそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はG2“日経新春杯”

競馬セブンは先週の中山金杯を強気の1点勝負でしっかりと的中!!

昨年上位入線を果たした馬に注目が集まりますが、競馬セブンでは

「先々を考えればメンバーレベルの低いココが賞金加算の絶好のチャンス。
ただマークされるのはゴメンだからコッソリ勝負して」

という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの日経新春杯馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。