【阪急杯2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【阪急杯2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは阪急杯2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

阪急杯は1400mのレースながら高松宮記念の重要なステップレースとなっています。


(写真は2017阪急杯 トーキングドラム)

昨年は圧倒的な人気に推されたシュウジがまさかの惨敗となり
7番人気トーキングドラムが1着、4番人気ヒルノデイバローが2着
12番人気のナガラオリオンが3着と大波乱となりました。

GI前のステップレースなので、有力馬は目一杯仕上げてこず
馬券的には難しいレースとなりそうですね。

そんな阪急杯にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

レッドファルクス 2.7倍
モズアスコット ルメール 3.3倍
ダイアナヘイロー 7.9倍
ヒルノデイバロー 9.8倍
カラクレナイ 10.2倍
ペイシャフェリシタ 10.7倍
ディバインコード 13.1倍
ムーンクレスト 15.6倍
シュウジ 20.5倍
ニシノラッシュ 22.4倍
タイムトリップ 27.8倍
アポロノシンザン 30.3倍
モーニン 32.6倍
ミッキーラブソング 40.1倍
コスモドーム 48.0倍
マイネルバールマン 103倍
ユキノアイオロス 145倍
コロマンデル 189倍
ソルヴェイグ(出走回避)
ダンスディレクター(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

前走で連勝が止まった モズアスコット

前走の阪神カップでは連勝が止まってしまったモズアスコット

結果は4着に敗れましたが、初めての重賞しかもG2で
1番人気に支持されているように4連勝の内容は秀逸で
重賞を勝てる能力を持っているのは明らかです。

重賞の舞台にも慣れた事で、もうワンランク上のパフォーマンスを期待出来ます。

初重賞を目論む ヒルノデイバロー

前走の京阪杯では人気を裏切って10着と大敗したヒルノデイバロー

重賞勝ちこそないもののスワンステークス、2017阪急杯と
重賞で2度の2着がある実力馬です。

今回の阪急杯は前走惨敗に加えて、間隔をあけての競馬という事で
ヒルノデイバローの持っている能力を全て出してくれそうです。

フェブラリーステークスを諦めた モーニン

フェブラリーステークス勝ちの経験があるモーニンですが
2018年はダートレースを諦めて芝の重賞である阪急杯に参戦してきました。

まったく人気のなかった前走の阪神カップでは
13番人気の低評価を覆す6着

芝でもやれる能力を示した後であるだけに
今回の阪急杯は期待が出来そうです。

前走で復活気配を見せた ダンスディレクター

前走の阪神カップでは2着と久しぶりに結果を残したダンスディレクター

年齢を重ねて徐々に気性が穏やかになってきた分
凄まじいばかりの末脚をは見られなくなりましたが
その分、確実に安定した末脚を発揮できるようになりました。

阪急杯は1400mで行われるレースなので
ダンスディレクターにとっては走りやすい条件なので
GIに向けて良いレースをしたいところです。
(出走回避)

GIに向けて良いレースをしたい ソルヴェイグ

前走の京阪杯では1番人気を裏切って9着に敗れてしまったソルヴェイグ

スプリンターズステークス3着の実績を持つソルヴェイグにとって
前走は想定外の敗戦でしたが、2走前、3走前はしっかりと成績を残しており
まだまだ見限れません。

高松宮記念を勝利するために、ここで無様な競馬は見せられません。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ阪急杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック