【阪急杯2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【阪急杯2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは阪急杯2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

阪急杯は1400mのレースながら高松宮記念の重要なステップレースとなっています。


(写真は2017阪急杯 トーキングドラム)

昨年は圧倒的な人気に推されたシュウジがまさかの惨敗となり
7番人気トーキングドラムが1着、4番人気ヒルノデイバローが2着
12番人気のナガラオリオンが3着と大波乱となりました。

GI前のステップレースなので、有力馬は目一杯仕上げてこず
馬券的には難しいレースとなりそうですね。

そんな阪急杯にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ダンスディレクター 4.2倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

前走で復活気配を見せた ダンスディレクター

前走の阪神カップでは2着と久しぶりに結果を残したダンスディレクター

年齢を重ねて徐々に気性が穏やかになってきた分
凄まじいばかりの末脚をは見られなくなりましたが
その分、確実に安定した末脚を発揮できるようになりました。

阪急杯は1400mで行われるレースなので
ダンスディレクターにとっては走りやすい条件なので
GIに向けて良いレースをしたいところです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ阪急杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。