中山金杯2018枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2018中山金杯の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた中山金杯での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ、2018年の競馬が始まりますね。

今年はいきなりの3日間開催という事で
ブロガーの私にとってはなかなかのハードスケジュールとなりますが
スタートダッシュを決めるにしても、スタートで失速するにしても
重要な週になりそうですね。

プロ野球でも陸上でもなんでもそうですが
基本的にスタートダッシュを決めた方が
圧倒的に勝率は高くなります。

ですので、2018年の初日となる中山金杯、京都金杯は
今年の収支を占う上で重要なレースとなりそうです。

と自分にこれ以上ないプレッシャーをかけたところで
2018中山金杯の話をしていきます。

 

中山金杯の枠順が確定しました。

今年は明け4歳であるセダブリランテス、ダイワキャグニー、ウインブライトが
主力となりそうなメンバー構成で、世代交代を象徴するレースになりそうですね。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず中山金杯(中山芝2000m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が有利のレース

・重い斤量を背負った馬が活躍するパワーよりのレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

ちなみに今回枠順が発表されましたが、
中山金杯はデータからは枠順の有利不利がありません。

ただ、先行馬が有利というデータがありますので
その点を踏まえて各馬の枠順評価をしていきたいと思います。

 

3枠6番 セダブリランテス

前走はアルゼンチン共和国杯に出走して3着。
デビューからの連勝記録は3で止まってしまいましたが
初の2000mを超えるレース、初の古馬混合重賞という事を考えれば
上々の競馬だったと言えます。

先行してからの押し切りを得意としている馬ですが
今回は500mの距離延長となるレースになりますので
今まで通りに先行できるかどうかという点が焦点となります。

枠順としては文句のない枠順に入れたので、
セダブリランテスの実力をフルに発揮出来そうですね。

 

5枠9番 ダイワキャグニー

前走のキャピタルステークスで先行押し切りで勝っているように
ダイワキャグニーも先行策の取れる馬で
5枠9番という真ん中の枠順を引けたことはマイナスとはなりません。

デビューしてから7回レースを使っていますが
そのうち6回は東京競馬場でのレース。

そして、唯一中山でレースをした弥生賞は2番人気で9着と惨敗
枠順の有利不利よりも馬場の適性が問題になりそうです。

 

1枠1番 ウインブライト

福島記念を勝利したウインブライトは1枠1番に入りました。

枠順としては極端な枠ですが、福島記念でも内枠でロスなく競馬を進めており
ステイゴールド産駒も馬群を苦にしない馬が多いので
枠順としてはそれほど悪い枠ではありません。

ただ、最内枠に入ったことで前で競馬しないと
不利を受ける可能性が高くなってしまったので
おそらく好位で競馬をする形になるでしょう。

セダブリランテスやダイワキャグニーといった馬に
マークされる形になってしまうと苦しい面は出てきそうです。

 

1枠2番 レアリスタ

前走のキャピタルステークスでは3着に入り
オープンクラスでも走れる事を証明したレアリスタは1枠2番に入りました。

これは正直悪い枠順だと言えます。

レアリスタはデビューから一貫して広くのびのびと走れるコースを選択してきました。

それゆえに直線の短い中山コースは課題があるのですが
今回は思いっきり馬群に入ってしまう2番枠

馬群を割って伸びてくるタイプの馬ではなく
外に出すタイミングや押し上げるタイミングなど
難しい判断を強いられるのは間違いなく、厳しい枠に入ってしまいましたね。

 

4枠7番 ブラックバゴ

前走のアンドロメダステークスで完勝して再び重賞に戻ってきた
ブラックバゴは4枠7番という枠に入りましたが
もう少し外目の枠でも良かったかな、という印象です。

前走のアンドロメダステークスでも3走前の五稜郭ステークスでも
外目を捲ってグルリ、というような競馬をしたので
中山金杯でも同じような競馬になる可能性が高いブラックバゴにとって
もう少し外目の枠の方がレースはしやすかったと言えます。

 

3枠5番 デニムアンドルビー

前走のチャレンジカップでは久々に馬券圏内に入った
デニムアンドルビーは3枠5番に入りましたが
この枠順はそれほど良いとは言えません。

最後方に近いポジションから徐々に押し上げて
直線に賭けるタイプの馬なので、枠順はそれほど関係ありませんが
今回の5番枠では前のポジションは取りづらく
最後方からの競馬になる可能性が高く、展開次第というレースになりそうです。

 

7枠13番 ジョルジュサンク

前々走の福島記念は直前で競走除外となり
前走のチャレンジカップではその影響もあってか11着と大敗した
ジョルジュサンクは7枠13番に入りました。

この枠順は悪くない枠順だと言えます。

3走前の西宮ステークスでは逃げましたが
本来のジョルジュサンクの戦法は先行押し切り

ヴィクトワールピサ産駒でスピードよりもパワーが勝ったタイプで
勝負どころで反応が劣っても勝負できる外枠は歓迎です。

あとはチャレンジカップ大敗から状態を立て直せたかどうか
が焦点となりそうですね。

 

展開予想のポイント

展開のポイントは有力馬のポジショニングです。

マイネルミラノが逃げそうなメンバー構成ですが
セダブリランテス、ウインブライト、ダイワキャグニーと
人気になりそうな馬達は全て先行脚質。

勝つ確率の高い馬が前に行く訳ですから
当然、前に負担のかかる展開になる可能性が高くなります。

この前にかかる比重をジョッキーがどのように判断するのか
特にデニムアンドルビーの川田騎手、ブラックバゴの岩田騎手、レアリスタの石橋騎手が
どのあたり動き出していくかが結果を大きく左右しそうです。

昨年猛威を振るった外国人騎手の参戦が0のレース。

鞍上の乗り方で結果は変わってきそうですね。

 

まとめ

2017中山金杯で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠6番 セダブリランテス

7枠13番 ジョルジュサンク

今回はこの2頭を挙げたいと思いますが

人気に支持されそうな馬が揃って先行馬
穴馬を狙うとしたら差し馬でしょうか。

このあたりの展開にもこだわって予想をしたいですね。

 

私が2017中山金杯で注目している馬は
コース実績が抜群で今回ここを狙ってきているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は年末のホープフルステークスで
自信の「◎タイムフライヤー」から3連単5万馬券をズバリ!

年始一発目の重賞“中山金杯”

チェックメイトでは、デビュー当初から『G1を勝てる馬』と言われながら
ワケアリでココまでくすぶっている馬に注目。

関係者の話によると、その馬は

「いよいよ中山金杯で覚醒」

という話題で持ち切りとのこと。

果たして覚醒する馬はどの馬か?

今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には先着100名様に無料で教えます

そして、中山金杯の3連単の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━