【小倉大賞典2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【小倉大賞典2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは小倉大賞典2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

小倉大賞典はフェブラリーステークスと同日に行われる裏重賞レースです。


(写真は2017小倉大賞典 マルターズアポジー)

小倉で行われる中距離の重賞は小倉大賞典と小倉記念のみ

小回りで平坦というローカル競馬場特有の重賞なだけに
持っている能力よりも、小回りを上手く捌ける器用さがものを言うレース。

今年も小倉巧者と言える馬が多数出走してきそうです。

そんな小倉大賞典にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ウインガナドル 3.9倍
ダノンメジャー 4.4倍
スズカデヴィアス 5.2倍
ストレンジクォーク 6.0倍
ダッシングブレイズ 8.4倍
トリオンフ 8.7倍
サトノアリシア 10.4倍
トラスト 11.6倍
サトノスティング 16.0倍
クラリティスカイ 18.9倍
ヒットザターゲット 22.8倍
ヤマカツライデン 25.5倍
クインズミラーグロ 31.6倍
マサハヤドリーム 33.4倍
タイセイサミット 36.4倍
ヒラボクプリンス 40.1倍
ケイティプライド 47.8倍
ハッピーユニバンス 51.5倍
ウインブライト(出走回避)
サンマルティン(出走回避)
ステイインシアトル(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

京都金杯で粘り強い競馬を見せた ダノンメジャー

オープン特別では何度も勝利経験があるダノンメジャーですが
重賞では何度も壁に跳ね返されて結果を出せていません。

しかし、昨秋のスワンステークスでは5着に入り
前走の京都金杯では前に厳しい流れになりつつも
4着に粘る強い競馬を見せました。

重賞に慣れてきたダノンメジャーにとって
今回の小倉大賞典は初重賞戴冠の絶好のチャンスです。

まだ底を見せていない サトノアリシア

前走の逆瀬川ステークスで勝利してオープン入りを果たしたサトノアリシア

2歳時にはアルテミスステークス5着、阪神ジュベナイルフィリーズ7着と
重賞に入ってもしっかりと走っていた地力がやっと開花

成績こそ不安定ですが、走りの内容からはまだ底を見せておらず
今回の小倉大賞典で大仕事をしても全く驚けません。

久々の競馬となる ダッシングブレイズ

エプソムカップで悲願の初重賞制覇を果たしたダッシングブレイズは
今回半年ぶりに小倉大賞典に出走してきます。

小回りコースでどこまで対応出来るのか?
久々の競馬で動けるのか?

と課題は多いですが、持っている能力は高く
力さえ出せれば、久々でも好走出来そうです。

逃げて持ち味を見せる ウインガナドル

前走の菊花賞こそ不良馬場で大敗してしまったウインガナドルですが
昨年は新潟記念、ラジオNIKKEI賞と好走しました。

今回は良馬場で競馬が出来そうなので、
持ち味である逃げを打てれば、粘り強いレースが出来そうです。

小倉の重賞で2着のある サンマルティン

前走の福島記念では1番人気に推されながら14着と大敗してしまった
サンマルティンですが、2走前の小倉記念では2着と好走した実績があります。

前走こそ大きく崩れましたが、それまでのレースは安定した結果を残しており
地力面を考えれば、今回のメンバーでも上位の存在です。

今回の小倉大賞典へは間隔を空けての出走となるので
体調面は整っている事が期待でき、ここはサンマルティンの走りを見せられそうです。
(出走回避)

中山記念と両にらみの ウインブライト

前走の中山金杯ではセダブリランテスにこそ負けたものの
しっかりと2着を確保したウインブライト

2走前の福島記念も好位から好走しており
ここにきてスプリングステークス勝ち馬が完全に覚醒

今回は中山記念と両にらみなので出走するかは分かりませんが
出走してきたらまず無視の出来ない存在となります。
(出走回避)

鳴尾記念勝ち馬の ステイインシアトル

2走前の鳴尾記念では鮮やかな逃げ切り勝ちを収めたステイインシアトルですが
前走の函館記念では2番人気で15着と惨敗してしまいました。

ステイインシアトルは逃げ馬なので、どうしても展開に左右される面はありますが
鳴尾記念ではスマートレイアーを抑えての勝利という事で
ツボにハマれば、完勝出来る力は持っている馬です。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ小倉大賞典の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。