【フェブラリーステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【フェブラリーステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではフェブラリーステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

フェブラリーステークスは毎年一番初めの行われるGIレースです。


(写真は2017フェブラリーステークス ゴールドドリーム)

JRAに2つしかないダートのGIレースなだけあって
毎年その年のトップホースが集結するレースになっています。

東京ダート1600mという実力勝負の舞台で
トップホースが争う姿は迫力満点ですね。

そんなフェブラリーステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ゴールドドリーム 2.8倍
テイエムジンソク 3.1倍
ノンコノユメ 7.3倍
サンライズノヴァ 7.7倍
ケイティブレイブ 7.7倍
アウォーディー 8.9倍
カフジテイク 10.6倍
インカンテーション 13.0倍
サウンドトゥルー 13.3倍
ベストウォーリア 15.8倍
キングズガード 17.3倍
コスモカナディアン 19.0倍
ロンドンタウン 19.1倍
レッツゴードンキ 20.5倍
モルトベーネ 29.8倍
ララベル 32.5倍
ニシケンモノノフ 35.2倍
アスカノロマン 38.9倍
ヒデノインペリアル 49.7倍
ノボバカラ 86.0倍
サイタスリーレッド 125倍
コパノチャーリー 137倍
メイショウスミトモ 142倍
モンドクラッセ 143倍
ディサイファ(出走回避)
オールマンリバー(出走回避)
クインズサターン(出走回避)
ヒロブレイブ(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

2017年のダート界を制圧した ゴールドドリーム

前走のチャンピオンズカップでは目の覚めるような末脚で勝利して
フェブラリーステークスと合わせてダートGIを連勝したゴールドドリーム

ドバイワールドカップで惨敗した後に
帝王賞、南部杯共に惨敗した事から
既に終わっているという声もあったゴールドドリームですが
調子を戻して本来の実力を発揮しました。

2017年のダート王者として参戦する今回は
チャンピオンとして無様な競馬は見せられません。

昨年最大の上がり馬 テイエムジンソク

チャンピオンズカップではコパノリッキーを交わしたものの
最後ゴールドドリームに差されて2着に敗れたテイエムジンソク

昨年の夏に一気の連勝劇を見せたテイエムジンソクは
走りのインパクトも素晴らしく、その能力は現役でもトップクラスです。
前走の東海ステークスも完勝でした。

今年は是が非でもGIを獲りたいテイエムジンソクにとって
今回のフェブラリーステークスは最大のチャンスとなりそうです。

根岸ステークス2着の サンライズノヴァ

前走の根岸ステークスではノンコノユメに屈したものの
僅差の競馬を繰り広げたサンライズノヴァ

期成勢力が上位を占めるダート界において
成長力が著しい4歳馬であるサンライズノヴァの存在は脅威です。

勢いのままGI制覇をいきたいですね。

東京大賞典で3着になった ケイティブレイブ

前走の東京大賞典では1番人気を裏切って3着に敗れたケイティブレイブですが
昨年は帝王賞1着以降、トップレベルのレースに出走し続けながら
安定した成績を残してきました。

勝ち味の遅さはあるものの安定感は抜群で
フェブラリーステークスでもきっちりと結果を残してくれそうです。

韓国でGIを制覇した ロンドンタウン

昨年は韓国で行われたコリアカップで圧勝して
GI馬の仲間入りを果たしたロンドンタウンですが
チャンピオンズカップ、東京大賞典と惨敗して人気を落としたロンドンタウン

昨年のエルムステークスではテイエムジンソクに勝利するなど
能力を示しているだけに状態面や展開などが向けば
強敵相手でも互角以上にやれそうな馬です。

条件戦で安定した走りを続けた オールマンリバー

1600万条件では常に人気に支持されて
安定した走りを見せていたオールマンリバー

初めての重賞挑戦となった東海ステークスでは惨敗しており
フェブラリーステークスは厳しい戦いにはなりそうですが、
今まで目一杯走った競馬がないだけに
まだまだ奥が深そうなオールマンリバーなら
GI初挑戦でまさかの激走という事もあり得ます。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだフェブラリーステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。