【京都牝馬ステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【京都牝馬ステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは京都牝馬ステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

京都牝馬ステークスは京都競馬場芝1400mで行わるレースです。


(写真は2017京都牝馬ステークス レッツゴードンキ)

2015年までは1600mで行われていた京都牝馬ステークスですが、
2016年から1400mへと距離が短縮されてレースが行われています。

昨年の勝ち馬はレッツゴードンキ、2着はワンスインナムーン
2016年の勝ち馬はクイーンズリングと
GIで結果を残してきている馬が馬券に絡んでおり
今年の出走馬、そして馬券に絡んでくる馬には大注目です。

そんな京都牝馬ステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ミスパンテール 2.8倍
ソルヴェイグ 4.0倍
ワンスインナムーン 5.4倍
デアレガーロ 8.7倍
エンジェルフェイス 9.8倍
オーヴィレール 13.7倍
ヴゼットジョリー 15.2倍
ミスエルテ 16.4倍
エスティタート 20.1倍
サザナミ 22.2倍
アットザシーサイド 23.5倍
アリンナ 27.8倍
タマモブリリアン 42.1倍
ダイアナヘイロー(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

連勝中と勢い十分の ミスパンテール

前走のターコイズステークスでは狭いところをこじ開けて
見事に重賞初勝利を飾ったミスパンテール

昨年春に出走したチューリップ賞では長期休み明けにも関わらず
リスグラシューを交わして2着に入るなど素質の片鱗を見せていましたが
クラシックでは不調に終わったため、能力を疑われていましたが
ここにきて連勝で重賞制覇。

本格化した今年はGI獲りに向けて無様なレースは見せられないところです。

香港で惨敗した ワンスインナムーン

前走の香港スプリントでは強豪相手に歯が立たず
惨敗してしまったワンスインナムーン

さすがに海外の強豪相手には通用しませんでしたが
昨年のスプリンターズステークスでは3着に食い込んでおり
国内のスプリンター相手ならトップクラスの馬です。

逃げ馬なだけに自分のペースで走れれば力を出せるので、展開に注目ですね。

GI級の実力馬 ソルヴェイグ

前走の京阪杯は1番人気で負けてしまったソルヴェイグですが
重賞2勝の実力馬であり、今回のメンバーでは格上の存在である事は明白です。

高松宮記念、ヴィクトリアマイルと戦う為には
今回の京都牝馬ステークスで無様な競馬は出来ません。

好走と凡走の差が激しい デアレガーロ

前走の市川ステークスでは後方から豪快に差し切って
勝利を収めたデアレガーロ

好走と凡走の差が激しいタイプで勝つ時は突き抜ける馬ですが
負ける時はコロッと負けてしまう精神的に弱い馬なので
楽にレースが出来る外目の枠を引きたいところです。

復活の兆しを見せたい ダイアナヘイロー

前走のシルクロードステークスでは1番人気に推されながら
16着と大敗を喫してしまったダイアナヘイロー

昨年の春から夏にかけては4連勝を飾ったダイアナヘイローですが
完全に勢いを失ってしまった形での敗戦でした。

実力だけみれば、今回のメンツには見劣りしないので
どれだけ調子が戻ってくるかが焦点となります。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ京都牝馬ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック