武豊騎手の好騎乗に導かれベルカント完勝!フィリーズレビュー回顧

Pocket

先週行われた重賞フィリーズレビューはベルカントが勝利しました。

豊富なスピードを持ちながら激しい気性が同居している
この馬を内枠できっちりと我慢させて、直線抜け出したあたり
さすがに武豊という印象を受けました。

ただ、そのスピードと気性から距離が200m延びるのは
歓迎しない事は間違いありません。
今回の結果をもって桜花賞は人気になるでしょうが
極めて不安定な存在である事は間違いありません。

2着ニホンピロアンバー、3着エスメラルディーナは
展開に恵まれたといえるでしょう。

全体的に前残りのレースでしたからね。

期待したアドマイヤビジンは惜しい4着でした。
外々を回って押し上げた分、最後はお釣りがなくなりましたが
今回のレースで一番強い競馬をした事は間違いありません。

桜花賞でハープスターのヒモとして買うなら
狙い目は十分でしょう。
オススメの馬です。

ホウライアキコは結果5着でしたが内容の薄い競馬でした。
桜花賞は切りでいいでしょう。

中山競馬場で行われた中山牝馬ステークスはフーラブライドが勝利

直線きっちり伸びたあたりは地力強化が見て取れます。
中京でも京都でも中山でも好走するあたりは
走りのインパクト以上に評価をしていいでしょうが
GIに向けて過度な期待は禁物でしょう。

2着同着となったキャトルフィーユは
前が潰れた中では頑張ったと言えますが
キャトルフィーユの方は切れ味がないので
東京コースは不向きでしょう。

4着アロマティコは底力では、今回のメンバーでナンバー1でしょう。
ただ、力の出し所の難しい馬ですね。
外国人騎手が騎乗すれば、大舞台でもあっと言わせる可能性があります。

期待したノーブルジュエリーは終始小牧騎手と噛み合いませんでしたね。
最後の脚を見るときっちり折り合っていれば
普通に勝っていたと思うので残念です。

狙いがきっちりと定まっているので結果もついてくるでしょう。

土曜日に行われた中日新聞杯も少しだけ触れておきましょう。

1着マーティンボロはスムーズな競馬だった事を差し引いても
クラスアップした今回これだけ好走出来れば
もう少し上が見えそうです。

2着ラキシスも好騎乗でしたが、牝馬限定戦なら
上位の力を持っている事が改めてわかりました。

3着ラブリーデイは切れる脚がないので
最後競り負けましたが、中京コースは合いますね。

勝負が終わってから差してきたユールシンギングは
メンバー中唯一の33秒台で上がってきたので
今後注目していきたいですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。