【日経新春杯2018】過去10年のデータ分析|内枠有利の総合力勝負!

Pocket

日経新春杯2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
日経新春杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

1月7日にB‘zのライブに行ってきました!!

久しぶりのLIVEGYMへの参戦でしたが
いやはや圧巻のパフォーマンスでした。

私が子供のころから一線級で活躍しているアーティストなので
素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるのが当たり前のように感じていますが
ヴォーカルの稲葉さんは53歳、ギターの松本さんに至っては56歳と
気づけばかなりの高齢バンドです。

50歳をゆうに超えた人間にこれだけのパフォーマンスが出来るの?

と驚きを隠さずにはいられませんが
逆に言えば、私が50歳を超えてもあれだけのパフォーマンスを見せられるという事ですからね。

生きている限りはずっと現役でいたいですよね~

ビジネスマンとしても、人間としても、男としても…

素晴らしい目標があるので、私も頑張っていこうと思います。

 

 

さて、今週は日経新春杯が行われます。


(2017日経新春杯 ミッキーロケット)

京都芝2400mという王道のコースで行われる重賞ですが
ハンデ戦という事もあり、昨年のシャケトラのように
条件戦から挑んでくる馬も多いレースとなっています。

ハンデ戦、そして天皇賞春まで期間が空いているだけに
GIで人気を背負う馬は出走しづらい条件でのレースという事で
馬券考察の方も難しいとなっていますが、日経新春杯を的中すべく
過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

日経新春杯出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

日経新春杯2018に出走を予定しているメンバーの全頭評価(動画含む)は
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

日経新春杯2018全頭評価はコチラ

 

日経新春杯過去10年のデータ分析

内枠が圧倒的に有利、外差しが決まりづらい舞台

まず、最初に注目したのは日経新春杯の枠順別成績です。

表を見てみると綺麗に1~4枠が好成績を残しており
5~8枠の成績が冴えない事が分かります。

冬の京都開催は京都金杯やシンザン記念などにも言えることですが
内が止まらない馬場になっており、外差しはほとんど決まりません。

それゆえに内目の枠で脚を溜めて、直線でも内を抜けてくるような馬が
活躍しており、直線で外に出されやすい外枠の馬は苦戦しています。

冬の京都開催は内枠が圧倒的に有利だという事は抑えておきたいですね。

 

スピード勝負が出来る舞台で牝馬でも活躍が可能!

次に日経新春杯での種牡馬別の成績を見てみましょう。

1位はキングカメハメハ、2位はディープインパクト、3位はハーツクライ
とリーディングサイアーの上位の馬が日経新春杯で上位を取っている事が分かります。

京都芝2400mというコースは総合力を問われる舞台ではありますが
直線が平坦な事や前が止まらない馬場になっていることもあり
スピード能力に長けた馬がやや優勢となっています。

日経新春杯の適性としては、

「総合力があり、スピード能力も高い馬」

を選んでいく事が的中への一歩ですね。

 

ちなみに日経新春杯での牝馬の成績を見てみると

複勝率40%、単複の回収率も140%を超えており大活躍している事が分かります。

牝馬が活躍しているという事実からもスピード能力の高い馬が
日経新春杯では走っているという事が分かりますね。

 

内が残る馬場でも、脚を溜めて末脚を使える馬が強いレース

最後に日経新春杯の脚質を見てみましょう。
以下は日経新春杯における4コーナーでの順位別の成績です。

逃げ・番手で競馬をした馬の成績が悪く
追い込みポジションからの競馬をした馬の成績も悪い事が分かります。

根幹距離である京都芝2400mでは日本競馬の軸となっている
道中で脚を溜めて、直線で末脚を爆発させるというタイプの馬が
活躍できるコースになっています。

それだけに逃げ・番手で競馬をした馬は最後の直線で差されてしまい成績が悪くなります。

また、先ほどの枠順のところで話したように
この時期の京都は内が伸びる馬場で外差しが利かないだけに
後方から外を回して直線勝負を挑む馬も成績が振るいません。

ある程度好位で脚を溜められる馬を狙いたいですね。

 

ちなみに日経新春杯における上がり3ハロン順位別の成績も見てみましょう。

上がり3ハロン1位の馬こそ安定した成績を誇っていますが
2位だった馬の成績は振るいません。

外差しをした馬が思うような成績を残せていない証拠ですね。

日経新春杯では極端な競馬をする馬は避けたいですね。

 

以上が2018日経新春杯を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

日経新春杯は冬の京都開催で行われるレースなので
内枠が圧倒的に有利な条件で行われます。

枠順を前提に考えながら、鋭い末脚を持っている
総合力の高い馬を選んでいく事が馬券的中への近道となりそうですね。

私が日経新春杯で注目しているのは
今回の舞台で持っている力を発揮してくれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はG2“日経新春杯”

競馬セブンは先週の中山金杯を強気の1点勝負でしっかりと的中!!

昨年上位入線を果たした馬に注目が集まりますが、競馬セブンでは

「先々を考えればメンバーレベルの低いココが賞金加算の絶好のチャンス。
ただマークされるのはゴメンだからコッソリ勝負して」

という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの日経新春杯馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。