【フェアリーステークス2018予想】サヤカチャンは信用できる?有力馬の危険度分析

Pocket

ここではフェアリーステークス2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

1番人気が予想されるサヤカチャンの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

あまり知られていないかもしれませんが
「殺し屋1(イチ)」という漫画が好きです。

タイトルの通り「殺し屋」が主役で
殺し屋とヤクザの抗争を描いた作品なのですが
この漫画はかなりの傑作(問題作)です。

特徴は「とにかくエグイ」、そして「とにかくグロい」
よくもまぁここまで突き抜けた作品を作れたなぁという感じです。

もっと詳細な感想についてはブログの方で
とことんまでに語っているので、
「グロイ漫画大好き!」という人は是非見てみてください。

漫画「殺し屋1(イチ)」の人智を超えた世界観を語る

 

さて、今週はフェアリーステークスが行われます。


(2017年フェアリーステークス ライジングリーズン)

昨年は10番人気のライジングリーズンがまさかの大まくりで勝ったように
どの馬がくるのか全く予想がつかない難解なレースです。

それだけに有力各馬がどんな特徴・適性を持っているのか
知っておきたいところだと思います。

そこでここではフェアリーステークスに出走を予定している
有力馬の戦力分析を行っていますので、予想の参考にしてください。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

フェアリーステークスの過去10年からみたデータ分析

ちなみにフェアリーステークスの過去10年からみた
データ分析を見たい方は以下をクリックして下さい。

フェアリーステークス過去10年からみたデータ分析

 

フェアリーステークスの有力馬の危険要因と買い要素

サヤカチャン

アルテミスステークスでは2着に入ったサヤカチャンですが
阪神ジュベナイルフィリーズでは14着と大敗しました。

父リーチザクラウン同様に思い切って逃げた方が持ち味を発揮できる馬ですが
重賞での実績から今回は目標のされそうな分
逃げの破壊力が薄まってしまいそうな点がマイナス要素です。

 

テトラドラクマ

父ルーラーシップ、母父ファルブラヴという事で
冬の中山馬場をこなせそうな血統配当のテトラドラクマ

前走は5馬身差の圧勝を収めている事から
未勝利勝ちからの一気の重賞制覇が期待されますが
新馬戦では小回りの福島コースで9着と惨敗

中山の適性がどれくらいなのかは未知数で全幅の信頼は置きづらい馬です。

 

トロワゼトワル

新種牡馬ロードカナロア産駒のトロワゼトワル

前走のアルテミスステークスでは4着と敗れましたが
前残りの決着のなったレースを4コーナー7番手から差してきた内容は評価できます。

ただ、1200mで強さを見せたロードカナロアの子供が
スタミナの要求されるタフな中山マイル戦で
前走の同じようなパフォーマンスを見せられるかは疑問
フェアリーステークスは試金石の一戦となりそうです。

 

プリモシーン

ディープインパクト産駒のプリモシーン
前走の未勝利戦は単勝1.3倍の圧倒的な支持をうけて勝利

前残りの流れをただ1頭差して勝利を収めた内容は
いかにもディープインパクト産駒という感じのレースでしたが
それだけにフェアリーステークスの舞台である中山芝マイル戦への適性が気になります。

新馬戦はフェアリーステークスと同条件のレースで
トーセンブレスに完敗しているだけに能力だけで評価はしづらいですね。

 

スカーレットカラー

キャリア4戦を経験して安定した走りを見せているスカーレットカラー

前走の白菊賞は阪神ジュベナイルフィリーズ2着のリリーノーブルに負けてのもので
内容としては十分に走っている事や
ヴィクトワールピサ産駒でパワー勝負が出来るタイプの馬
であることを踏まえれば、今回は期待が出来る存在です。

ただ、アルテミスステークスではサヤカチャンやトロワゼトワルに先着を許していおり
能力面での比較となるとやや苦しさを見せますね。

 

ライレローズ

ディープブリランテ産駒のライレローズ

まだキャリアは2戦ですが、前走の未勝利戦では単勝1.5倍の断然人気に応えて完勝
その能力は既にオープンクラスであると言えます。
パワー適性の高いディープブリランテ産駒なら
フェアリーステークスの舞台でも戦えそうですが
今回は同型馬も多く、展開が向かなければ良いパフォーマンスを見せられない可能性があります。

 

以上です。

 

まとめ

今年は1番人気が予想されるサヤカチャンに安定感はなく
人気になりそうな各馬はまだキャリアが浅い馬が多いという状況で
例年の傾向通り、波乱含みのレースとなりそうです。

前走惨敗した馬が数多く馬券に絡んでいるフェアリーステークスなので
過去の実績を過信せずに適性の高い馬を選んでいきたいですね。

 

2018フェアリーステークスで私が注目している馬は
とにかく中山芝マイルの適性が高そうなあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は年末のホープフルステークスで
自信の「◎タイムフライヤー」から3連単5万馬券をズバリ!

年始一発目の重賞“中山金杯”

チェックメイトでは、デビュー当初から『G1を勝てる馬』と言われながら
ワケアリでココまでくすぶっている馬に注目。

関係者の話によると、その馬は

「いよいよ中山金杯で覚醒」

という話題で持ち切りとのこと。

果たして覚醒する馬はどの馬か?

今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には先着100名様に無料で教えます

そして、中山金杯の3連単の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。