【フェアリーステークス2018】過去10年のデータ分析|スピードよりもパワー

Pocket

フェアリーステークス2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
フェアリーステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

年末年始は暴飲暴食が確定しているMOTOです。

思い返してみると私の子供の頃は年末年始はお店が閉まっていました。

ATMとかもやってなくて、年末にお金を下ろしておかないと正月を過ごせない
という今では考えられない謎の現象がありました。

だからこそおせち料理が嫌いだったわけですが、今はいいですよね~

正月でもチェーン店はほとんどやっているし
美味しいものもたくさん手に入れられます。

ちなみに私が年始に実家や友達の家に行く際に
買っていくのが「治一郎のバームクーヘン」です。

このバームクーヘンは正直めっちゃ上手いです!!

特にしっとり系が好きな人はご賞味あれ!

 

さて、今週はフェアリーステークスが行われます。


(2017フェアリーステークス ライジングリーズン)

1月最初の週といえば、中山金杯・京都金杯という両金杯ですが
今年は金杯が土曜日開催なので、フェアリーステークスは日曜日に行われます。

重賞が続いて豪華といえば豪華ですが
かなり影の薄い重賞になってしまうのもまた事実ですね。

そして、中山芝1600mというタフな条件は
3歳牝馬にはかなり厳しい条件で、絶対能力の高さというよりも
タフな条件に耐えうる適性が重賞になってきます。

それだけに予想が難しく、予想し甲斐のあるフェアリーステークスですが
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

フェアリーステークス出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

フェアリーステークス2018に出走を予定しているメンバーの全頭評価(動画含む)は
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

フェアリーステークス2018の全頭評価はココをクリック

 

フェアリーステークス過去10年のデータ分析

差し馬受難のレース、先行馬が圧倒的に有利

まず、最初に注目したのはフェアリーステークスの脚質です。
以下はフェアリーステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーの時点で前にいればいるほど好成績となっています。

4コーナーで3番手以内いた馬の回収率は170%超えと素晴らしい成績を残しているのに対して
4コーナーで7番手以下いた馬の回収率は52%と3分の1程度と
成績が両極端に分かれています。

冒頭でも話しましたが、中山芝1600mはタフな条件なので
この条件を乗り切るにはスピードや瞬発力ではなく
持久力が必要であるという事を表しています。

フェアリーステークスで狙うのは先行馬

という事を覚えておきたいですね。

 

スピードは必要なし!タフな条件を乗り切るパワーが必要!

次にフェアリーステークスでの前走距離別の成績を見てみましょう。

前走から距離短縮で臨んだ馬が複勝率、複勝回収率共にずば抜けた成績を残しています。

中山芝1600mはトリッキーでタフな条件なので
好走するにはスタミナとパワーが必要となります。

それゆえに前走でスタミナを要求される1800m以上を走った馬の方が
スタミナ耐性がついているので、好走しやすくなります。

逆に前走より距離を延ばしてきた馬はスピードが求められるレースを使ってきたので
スタミナ勝負を求められるフェアリーステークスでは厳しい結果になっています。

 

次にフェアリーステークスにおける種牡馬別成績も見てみます。

1位ネオユニヴァース、2位ファルブラヴ、3位ダイワメジャーと
全ての馬がパワーを保持した種牡馬であり
スピード、瞬発力を武器とした馬は活躍していないことが分かります。

血統面でもパワーを保持した馬を中心に判断したいですね。

 

間隔を詰めて競馬する馬には厳しく、余力が求められるレース

最後にフェアリーステークスの間隔別成績を見てみましょう。

3週の間隔(中2週以内)で出走してきた馬の成績が振るいません。

再三、話に出ていますがフェアリーステークスの舞台はタフな舞台なので
前走から間隔を詰めて出走する馬は最後まで体力が持ちません。

しっかりと休みをとって出走してくる馬を狙いたいですね。

 

このデータに前走の着順別成績を見てみます。

前走で6着以下に負けた馬が好成績を残している事が分かります。

前走で好走した馬というのは体力を消費しているという事なので
そういった馬よりも惨敗している馬の方が
フェアリーステークスで体力を発揮できているという事が分かります。

 

以上が2018フェアリーステークスでを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

フェアリーステークスは中山芝1600mというタフな条件で行われるレースなので

パワーとスタミナを持っている馬

消耗度が少なく、余力を残している馬

が活躍するレースである。

ということを覚えておくといいでしょう。

私がフェアリーステークスで注目しているのは
パワーを持っていて、前走惨敗してるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は年末のホープフルステークスで
自信の「◎タイムフライヤー」から3連単5万馬券をズバリ!

年始一発目の重賞“中山金杯”

チェックメイトでは、デビュー当初から『G1を勝てる馬』と言われながら
ワケアリでココまでくすぶっている馬に注目。

関係者の話によると、その馬は

「いよいよ中山金杯で覚醒」

という話題で持ち切りとのこと。

果たして覚醒する馬はどの馬か?

今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には先着100名様に無料で教えます

そして、中山金杯の3連単の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。