【ダイヤモンドステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【ダイヤモンドステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではダイヤモンドステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

ダイヤモンドステークスは東京芝3400mという
特殊条件で行われるレースです。


(写真は2017ダイヤモンドステークス アルバート)

日本で唯一の3400mという距離で行われるレースなので
得意不得意を判断しづらいレースとしても知られていますが
フェイムゲームやアルバートなどリピーターの活躍が目立つレースで
このレースの実績がある馬は無視ができないですね。

そんなダイヤモンドステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

フェイムゲーム 3.4倍
リッジマン 6.2倍
ラブラドライト 9.4倍
プレストウィック 12.0倍
シルクドリーマー 13.3倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

ダイヤモンドステークス2勝の フェイムゲーム

過去にダイヤモンドステークスを連破しているフェイムゲームですが
昨年のダイヤモンドステークスは6着と敗れています。

1着、1着、2着、6着と徐々に成績を落としているので
能力の衰えはないとは言えませんが
前走のステイヤーズステークスでは全盛期を彷彿とさせる走りで2着

徐々に調子を上げており、2018年のダイヤモンドステークスは期待できそうです。

重賞の壁を越えたい プレストウィック 

オープン特別ではいいレースを見せるものの重賞では凡走し続けていた
プレストウィックですが、前走のステイヤーズステークスでは3着と
重賞の壁を超えそうな流れになってきました。

ダイワメジャー産駒のステイヤーということで
異色の経歴を持っている馬ですが
長丁場はもってこいの舞台で悲願の重賞制覇を狙います。

オープンクラスなら勝ち負けできる シルクドリーマー 

近4走でオープン特別2着が2回、重賞で凡走が2回と
明暗がはっきりと分かれた走りをしているシルクドリーマー

安定感はあるもののワンパンチ足りないという欠点を持った馬ですが
このタイプは上位人気馬に破たんが来れば好走できるタイプなので
今回のダイヤモンドステークスでも油断のできない存在となりそうです。

昨年のダイヤモンドS2着馬 ラブラドライト 

昨年のダイヤモンドステークスではアルバートにこそ敗れた者の
カフジプリンスに先着して2着に入ったラブラドライト

長距離では安定した走りを見せていたラブラドライトでしたが
近2走は万葉ステークス8着、丹頂ステークス9着と
まともに走れていません。

9歳馬とあって毎回全力の競馬が出来ない事を考えれば
ダイヤモンドステークスで力を発揮してくる可能性は十分にあります。

前走は格上げ戦で2着に入った リッジマン

まだ準オープンクラスの身でありながら
格上挑戦で出走した万葉ステークスで2着に入ったリッジマン

父スウェプトオーヴァーボードから長距離のイメージはありませんが
現在6戦連続で2500m以上の競馬を使っている長距離馬です。

しかも6戦中4戦は連対を果たしており
近走は抜群の安定感を見せているリッジマンなら
格上馬相手でも互角に戦えそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだダイヤモンドステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。