【クイーンカップ2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【クイーンカップ2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではクイーンカップ2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

クイーンカップは東京芝マイル戦で行われる3歳牝馬限定重賞です。


(写真は2017クイーンカップ アドマイヤミヤビ)

フェアリーステークスが行われる中山のようにトリッキーなコースではなく
総合力を問われる東京という舞台なので
実力馬が集まりやすいレースになっています。

昨年は勝ち馬アドマイヤミヤビ、2着馬アエロリット、4着馬レーヌミノルと
超豪華なメンバーが出走したレースですが
今年はどんな素質馬が出走してくるのか、楽しみですね。

そんなクイーンカップにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

マウレア 3.4倍
オハナ 3.9倍
レッドベルローズ 5.1倍
テトラドラクマ 6.0倍
ソシアルクラブ 7.7倍
ツヅミモン Mデムーロ 8.8倍
ミュージアムヒル 10.1倍
フェニフティ 10.4倍
ライレローズ 12.2倍
ナラトゥリス 13.3倍
アルーシャ 16.2倍
ロフティフレーズ 16.7倍
キャッチミーアップ 18.1倍
シャドウアイランド 19.0倍
セイウンリリシイ 19.6倍
カレンシリエージョ 22.8倍
テンワールドレイナ 36.2倍
ハーレムライン 39.7倍
モデレイト 40.9倍
ファストライフ 41.4倍
アトムアストレア 51.6倍
ハトホル 76.2倍
マルターズルーメン 97.4倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

2連勝中のディープ産駒 オハナ

名前のインパクトが強いオハナですが
実際のレースでも2連勝と走りの内容でもインパクトを残しています。

着差はそれほど広げておらず、馬体も小柄な馬なので
スケール感はそれほど感じませんが、前走は単勝1.6倍という
圧倒的な人気に応えての勝利という事で現時点での完成度が高い馬

ここを完勝するようなら桜花賞が見えてきます。

ブエナビスタの子供 ソシアルクラブ

ブエナビスタの子供という良血を引き継ぐソシアルクラブ

新馬戦こそ豪快な差し切り勝ちを見せましたが
2戦目となった阪神ジュベナイルフィリーズでは
中穴に支持されるも8着と惨敗してしまいました。

馬体も12kg減らしており、調整もうまくいってなかった感があり
今回のクイーンカップは改めて仕切り直しとなる1戦です。
まだ底が割れていないので、ここを勝つようなら一気にクラシック候補に躍り出ます。

藤沢厩舎の期待馬 アルーシャ

関東の重鎮である藤沢厩舎が送る期待馬アルーシャ

初戦は2着に敗れたものの続く未勝利戦では
馬体を10kg増やしての完勝

ルメール騎手を配したディープインパクト産駒ということで
厩舎側の期待値の高さが伺える馬です。
厩舎の期待を背にここからもうワンランク上の走りを見せたいところですね。

フェアリーステークス3着の レッドベルローズ

前走のフェアリーステークスではディープインパクト産駒が苦戦する
中山芝マイル戦という舞台ながら3着に健闘したレッドベルローズ

例年以上に強い相手が集まったフェアリーステークスでしたが
その中で3着に入った地力は評価出来ますし
東京競馬場への舞台替わりはプラス要素なので
クイーンカップで重賞初勝利を飾る可能性を十分に備えた有力馬です。

シンザン記念2着の ツヅミモン

前走のシンザン記念では2着に入ったツヅミモン

勝ったアーモンドアイは別次元の走りだったことを考えると
3着馬カシアスに競り勝った内容は評価出来ます。

ストロングリターン産駒という地味な血統ながら
540kgを超えるパワフルな馬体は
坂のあるコースに替わった方がプラスなのは間違いありません。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだクイーンカップの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。