【共同通信杯2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【共同通信杯2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは共同通信杯2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

共同通信杯は毎年クラシックに直結する重要ステップレースです。


(写真は2017共同通信杯 スワーヴリチャード)

以前は皐月賞で活躍した馬はトライアルレースとして設定されている
弥生賞、スプリングステークスというG2からの臨戦がメインでしたが
近年は共同通信杯から皐月賞に臨む馬が好成績を挙げています。

昨年のスワーヴリチャードこそ皐月賞は6着と負けてしまいましたが
ディーマジェスティ、イスラボニータ、ゴールドシップなど
共同通信杯からクラシックに挑むのが現在のトレンドになっているだけに
今年の共同通信杯もGIを狙う一級の素質を持った馬が集まってきそうです。

そんな共同通信杯にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

グレイル 2.4倍
ステイフーリッシュ 3.8倍
ゴーフォザサミット 6.3倍
カフジバンガード 8.7倍
オウケンムーン 9.6倍
サトノソルタス 10.2倍
フィニフティ 15.4倍
ブラゾンダムール 横山典弘 17.8倍
ブレステイキング 18.9倍
アメリカンワールド 浜中 20.5倍
ジャックローズ 25.0倍
コスモイグナーツ 34.2倍
エイムアンドエンド 39.6倍
モリトウユブ 48.0倍
トッカータ 53.2倍
リュウノユキナ 106.2倍
ヤマノグラップル 236倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

百日草特別勝ち ゴーフォザサミット

前走の百日草特別では、先行して押し切る競馬で完勝したゴーフォザサミット

デビュー戦こそ太め残りでルーカスに完敗したものの
馬対を絞った2戦目からは最後までしっかりとした末脚を見せての完勝

ハーツクライ産駒らしい成長力とスタミナを見せて
共同通信杯では初重賞ゲットを目論みます。

シンザン記念5着の カフジバンガード

前走のシンザン記念では5着に敗れたカフジバンガードですが
シンザン記念は明らかに藤岡康騎手の騎乗ミスでの敗北で
決して力負けした訳ではありません。

カフジバンガードはスピード勝負の舞台よりもスタミナを活かしたい馬なので
共同通信杯の舞台である東京競馬場は
カフジバンガードにとってプラス要素でパフォーマンスを上げてきそうです。

2連勝中の オウケンムーン

未勝利戦、500万条件と現在連勝中のオウケンムーン

父親が菊花賞馬オウケンブルースリという地味な血統ですが
共に1番人気で上がり3ハロン最速という完勝ぶり

中山競馬場からの東京替わりはマイナス要素になりそうですが
ここ2戦の勝ちっぷりからは決して侮れません。

横山典弘が騎乗する ブラゾンダムール

前走の黄菊賞では人気を裏切って10着と大敗したブラゾンダムール

新馬戦では2番手からレースを進めて
上がり3ハロン33秒台の末脚を使っており
ディープインパクト産駒らしい切れ味を持っている馬です。

今回は横山典弘騎手が騎乗という事で新しい持ち味を見せてくる可能性は十分です。

前走で未勝利戦を完勝した アメリカンワールド

前走の未勝利戦では上がり最速の末脚で完勝したアメリカンワールド

未勝利戦を勝ちあがるまでに3戦を要しましたが
どんどんレースの内容を良化させて成長を見せています。

今回は重賞挑戦となり、相手が一気に強くなりますが
浜中騎手が再び騎乗するという事で一発がありそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ共同通信杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。