【東海ステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2018東海ステークス】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは東海ステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

東海ステークスはフェブラリーステークスを狙う馬が集まる
GIへのステップレースです。


(写真は2017東海ステークス グレンツェント)

昨年はグレンツェントが勝利したレースですが
グレンツェントはその後、大不振に襲われてしまいました。

今年の東海ステークスを勝った馬は
その後、どれくらい活躍するのか注目ですね。

そんな東海ステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

テイエムジンソク 1.8倍
ディアデルレイ 6.7倍
アポロケンタッキー 7.2倍
ゴールデンバローズ 8.9倍
オールマンリバー 10.0倍
モルトベーネ 11.6倍
アスカノロマン 13.5倍
ローズプリンスダム 17.2倍
ドラゴンバローズ 20.5
スリータイタン 24.6倍
シャイニービーム 27.8倍
コスモカナディアン 31.9倍
クインズサターン 36.7倍
タガノエスプレッソ 39.6倍
サルサディオーネ 45.0倍
アングライフェン 49.4倍
シンゼンレンジャー 55.6倍
ショウナンアポロン 61.2倍
サンマルデューク 103.2倍
サングラス 128.9倍
ルールソヴァール(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ダート界の頂点を狙う テイエムジンソク

昨年は夏過ぎに力をつけて一躍トップホースの仲間入りを果たした
テイエムジンソクですが、頂点まではあと一歩届きませんでした。

今年はダート界の頂点を目指して東海ステークスから始動します。
持ち前の先行力と直線で全く脚色が衰えない持久力を駆使して
ここは通過点としたいところです。

ここにきて勢いをつけてきた ディアデルレイ

一時期はスランプ状態に陥ったものの復活を果たしたディアデルレイ

2走前は好位追走からの抜け出しで
前走は逃げ切り勝ちと脚質の幅も広げて共に圧勝と
もともと素質の高さが評価されていたディアデルレイが
ここにきて本格化してきました。

テイエムジンソクは強いですが、GIを狙う立場として
今回の東海ステークスでは無様な競馬は出来ないところです。

レパードステークス勝ち馬の ローズプリンスダム

レパードステークスを11番人気、鳳雛ステークスを10番人気で勝利と
稀代の穴馬ぶりをいかんなく発揮しているローズプリンスダム

まったく人気がなく、好走していないレースについては凡走をしていますが
勝利したレパードステークス、鳳雛ステークスを見ると
非常に高いパフォーマンスを発揮しており、能力は十分にある馬だと言えます。

当日走るかどうかはローズプリンスダムの気分次第ですが
気持ちのスイッチがオンになれば、十分に好走できる馬です。

前走OP2着の スリータイタン

前走のベテルギウスステークスでは追い込んで2着に入ったスリータイタン

地味な存在ではありますが、オープンクラスでは常に
しっかりした末脚で追い込んできており安定感があります。

東海ステークスでは相手が強く、地力面では苦しいところはありますが
展開が向けば、無欲の追い込みが炸裂する可能性は十分にあります。

メキメキ力を着けている ルールソヴァール

前走のベテルギウスステークスを完勝。
みやこステークスでも2着に入りメキメキ力を着けているルールソヴァール

今年の春までは準オープンでの惨敗が続いていましたが
休みを挟んで出走したみやこステークスでテイエムジンソクの2着

近走のパフォーマンスを見る限りでは完全に一皮むけた印象で
今回の東海ステークスでも勢いで突破してくる可能性は十分にある馬です。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ東海ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック