東京大賞典2017枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017東京大賞典の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた東京大賞典での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年のホープフルステークスでは

ルーカスの出ない出ない詐欺

がありましたね。

スポニチやUMAJINといった大手競馬情報サイトで
「ルーカス放馬で回避」というニュースが大々的に流れていただけに
ここまで情報が流れて結果はガセだった

というのは珍しいですね。

このブログを書いている現在はまだホープフルステークスは
始まっていなかったのですが、結果はやはり走れませんでした。

この騒動があって負けてしまってはちょっと微妙な感じになりますね。

と中央競馬の話題はここまでとして
今回は地方競馬の祭典である東京大賞典の話をしていきたいと思います。

 

東京大賞典の枠順が確定しました。

チャンピオンズカップの覇者であるゴールドドリームは出走しませんが

昨年のチャンピオンである アポロケンタッキー

今回で引退戦となる コパノリッキー

JBCクラシックを勝利した サウンドトゥルー

など、ダートの強豪が集結するレースとなっています。

現時点での強豪馬が集まったと言えますが
毎年同じようなメンバー構成だなぁ

と思ってしまう節もありますが
東京大賞典の枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず東京大賞典(大井ダート2000m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・中央のトップホースが争うレース

・リピーターの多いレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の金曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

ちなみに今回枠順が発表されましたが、
東京大賞典はデータからは枠順の有利不利がありません。

毎年頭数こそフルゲートに近い数が集まりますが
地方競馬所属の馬はほとんどノーチャンス
(もしくはスターホース1頭が戦えるという状態まで)

という事で、実質6頭立てくらいの少頭数での競馬になり
枠順の有利不利はなくなってしまう。

こんな理屈になっています。

その点を踏まえて各馬の見解を示していきたいと思います。

 

2枠3番 サウンドトゥルー

前走のチャンピオンズカップは前残りの展開だった中で
鞍上の大野騎手が進路もうまく取れなかったという事も加わり
レースに参加できずに負けてしまいました。

外を回して差してくる方が得意な馬なので
2枠3番という枠順はそれほどいいとは言えませんが
有力馬を前にみて、その直後につけることが出来れば
ロスのない競馬を展開することが出来、乗り方ひとつで上手く捌けそうです。

過去2年は馬券に絡んでおり、コースの適性が高いうえに
前走も全く力を出していないので、ここは走れる体制にあると言えますね。

 

7枠13番 コパノリッキー

前走のチャンピオンズカップではスローペースを演出して
自らが活きる展開を作り3着と好走したコパノリッキー

今回逃げるかどうかはインカンテーションとの兼ね合いになりそうですが
大井のダート2000mはスタートから最初のコーナーまで
距離があるので、枠順としては問題ありません。

問題は前走でかなり楽な競馬を経験してしまっているという点
チャンピオンズカップでは伏兵として出走したので
他馬からのマークも薄く、楽に逃げられましたが
今回は人気を背負っての競馬になるので
前走よりは負担の大きい競馬になることは間違いありません。

 

5枠10番 インカンテーション

今年に入ってから完全復活を果たした
インカンテーションは5枠10番に入りました。

コパノリッキーのところでも話したように
それほど展開の有利不利はないレースですが
枠順としては良い枠に入りました。

近4戦は東京、金沢、船橋、中山と様々なレースを使いながら
大きく崩れることはなく、安定した成績を残しているのは
インカンテーションの充実度と地力を示していると言えます。

チャンピオンシップを早々にパスして
東京大賞典に標準を定めた点は好感が持て
今回もインカンテーションの力を出してくれそうですね。

 

6枠12番 ケイティブレイヴ

前走のチャンピオンズカップではスローペースの影響もあり
テイエムジンソク、コパノリッキーを捉えられずに4着に負けたケイティブレイヴ

先行する脚がある馬なので、もう少し内枠でも良かったかなという感じではありますが
今回のレースにおいてはそれほど影響ないでしょう。

父アドマイヤマックスに母父サクラローレルという地味な血統もあり
スピード能力としてはイマイチですが、その分豊富なスタミナを保持しており
体力勝負になった方が持ち味を発揮できる馬です。

今回もペース次第ではありますが、前走よりは厳しいペースになることが
予想されるので、パフォーマンスを上げてくる可能性は大です。

 

1枠1番 ミツバ

実績では有力馬に一歩劣るミツバは1枠1番に入りました。

過去には大逃げ経験やどん尻強襲という追い込み経験がある馬で
一見不器用に見える馬ですが、脚質の自在性があるので
1枠1番での競馬は十分にこなせるでしょう。

前走のチャンピオンズカップでは後方から鋭い末脚を繰り出して6着
レースの内容はコパノリッキーやケイティブレイヴよりも上で
上位との力は確実になくなってきています。

勢いに乗ってどこまでやれるのか、注目です。

 

3枠5番 アポロケンタッキー

昨年のチャンピオンであるアポロケンタッキーですが
今年は3枠5番に入りました。

馬体の大きな馬で外から推進力をつけて上がっていく形がベストなだけに
出来れば外枠でレースをしたかったところですね。

前走のチャンピオンズカップは直前で出走取消

間隔をとってレースをした方がいい馬ではありますが
直前まで出走を予定していた中で急きょの回避という状況が
アポロケンタッキーにとってプラスになるのか、マイナスになるのかは未知数です。

 

4枠8番 ヒガシウィルウィン

ここまでJRAの馬を紹介してきましたが
今回地方馬で唯一チャンスがありそうなのがヒガシウィルウィンです。

前走の浦和記念は相手のレベルが低い中でマイネルバサラ6馬身ちぎられての
2着となってしまいましたが、特殊コースといえるほどの小回りである
浦和競馬場での成績なら悲観することはありません。

ジャパンダートダービーでサンライズノヴァ、サンライズソアに勝ったように
3歳世代の中ではJRAの馬を含めてトップレベルにあるだけに
世代間格差があるかどうかが予想の焦点となりますね。

 

展開予想のポイント

展開予想のポイントは特にありません。

コパノリッキーとインカンテーションが作る流れが
極端に速くなったり、遅くなったりしなければ
単純な地力勝負となりそうです。

逃げを打つコパノリッキーとインカンテーション

それを追いかけるケイティブレイヴとヒガシウィルウィン

前を目標に入れて競馬をするサウンドトゥルー、アポロケンタッキー、ミツバ、

こんな隊列になるでしょう。

全体として逃げ馬が外枠、差し馬が内枠という状況なので
差し馬(特にアポロケンタッキー)がどこで押し上げてくるかが
結果に大きな影響を及ぼしそうですね。

 

まとめ

2017アポロケンタッキーで良い条件の枠をゲットしたのは

5枠10番 インカンテーション

4枠8番 ヒガシウィルウィン

今回はこの2頭を挙げたいと思いますが
枠順や展開はそれほど大きく考えなくて良さそうです。

実力勝負で決着がつくと思って馬券を買った方がいいですね。

 

私が2017東京大賞典で注目している馬は
今回最も力を出し切れそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

【2017年最後の大勝負 東京大賞典!】

有馬記念キタサンブラックに泣いた方、
スワ―ヴリチャードで泣いた方、必見でございます!

直近、軸1頭マルチ予想成績

■23日 中山9R ノエル賞
軸16(2人気)3着入線
3連単102,360円馬券的中(18点)

■24日 中山12R クリスマスカップ
軸13(1人気)1着
単勝290円
3連単35,240円馬券的中(12点)

東京大賞典の注目馬はサウンドトゥルー、コパノリッキー、アポロケンタッキー・・・
しかし今年は少し荒れますよ。

まぁ、あの馬が馬券に絡んできますよ。
複勝でも充分に美味しい馬券になります。

【2017年最後の大勝負!】そして
【2017年最後の大放出!】

東京大賞典の予想は、「俺の競馬」で無料公開!

⇒ 無料予想はコチラ

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR