クラシック路線か?マイル路線か?アジアエクスプレス出陣!


今週はG2ながら、かなり濃いレースが行われます。

中山競馬場では皐月賞トライアルの「スプリングS」
阪神競馬場では天皇賞に直結する「阪神大賞典」

秋の毎日王冠、京都大賞典に並ぶくらい
日本で一番面白いG2ウィークです。

スプリングSには2歳王者アジアエクスプレスが出走します。

朝日杯FSで負けたウインフルブルームやプレイアンドリアルが
好走している事から、このレースのレベルが低くなかった事がわかります。

卓越したパワーで直線をあがってくる姿は圧巻で
現代のスピード競馬が主流の中では極めて異質な存在です。
勝ち方も良かったので、今回も中心は間違いないところですね。

焦点はここからクラシック路線に行くのか、マイル路線に行くのか

と言う事ですが、
血統からも走りからもマイル路線がいいのは間違いありません。
いずれにしても、この馬に注目ですね。

他には潜在能力の高さを感じるベルキャニオンは
クラシックでも十分に活躍出来る馬です。
アジアエクスプレスとの能力比較も完全についている訳ではないので
こちらも馬も注目ですね。

堅実な走りを見せるクラリティシチーですが
底力を比較するとベルキャニオンに見劣ります。

関西の有力馬が出走しないレースとなりそうで
関東のエース決定戦といった様相のスプリングSになりそうです。

そして、もう一つの重賞阪神大賞典はゴールドシップが登場します。

昨年秋は精彩を欠く走りでしたが、有馬記念は格好をつけて3着
この走りをどう見るかですね。

能力・凄味からすればここは断然の存在なので
枯れているのか、いないのか。
焦点はここに尽きます。

昨年重賞で活躍したアドマイヤラクティも見逃せませんが
それ以上に注目したいのが明け4歳馬の2頭

菊花賞2着サトノノブレスと3着バンデ
両馬とも前走を快勝。

現4歳世代の2トップであるキズナとエピファネイアに次ぐ
存在がどれだけの能力を秘めているのかという期待・不安を
一身にうけて出走してきます。

阪神3000mの適性で言えば
得意:ゴールドシップ、バンデ
不得意:アドマイヤラクティ、サトノノブレス

であるという事は言えるでしょう。

楽しみな一戦です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。