ホウライアキコ、ベルカント早熟との戦い!フィリーズレビュー予想


今日行われる重賞は阪神競馬場のフィリーズレビューと
中山競馬場の中山牝馬ステークスです。

ハープスターが断然の2014年
フィリーズレビューが牝馬クラシックを占う一戦となるかは非常に微妙
逆にこの戦いで健在をアピール出来るか、生き残りをかけた戦いになります。

フィリーズレビュー 勝負度合い 30%

人気をしているホウライアキコ、ベルカントはGIで惨敗しており
早熟の不安がつきまとっています。

ここをどう判断するかで予想は変わってきますが
まずは阪神芝1400mを簡単に分析しましょう。

枠は外枠の方が好成績を収めており、複勝率でいえば差し馬
勝率でいえば逃げ馬・先行馬が良いです。
ラップとしてはラスト1ハロンの時計がかかる点も特徴で
人気馬は苦戦傾向にあります。

という事を踏まえて

本命は アドマイヤビジン です。

スピードよりもバランスが整ったタイプで
阪神に舞台が変わる点もプラス
ファンタジーSではラスト1ハロンの伸び脚も目を見張るものがあり
今回は人気の盲点という点でも狙い目は十分です。

相手選定は非常に難しいので、単複勝負をオススメします。

もう1つの重賞はヴィクトリアマイルを目指す古馬牝馬の戦い

中山牝馬ステークス 勝負度合い 20%

まずは中山芝1800mの傾向と攻略法をおさらいしましょう。

中山芝1800mの攻略法

内枠有利の先行馬有利という鉄則がありますので
これを使わない手はありません。

能力だけで見ればアロマティコですが

本命は ノーブルジュエリー です。

もともと一本調子な脚質であまり好きなタイプではありませんが
ここに来てのレースぶりが良くなっている点は見逃せません。

前で競馬もできるタイプなので、小牧太騎手が上手く
エスコートすれば今回のメンバーでも互角以上に渡り合えるでしょう。

相手にはアロマティコ、フーラブライト、キャトルフィーユ、ノボリディアーナ
この4頭を挙げたいと思います。

ただ、今回の両重賞は混戦で勝負ムードの高いレースではありません。

オススメは中山10R東風ステークスのゼロスです。

前々走の白富士Sは超ハイペース、前走の小倉大賞典では
勝ち馬のラストインパクトに捲られ厳しい展開となりながら
双方とも崩れず走っています。

ここはこの馬の単複で勝負したいと思います。

馬券を買うならこちらを参考にして下さい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。