【京都金杯2018】過去10年のデータ分析|内枠有利で外枠不利の舞台

Pocket

2017京都金杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬の能力適性は?

その他の好走要素についても言及していきながら
京都金杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、年末年始で馬体重が3kg以上増えてしまうMOTOです。

私が約70kgの体重で2~3kg増えるという事は
500kg近い馬体重のサラブレッドは
14kg~21kgの馬体が増えるという事になります。

年末年始の暴飲暴食後はかなり体が重くなったような感覚になるので、
競走馬が20kg近く馬体を増やしてきたときは
体調は悪くないけれども、かなり重め残りである可能性が高いと言えますね。

逆に食中毒になった時に2~3kg体重を落としましたが
その時はめちゃくちゃ辛くて、行動するに気になりませんでした。

体重が減ると、体は軽くて、動ける体制にはなるのですが
そもそも体調が悪くて大きくパフォーマンスを落としてしまう可能性が高そうです。

馬と人間で感覚が違うところはあるのでしょうかが
なんとなく馬体増と馬体減の感覚を掴んだような気がした今日この頃でした。

 

さて、今週は2018年の口火を切る京都金杯が行われます。


(2017京都金杯 エアスピネル)

ハンデ戦で適性が重要視される中山金杯と違って
広い京都コースの根幹距離という条件で行われる
京都金杯はその後のGIに繋がるレースであると言えます。

昨年の勝ち馬エアスピネルはその後マイルチャンピオンシップで2着と
GI獲りまであと一歩のところまで迫りましたが
2018年の京都金杯に出走してくる馬で
その後、重賞やGIで活躍できる馬がいるのか、注目ですね。

そんな京都金杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

京都金杯出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

京都金杯2018に出走を予定しているメンバーの全頭評価(動画含む)は
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

京都金杯2018全頭評価はコチラ

 

京都金杯の過去10年のデータ分析

内枠が圧倒的に有利!外枠は死に枠同然

まず、最初に注目したのは京都金杯の枠順別成績です。

1~4枠は複勝率40%前後とかなり高い数字を見せている一方で
6枠から外は複勝率10%前後と著しく低い数字を示しています。

年明けの京都開催は毎年恒例の内伸び馬場

内を通った馬が伸びるので、外から差してきた馬は全く届かず
先行した馬、内を通った差し馬での決着がほとんどです。

昨年も内枠に入ったエアスピネルとブラックスピネルの決着となり
京都金杯の傾向は健在です。

外差しの馬はノーチャンス

という事から予想を展開していく必要がありますね。

 

京都マイル戦といえばディープ産駒の庭

次に京都金杯における種牡馬別の成績を見てみましょう。

平坦で広い京都コースではスピードの能力の高い馬が
好走をする傾向にあります。

スピード能力の高い種牡馬といえば

「ディープインパクト産駒」

です。

種牡馬別の成績でもダントツの馬券絡み数であるように
スピード比べの舞台はディープ産駒が圧倒的に強いです。

ディープ産駒以外にも軽い走りをする
マンハッタンカフェ産駒やスペシャルウィーク産駒が活躍

平坦の京都コースへの適性が高いチーフベアハート産駒が
活躍している点も特徴的で

スピード適性(平坦適性含む)の高い馬が走るレースだと言えます。

 

また、馬体重別の成績にも目を向けてみると
馬体の軽いスピードタイプの馬が活躍していることが分かります。

このデータからも京都金杯にはスタミナやパワーはそれほど求められず
スピード能力の高い馬が活躍しているレースである事が分かります。

 

外が伸びないので、差し馬には辛い舞台

最後に京都金杯における脚質別の成績を見てみましょう。

上は京都金杯における4コーナーでの順位別の成績ですが
前にいればいるほど好成績を残している事が分かります。

先ほど枠順の話で外が伸びない条件でのレースである

という話をしましたが、この時期の京都競馬場は外が全く伸びないので
自ずと差し馬の成績が悪くなってきます。

内枠に入った馬が内差しを決めてくるパターンは結構あるのですが
物理的に差し馬は外を回る馬が多いので
なかなか成績には繋がってこないということが分かりますね。

 

以上が2018京都金杯を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

京都金杯が行われる京都芝1600mという舞台は
スピード能力が重宝されるレースとなります。

また、馬場の状態がかなり特殊なため

“外を通ってくる馬はほぼ全滅”

という偏った結果になっているので
枠順や脚質によって結果が大きく変わるという点は考慮したいですね。

私が京都金杯で注目しているのは
内枠を引ければ、好勝負になるであろうあのスピード馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は年末のホープフルステークスで
自信の「◎タイムフライヤー」から3連単5万馬券をズバリ!

年始一発目の重賞“中山金杯”

チェックメイトでは、デビュー当初から『G1を勝てる馬』と言われながら
ワケアリでココまでくすぶっている馬に注目。

関係者の話によると、その馬は

「いよいよ中山金杯で覚醒」

という話題で持ち切りとのこと。

果たして覚醒する馬はどの馬か?

今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には先着100名様に無料で教えます

そして、中山金杯の3連単の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━