【中山金杯2018】過去10年のデータ分析|斤量が重い馬が成績を残すレース

Pocket

2018中山金杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬の能力適性は?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
中山金杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ2018年の競馬が始まります。

一年の計は金杯にあり
(本当は一年の計は元旦にあり)

と、言われるくらい年明けのスタートダッシュは重要です。

毎年、中山金杯と京都金杯を外すと少し不安になり
その後、レースを一つ外すたびに少し不安が募っていき
気がついたらもう取り返しのつかないところまできてしまう。

そんな状態だけは避けたいところですね。
(どうしてもネガティブ思考によりがちです)

 

今週はその中山金杯と京都金杯が行われます。


(2017中山金杯 ツクバアズマオー)

広いコースの根幹距離で行われる京都金杯と比較して

ハンデ戦、そして紛れの多い中山芝2000mでの競馬

と、条件的に的中の難しいレースです。

有力馬を見てみると今年GIを狙いたいというような
素質豊かな明け4歳の馬達がスタンバイしています。

人気どころは

セダブリランテス、ダイワキャグニー、ウインブライト

あたりになりそうです。

そんな中山金杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

中山金杯出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

中山金杯2018に出走を予定しているメンバーの全頭評価(動画含む)は
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

中山金杯2018全頭評価はコチラ

 

中山金杯過去10年のデータ分析

瞬発力が活きない舞台ゆえに先行馬が有利

まず、最初に注目したのは中山金杯の脚質別成績です。

上は中山金杯における4コーナーでの順位別の成績ですが
先行した馬の方が良い成績を見せている事が分かります。

中山競馬場の芝コースは直線が短いコースとして有名ですが
それだけに直線での後方一気は利きづらいという事が分かります。

原則、先行馬有利なレースである

という事は覚えておきたいですね。

 

また、中山金杯における種牡馬別成績を見てみると

と、普段リーディングに入ってこないような
渋い種牡馬が上位にランクインしています。

ディープインパクトに代表されるような
道中で脚を溜めての末脚勝負が出来るような種牡馬ではなく
タフな流れを乗り切るスタミナを持ち合わせた種牡馬が
活躍しているという点も覚えておきたいところですね。

 

ハンデ戦も斤量の重い実績馬が結果を残しているレース

次に中山金杯における斤量別の成績を見てみましょう。

ハンデ戦ではありますが、57.5kg以上を背負った
重い斤量の馬が活躍している事が分かります。

中山金杯で求められる能力はスピードではなく、
スタミナとパワーです。

斤量が重くなるとスピードは削がれてしまいますが
スタミナやパワーはそれほど削がれることがありません。

ハンデ戦ではありますが、ハンデによる斤量の違いが
あまり影響を与えたないという事も覚えておきたいですね。

 

また実績のある馬が強いという点についてはもう一つデータがあります。

以下は中山金杯における前走のクラス別成績となります。

前走、昇級戦(前走1600万条件)から臨んだ馬の複勝回収率は22%
前走、オープン特別から臨んだ馬の複勝回収率は48%

それに対して、前走重賞から臨んだ馬の複勝回収率は95%

と、「勢い」よりも「実績」がものを言うレースである事が分かります。

 

ハンデ戦ながら堅く収まる波乱度の低いレース

最後に中山金杯における人気別の成績を見てみましょう。

5番人気以内の馬で決着をしており
6番人気以下の馬は苦戦を強いられているという事が分かります。

斤量の重い実績馬が強いという話をしましたが
実績馬が強いという事は人気通りに収まっているという事です。

ハンデ戦だからといって、無理な穴狙いは禁物ですね。

 

以上が2018中山金杯を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

中山金杯が行われる中山芝2000mという舞台は
スピードよりもスタミナ・パワーが必要なタフな条件でのレースとなります。

スピードや瞬発力よりもパワー・スタミナを重要視する

という形が馬券に求められそうです。

またハンデ戦ということはあまり頭に入れる必要はなく
中山芝2000mに高い適性を持つ実力馬を選ぶことが重賞だと言えます。

私が中山金杯で注目しているのは
中山芝2000mのタフな条件で持ち味を発揮しそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は年末のホープフルステークスで
自信の「◎タイムフライヤー」から3連単5万馬券をズバリ!

年始一発目の重賞“中山金杯”

チェックメイトでは、デビュー当初から『G1を勝てる馬』と言われながら
ワケアリでココまでくすぶっている馬に注目。

関係者の話によると、その馬は

「いよいよ中山金杯で覚醒」

という話題で持ち切りとのこと。

果たして覚醒する馬はどの馬か?

今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には先着100名様に無料で教えます

そして、中山金杯の3連単の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。